1. HOME
  2. すべての記事一覧
  3. SNS
  4. LINE広告とは?基礎知識から運用のコツまで徹底解説

LINE広告とは?基礎知識から運用のコツまで徹底解説

公開日:2021年12月24日

最終更新日:2022年10月18日

  • twitter
  • facebook
  • はてB!

LINE広告とは?

LINE広告とは、メッセージ/コミュニケーションアプリであるLINEの広告配信プラットフォームです。LINEは日本国内で9.000万人(2022年2月)、世界で1億9,000万人(2022年2月)に使用されており、広告を配信することで幅広いユーザーにリーチできます。(参照:GrowthSeed『【2021年12月最新版】SNSの利用者数とユーザー属性や特徴まとめ』

オンラインで簡単に始めることができ、ターゲティングや配信面、予算設定を工夫することで、認知拡大からCV獲得、ロイヤリティ向上まで一気通貫で実現させることが可能です。

LINE運用について一度にサクッと知りたい方は以下資料をご活用ください。
↓「これからのLINE公式アカウント運用のポイント」を無料で受け取る
これからのLINE公式アカウント運用のポイント

目次

LINE広告を運用する3つのメリット

他のSNSを利用していないユーザーにもリーチできる

LINEは日本国内でコミュニケーションツールとして普及しており、月間アクティブユーザー数は9,000万人(2022年2月時点)を誇ります。他のSNS媒体と比較しても、圧倒的なユーザー数を持つことが分かります。

<日本のSNS月間アクティブユーザー数>

日本のSNSユーザー数

参照:GrowthSeed『SNSの利用者数とユーザー属性や特徴まとめ』

また、マクロミル社が15~69歳のスマートフォンユーザーを対象に実施した調査によると、SNS利用者のうち41.6%がLINEのみを利用しているということも分かっています。(参照:LINE for Business媒体資料『LINE Business Guide 2022年1月-6月期』

そんなLINEに広告を配信することで、LINE以外のSNSを普段利用していないユーザーも含め、幅広い年齢層・属性のユーザーにアプローチすることが可能です。

少額から始められる

LINE広告には初期費用がなく、最低出稿金額も定められていないため、少額から始めることができ、初心者でも取り組みやすいのが特徴のひとつです。最初は低予算でスタートし、効果が得られたら徐々に金額を増やしても良いかもしれません。

LINEの他サービスのデータを活用できる

クロスターゲティングとは、LINE公式アカウント、LINE広告、LINEポイントADで取得したデータをLINEの他サービスに横断して活用できる機能です。

例えば、LINE公式アカウントの友だちと類似するユーザーをターゲティングしたり、LINEポイントADに反応したユーザーをリターゲティングしたりすることが可能です。

LINE広告を設定する8つのステップ

LINE広告を出稿する際は、基本的に以下8つのステップで設定します。ここからは、この手順に沿って設定方法を解説していきます。

LINE広告の設定手順

LINE広告の詳しい設定手順は以下の記事でも解説しています。効果を高めるコツや注意点も紹介していますのでぜひご確認ください。

①広告アカウントを作成する

LINE広告を配信するには、まずLINEビジネスIDを取得してビジネスアカウントを作成してから、広告アカウントを開設する必要があります。

LINEビジネスIDは、LINEビジネスIDログイン画面から「アカウントを作成」を選択して、手順に沿って取得します。アカウントの名前とパスワードを登録することでビジネスアカウントを作成できます。

その後、あらかじめLINE公式アカウントを取得してから、LINE広告の管理画面にログインし、企業の請求先情報や商材のWebサイトを入力することで広告アカウントを作成します。「請求と支払い」からクレジットカードも登録しておきましょう。

LINE公式アカウントの詳しい作成方法や機能は、こちらの記事で確認してみてください。

②LINE Tagを設置する

LINE広告では、効果測定のために「LINE Tag」を使用します。LINE Tagには「ベースコード」「コンバージョンコード」「カスタムイベントコード」の3種類があります。LINE広告の管理画面から取得し、指定されたページに設置します。

  • ベースコード:ユーザー行動を計測したいすべてのページに設置。
  • コンバージョンコード:商品購入後のサンクスページなど、CVを計測するページに設置。
  • カスタムイベントコード:任意で設置し、イベントベースで測定する。

③広告の目的を選択する

ユーザーにとってもらいたいアクションに応じて、キャンペーンの目的を選択します。
LINE広告の目的は「ウェブサイトへのアクセス」「ウェブサイトコンバージョン」「アプリのインストール」「アプリのエンゲージメント」「動画の再生」「友だち追加」の6種類があります。キャンペーンの目的によって利用できる入札方法や課金方式が変わるので注意してください。

