1. HOME
  2. すべての記事一覧
  3. SNS
  4. Twitter広告事例┃ビジネスを加速させた会社3社を紹介

Twitter広告事例┃ビジネスを加速させた会社3社を紹介

公開日:2022年03月11日

最終更新日:2022年04月15日

  • twitter
  • facebook
  • はてB!

Twitter広告でビジネスを加速させた3社の事例

Twitter広告を利用してビジネスを加速させた3社の事例からTwitter広告の魅力を解説します。この記事を読むと様々な業種でTwitter広告が成果貢献していることが理解できます。

この記事はTwitter公式サイトで紹介された事例の中でも特徴的な3社の事例要約記事です。(参照記事:https://business.twitter.com/ja/success-stories.html

今回ご紹介します会社様はこちらの3社です。
当記事で紹介するTwitter広告の事例3社を紹介

ちなみにTwitter広告は現在、以下画像の通り20種類以上存在します。
Twitter広告プロダクトリブランディング

今回ご紹介する3社とも主にプロモ広告を活用されておられます。業種異なる3社がどのようにTwitter広告を利用しているか比較でき、参考になるはずです。

これ以降の解説では「実際のTwitter広告の利用方法とその成果」をご紹介します。御社でのTwitter広告利用検討用の材料として当記事をご活用ください。

大阪ガスマーケティング株式会社のTwitter広告事例

Twitter広告の事例(大阪ガスマーケティング株式会社)

大阪ガスマーケティング株式会社は「家庭用お客さま向けガス・電気の販売および保守等、機器販売事業、リフォーム事業」を扱う会社です。

Twitter広告の「15秒再生最適化」配信の活用で自社商品の認知度の向上(=動画視聴完了数とリーチ拡大の両立)に成功されています。

大阪ガスマーケティング株式会社はプロモ広告を利用し、リーチ、サービス理解促進、リード獲得の3つを目指されています。

Twitter広告の代表的な施策

大阪ガスマーケティング株式会社は、以下のような「15秒再生最適化」配信を行い、自社商品のプロモーション活動を実践されました。

「15秒最適化」配信とは、2021年6月にTwitter社から発表された「15秒動画の視聴完了が目的の配信に最適化された入札モデル」を利用した広告配信方法です。Twitter上での興味関心の傾向を分析し、動画コンテンツを長時間視聴する可能性の高いアクティブな利用者を特定し動画広告を展開することができる手法です。

(Twitter公式ブログ参照:https://blog.twitter.com/ja_jp/topics/marketing/2021/new-way-to-buy-premium-video-views

動画クリエイティブはテレビCMの素材を流用せずTwitter広告専用で調整されたようです。テレビCMの素材をそのまま流用せず、TwitterのUIに合わせた専用の広告動画を作成することで高い宣伝効果を追い求めたのだと予想できます。

具体的には「伝えたいメッセージを固定の帯で配置」したり「音声なしで理解できる映像構成」にすることで、Twitterのタイムラインを眺めているだけでも理解できるように工夫されたとのことです。

Twitter広告の成果:自社商品の認知度UP

  1. 他動画プラットフォームと比較して2.6倍のリーチ数を達成
  2. Twitter経由のCVが1.4倍を達成(他プラットフォームとの比較)
  3. 広告掲載期間中の検索エンジンによる指名検索数が増加

Twitter広告で他動画プラットフォームと比べて2.6倍のリーチ数を獲得した事実は非常に大きな成果だといえます。15秒再生最適化配信で自社サービスと関連性の高いアカウントのタイムライン上に広告掲載できた結果なのかもしれません。

また、TwitterのUIを加味した「音声なしで広告内容が理解できる映像構成の動画クリエイティブ」を広告掲載したことも影響したのではないかと考えます。これはTwitter広告で成果を上げるためのキーポイントであるように思います。