④予算を設定する

キャンペーン全体の上限予算を任意で、1日ごとの予算を必須で設定します。日予算は1円以上1円単位で設定できますが超過する場合があり、配信金額が日予算の200%を超えた場合は200%までの金額が課金対象となります。予算を超えたくない場合は、キャンペーン作成時にキャンペーン上限予算を設定する必要があります。

同時に広告の掲載期間も設定します。

⑤ターゲティングを設定する

年齢、性別、地域、興味関心などのユーザーの基本属性や、自社で保有するカスタマーデータをアップロードしたオーディエンスによってターゲティングを設定します。アカウントの「友だち」に基づくターゲティングなど、他のSNS広告にはない機能もあるので、上手く活用してターゲットへアプローチしましょう。

⑥配信方式を設定する

入札方法、課金方式、入札価格などの配信方式を設定します。

入札方法には手動入札と自動入札があり、入札方法によって入札戦略も異なります。また、入札価格はキャンペーンの目的や課金タイプなどによって最低設定価格が異なるので、注意して設定してください。

⑦広告クリエイティブを設定する

LINE広告のフォーマットは、CPM課金の場合は画像と動画、カルーセル、画像(小)から、CPC課金の場合は画像とカルーセル、画像(小)から選択できます。タイトル、ディスクリプション、アクションボタン、ランディングページのURLなどを入力して広告を設定します。

⑧審査を受ける

広告の設定完了後にLINE社による審査が行われ、審査が完了すると広告が配信されます。審査は10営業日ほどで完了します。

LINE広告には12もの配信面がある

LINE広告では、以下12の配信面に広告を掲載することができます。ただし、どの配信面を利用するかを広告主自身が指定することはできず、ランダムに掲載されます。

LINE広告の配信面

配信面 イメージ 特徴
トークリスト LINEトークリスト LINEアプリ上で最もユーザーのアクティブ率が高い。動画広告を配信できる「Talk Head View」というサービスもある。
LINE NEWS LINE NEWS 月間アクティブユーザー数7,500万人以上(2020年4月時点)、月間PV数175億(2020年7月末時点)を誇る。
LINE VOOM(旧タイムライン) LINE VOOM(旧タイムライン) 月間アクティブユーザー数6,800万人以上(2019年8月時点)で、そのうち4,900万人以上が月に1回以上LINE VOOM上の広告に接触。
ウォレット LINEウォレット LINEアプリ内のウォレットタブから利用でき、月間5,200万以上(2020年9月時点)のユーザーに利用されている。
LINEマンガ LINEマンガ 日本国内におけるアプリダウンロード数は累計3,000万(2020年8月時点)。特に20代の若い世代に多く利用されている。
LINE BLOG LINE BLOG 著名人・一般人合わせて2,500組以上(2019年8月時点)のブログが開設されている。ユーザーは20代~40代以上までと幅広く、男女比率は3:7で女性が多い。
LINEポイント LINEポイント 特定のアクションを完了させることでポイントが付与される。月間2.8億PV(2020年6月~8月平均値)で、ユーザーは半数以上が40代~50代、約8割が女性。
LINEショッピング LINEショッピング 20代後半~40代前半の女性ユーザーに多く利用されており、現在の会員登録数は3,500万人(2020年9月時点)。
LINEチラシ LINEチラシ LINEアプリ内のウォレットタブからアクセスし、店舗情報を閲覧できる。半数以上が40代以上の女性ユーザー。
LINEクーポン LINEクーポン 全国約50,000店舗(2020年9月時点)のクーポンをウォレットタブから利用できる。ユーザーは40代以上の女性が多い。
LINEマイカード LINEマイカード ポイントカードなどをLINEアプリで一括管理できる。登録ユーザー層は女性が約6割、男性が約4割。
LINE広告ネットワーク 料理、マンガ、ビジネスなど幅広いジャンルのアプリに配信可能。月間アクティブユーザー数は1.1億人(2020年9月時点)。

参照:LINE for Business『LINE広告』

LINE広告の配信面については、以下の記事でも詳しく説明していますので参考にしてみてください。

LINE広告の費用の決定方法

LINE広告は1日100円からでも配信可能

先述したように、LINE広告の予算は広告主が自由に決定できるため、1日の予算が100円、入札価格が1円でも配信することは可能です。ただし、LINE広告はオークション制のため予算が少なすぎると広告が競争に負けてしまい、そもそも配信することができません。LINE広告の公式ブログでは、月30万円での出稿を3か月程度続けることが推奨されています。

LINE広告では、広告グループ内で1,000インプレッションあたりの⾦額(eCPM)が最も高いものがオークションに進み、そこで最も高いeCPMを提示した広告が勝利し表示されます。

LINE広告の費用決定の仕組みについて、詳細はこちらの記事を参考にしてみてください。

LINE広告の課金方式は3種類

広告オークションによって表示される広告が決定したあと、料金が課金されるタイミングは課金方式によって異なります。LINE広告には「クリック課金」「インプレッション課金」「CPF」の3つの課金方式があります。