動画プラットフォームで十分な広告成果を得られていない企業様は、大阪ガスマーケティング株式会社様のような「プラットフォームに適した動画調整」を行うと成果を得られる可能性が高まると予想できます。

また、Twitter広告の掲載期間中は検索エンジンによる指名検索ボリュームの増加が起きたようです。オウンドメディアやサービスサイトへのアクセス数UPを求められている企業様にもTwitter広告はメリットがあることが分かります。

株式会社BRAIN MAGICのTwitter広告事例

Twitter広告の事例(株式会社BRAIN MAGIC)

株式会社BRAIN MAGICは「クリエイター向けのハードウェアOrbital2(オービタルツー)」の開発・販売会社です。

Twitter広告による動画配信で自社商品の関心度の向上(=クリエイターからの親近感UP)に成功されています。

株式会社BRAIN MAGICは、基本的にTwitterをクリエイターとのコミュニケーションツールとして利用し、その過程においてTwitter広告を配信し認知度と関心度の向上を目指されておられます。

ちなみにOrbital2(オービタルツー)とは、以下のような「クリエイティブ業務の作業効率を向上させるアイテム」です。

Twitter広告の代表的な施策

株式会社BRAIN MAGICは、以下のような動画広告を配信し、自社商品のプロモーション活動を実践されました。

動画クリエイティブにはキャッチーなキャラクターが存在し、タイムライン上で目立つ施策が行われています。

さらに15秒動画内でOrbital2の機能の一部が垣間見え、クリエイターの好奇心を刺激できるクリエイティブとなっています。

株式会社BRAIN MAGICのクリエイティブ作成者様からは「動画下にキャラクターイラストを配置し、アクションを促すボタンを配置した」、「動画内で製品のメッセージを大きく表示した」、「積極的なアニメーションの使用でタイムラインで目立つようにした」、「イラストを描いている様子を動画に含めることで、誰向けの広告かを視覚的に伝えた」というコメントが残されております。

15秒動画の中で様々な試行錯誤がなされていることが理解できます。

また、「実際にクリエイターの方がどのようにOrbital2を使用しているか書いた記事を広告に展開」するような施策も行われているようです。この試みは、広告配信の内容は「Orbital2の利用者同士のコミュニケーションを発生させる機会となるものが良い」という考えあっての試みだとお話しされています。

お話の節々から非常に制作に対する愛を感じます。

Twitter広告の成果:自社商品の関心度UP

  1. Twitter広告が一番効果があった(他プラットフォームと比較)
  2. イラストを描いている動画広告から多くの流入を獲得

株式会社BRAIN MAGICも「Twitter広告の成果が他動画プラットフォームと比べて一番良かった」とお話しされています。

また、イラストを描いている様子を動画クリエイティブで利用したことで、多くの流入を獲得できたとのことです。株式会社BRAIN MAGICのTwitter利用目的はコミュニケーションツールとしての利用が主であるため、動画広告配信で多くの人の目に止まった結果は大きな成果と言えます。

Orbital2は専門性が高い商品ゆえに、実際にクリエイターが利用体験するまでの障害が高いようです。その意味でTwitter広告の利用で多くの流入を獲得し関心を集めることは障害を低く抑えることに繋がるため、会社にとって大きな成果になったのではないかと考えます。

Orbital2のような「専門性の高い製品を販売している企業様」は、株式会社BRAIN MAGICのような「製品の特長がアニメーションで理解しやすい動画広告配信」や「クリエイターの意見交換を活性化させるために製品利用者の利用方法を広告配信」するなどのTwitter広告活用方法が参考となるはずです。

ナッシュ株式会社のTwitter広告事例

Twitter広告の事例(ナッシュ株式会社)