  • クリック課金タイプ(CPC):ユーザーが広告をクリックし、LPに遷移すると課金される。動画広告では利用できない。
  • インプレッション課金タイプ(CPM):ユーザーの画面上に広告枠が100%完全に表示された状態が1,000回ごとに料金が発生する。静止画の広告の場合は利用できない。
  • CPF:「Cost Per Friends」を示す。「友だち追加広告」で利用される課金方式で、ユーザーがLINE公式アカウントの友だち追加やブロック解除を行うと課金される。

選択したキャンペーン目的や入札方法によって利用できる課金方式や最低入札額は異なります。広告を効率的に配信できるよう、キャンペーンの目的に応じて最適な入札価格を設定しましょう。

LINE広告のキャンペーン目的ごとの課金方式と最低設定価格は以下の通りです。

LINE広告のキャンペーン目的

参照:LINE for Businessマニュアル『入札方法と入札価格について』

LINE広告で利用できる2つのターゲティング手法

LINE広告のターゲティングでは、年齢や性別、地域、興味関心、行動履歴などの属性を指定したり、Webサイトの訪問履歴や電話番号などのユーザー情報をアップロードしたりして配信することができます。

大きく分けてデモグラフィックデータに基づく「LINEターゲティング配信」とアップロード情報に基づく「オーディエンス配信」の2つのターゲティング方法があり、そのほかいくつかの配信機能もあります。こちらの記事でそれぞれのターゲティング方法の詳細と特徴を解説していますのでご確認ください。

LINE広告のターゲティングの概要は以下の通りです。

ターゲティング方法 詳細
LINEターゲティング配信
  • 地域セグメント
    都道府県・市区町村単位の地域または任意地点の半径を指定
  • 性別セグメント
    すべて/男性/女性
  • 年齢セグメント
    14歳以下~65歳以上
  • 興味関心セグメント
    ゲーム、スポーツ、ファッション、音楽など18種類のカテゴリから選択
  • 行動セグメント
    テレビ視聴頻度、ネットワークの利用状況、購買意向など8つの項目から選択
  • 属性セグメント
    配偶者や子供の有無・携帯キャリア・職業など6つの項目から選択
オーディエンス配信
  • ウェブトラフィックオーディエンス
  • モバイルアプリオーディエンス
  • IDFA/AAIDアップロード
  • 電話番号アップロード
  • メールアドレスアップロード
  • LINE公式アカウントの友だちオーディエンス
    広告主のLINE公式アカウントを追加している、またはブロックしているユーザーのオーディエンス
  • 類似オーディエンス
  • 動画視聴オーディエンス
  • 画像クリックオーディエンス
その他の広告配信機能
  • 友だち追加
    LINE公式アカウントの友だちを増やすための広告
  • LINE Dynamic Ads
    Webサイト上でのユーザーの商品閲覧履歴をもとに、関連性の高い商品を広告として表示
  • リエンゲージメント配信
    アプリをインストールしたが利用していないユーザーに広告を配信
  • 自動最適化配信
    機械学習によってオークションの入札を自動で最適化
  • 予約型広告
    表示回数と配信期間を指定する「リーチ&フリークエンシー」と広告接触の有無でユーザーを抽出して調査する「ブランドリフトサーベイ」

LINE広告のフォーマット5種類とサイズ一覧

LINE広告の「広告」は「クリエイティブ」「タイトル」「ディスクリプション」の3つの要素で構成されており、クリエイティブでは静止画と動画を利用できます。それぞれの特徴を把握し、訴求する目的やターゲットに応じて使い分けると効果的です。

また、クリエイティブには以下の5種類のフォーマットがあり、対応するサイズやフォーマットが異なるので注意して選択しましょう。LINE広告の入稿規定やクリエイティブ作成のコツについて、さらに詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。

クリエイティブ イメージ 特徴 静止画 動画
Card LINE広告カード ほとんどの配信面に対応しているため、まずはこのサイズを用意するのがおすすめ。 1200×628px 16:9
Square LINE広告スクエア Cardと同様ほとんどの配信面に対応。Cardよりも画面占有率が高く、注目を引きやすい。 1080×1080px 1:1
Vertical LINE広告vertical 動画専用のフォーマットで、主にLINE VOOMに表示。LINE VOOM上は2:3、広告タップ後は9:16で表示される。 なし 9:16
カルーセル LINE広告カルーセル 画像のみに対応。最大10枚の画像をスライド形式で表示させる。 1080×1080px なし
画像+テキスト LINE広告バナー+テキスト トークリスト上部に画像とテキストで表示される。 1200×628px
1080×1080px
600×400px
なし