ナッシュ株式会社は「美味しい、飽きない、安い」をコンセプトに食事サブスクnoshを展開する会社です。

ナッシュ株式会社は独自のターゲティングとTwitter広告の両立で、Twitter広告のラストクリックからの新規顧客獲得数を4.8倍増加させました。

食事サブスクnoshの利用者と、ゲームや投資を行うTwitterユーザーの親和性が高いという独自のターゲティングからTwitter広告運用をされた会社です。

Twitter広告の代表的な施策

ナッシュ株式会社は、以下のようなプロモ広告を配信し、自社商品のプロモーション活動を実践されました。

クリエイティブに男性を起用し「一人暮らしの栄養を考えた食事宅配サービス」のテロップを施したことで、広告配信すべきターゲット層が明確です。

Twitter広告の成果:新規顧客の獲得

  1. Twitter広告のラストクリックからの新規顧客獲得数が4.8倍増加

結果としては「Twitter広告のラストクリックからの新規顧客獲得数が4.8倍増加」という成果を得られたようです。

今回の成果は、明確なターゲティングによって訴求力の高いクリエイティブが作成されたことが要因だったのではないかと考えます。また、独自のターゲティングから成果が表れたことは会社にとって大きな資産となったはずです。

ナッシュ株式会社はこれまでさまざまなターゲティングやクリエイティブを試しながら最適解を見つけつつ、徐々に投下予算をこられたとのことです。

ナッシュ株式会社の普段のTwitterアカウントでは、フォロワー意見を取り入れ自社商品の開発する取り組みが行われているようです。このような開発体制において新規顧客獲得数の増加は喜ばしいはずです。
フォロワー数の増加で、Twitterから「精度の高い意見を抽出することができるようになるメリット」も見過ごせません。

Twitter広告の魅力は柔軟性と二次拡散性(リツイート)があること

Twitter広告の魅力は柔軟性と二次拡散性があること

今回ご紹介しました3社は、「電気・ガス・熱供給・水道業」、「製造業」、「医療・ヘルスケア ICT」とすべて業種が異なります。

上記から理解できる通り、Twitter広告はどの業種でも運用メリットが比較的高い「柔軟性のある広告」だと言えます。

また、今回ご紹介しました事例3社のTwitter広告は、お客様にリツイートされ二次拡散の現象が起きています。
このようにTwitterは他の動画プラットフォームよりも二次拡散性が高く、良質な広告配信を行えば、より多くのお客様のタイムラインに流れることになります。

リツイートによる二次拡散に対する広告コストはかかりません。低コストで認知を広げられる可能性があるのも魅力です。

以上、「Twitter広告でビジネスを加速させた3社の事例」のご紹介でした。
現在Twitter広告のご利用をご検討されておられる企業様は、当記事を参考にTwitter広告をご検討いただけたらと思います。

【SNS運用代行サービス紹介】Twitter経由で平均売上685%を達成

弊社フルスピードでは、Twitter広告運用代行やアカウント運用代行など、Twitterマーケティング全般をご支援させていただいております。

フルスピードにはSNS運用に特化した人材が多数在籍しております。

実績としまして、過去にお手伝いさせていただきました企業様のTwitterアカウント経由で平均売上685%を達成した実績がございます。

「Twitter広告を運用してみたいが、そもそもTwitterアカウント運用に手が回っていない、またはTwitterアカウント運用の効果が出ていない企業様」を全力サポートさせていただきます。

Twitter広告運用ならびにTwitterアカウント運用でお悩みの方は、ぜひ弊社フルスピードへお問い合わせくださいませ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人
GrowthSeed編集部

GrowthSeed編集部

株式会社フルスピードのGrowthSeed編集部です。企業のマーケティング担当者へ向けてWebマーケティングの成長の種となる情報を発信しています。 Twitter , Facebookで記事の更新情報やセミナーの最新情報などを日々発信しているので、ぜひフォローしてみてください。

記事の関連タグ
資料ダウンロード            
SNSの人気記事
           
SNSの新着記事
関連タグから記事を探す

Webマーケティングにお困りの際は
お気軽にご相談ください