参照:LINE for Businessコラム『【LINE広告】クリエイティブの制作│配信面やサイズについて』

LINE広告を配信する際の3つの注意点

審査に時間がかかる

LINE広告では、他のSNS広告よりも審査に時間がかかることがあります。通常、Facebook広告・Instagram広告では24時間以内、Twitter広告では約2~3日で審査が終了します。一方LINE広告では、広告アカウントの審査に5営業日程度、広告の審査に5営業日程度が必要とされています。(参照:LINE for Businessよくある質問『LINE広告の審査に必要な日数はどのくらいですか?』

広告配信を開始したい日程に合わせて、余裕を持って配信準備を行いましょう。

広告を掲載できない業種やカテゴリがある

LINE株式会社が定めた『LINE広告審査ガイドライン』には、LINE広告を配信する上での条件・ルールが記載されています。違反していると審査に通過できず、広告が配信できなくなってしまうので、あらかじめしっかり確認しておきましょう。

LINE広告審査ガイドラインでは、主に以下の業種・サービスの広告出稿を禁止しています。

  • 宗教関連
  • ギャンブル関連、パチンコ等(公営競技・公営くじは除く)
  • アダルト関連
  • 出会い系、マッチングサイト等(一部当社が認めた場合を除く)
  • 連鎖販売取引
  • 探偵業
  • たばこ、電子タバコ
  • 武器全般、毒物劇物
  • 政党
  • 公益法人、NPO/NGO、社団法人(一部当社が認めた場合を除く)
  • 生体販売
  • 整骨院、接骨院、鍼灸院等
  • 未承認医薬品⋅医療機器等
  • 消費者金融などの貸金業、質屋(一部当社が認めた場合を除く)
  • ネット関連ビジネス(情報商材、自己啓発セミナー等)
  • 募金、寄付、クラウドファンディング等の資金調達(一部当社が認めた場合を除く)
  • その他弊社が不適合と判断した業種⋅業態、商品⋅サービス

また、化粧品、食品、健康食品、医薬品、医療機器、健康器具などは各種法令・規制に基づいた表現にする必要があるので、クリエイティブ作成時は十分注意してください。

クリエイティブ内のテキスト量に注意する

静止画の場合、メッセージを一つに絞りシンプルなデザインにすると視認性が高まります。モバイルなど小さい画面で表示された場合も見やすいクリエイティブにするために、画像内のテキスト量は全体の20%以内に収めることが効果的だとされています。

適切な金額の予算を用意する

予算が少なすぎると、目標数値に到達する前に予算を消化してしまったり、逆に予算が大きすぎると、設定した分だけ予算が消費されて費用対効果が低くなってしまったりする可能性があります。⼗分な予算の⽬安は⽬標CPAに対して2倍以上の⾦額と言われています。

また、入札単価が低いと、オークションに勝つことができずそもそも広告を表示することができません。まずは高めに設定してCV最大化を図り、配信後に調整して、広告効果を高めていきましょう。

LINE広告の成功事例2選

LINE広告で成果を出すには、他社がどのように運用しているか、成功事例を知っておくことも非常に重要です。『LINE for Business』では、マーケティングにLINEを活用している企業の事例を紹介していますので参考にしてみてください。

また、以下の記事ではLINE公式アカウントの運用事例をご紹介しています。広告配信に活用できる部分もあるのでぜひ取り入れてみてください。

ここでは、『LINE for Business』の掲載事例から2社のLINE広告活用方法をご紹介します。

動画広告の活用でCPAを4割削減:株式会社ミュゼプラチナム(美容脱毛サロン)

美容脱毛サロンを運営する株式会社ミュゼプラチナムでは、それまでリーチできていなかったF1層(20~34歳の女性)の新規顧客獲得のために動画広告「Talk Head View」を利用しました。「Talk Head View」は1日1社限定で、トークリスト最上部の配信枠に掲載することができます。

<「Talk Head View」掲載イメージ>
Talk Head View掲載イメージ

Talk Head Viewを配信した結果、LINE広告全体のCPAが約4割低下し、Talk Head Viewの視聴ユーザーは非視聴ユーザーよりもCVRが高いことが分かりました。

参照:LINE for Business事例『Talk Head Viewの大規模リーチとLINE広告でCPA40%抑制!ミュゼのLINE活用|株式会社ミュゼプラチナム』

ターゲティング設定で狙った層へ効果的に配信:株式会社リブセンス(求人サイト)

アルバイト求人サイト『マッハバイト』を運営する株式会社リブセンスでは、高校生~20代前半の若年層のターゲットにアプローチするために、自社でLINE広告を運用しています。

自社内で運用することでクリエイティブ等の高速PDCAが可能となり、クリック数・アプリインストール数ともに他媒体の広告と比較して数倍の成果が得られたようです。

参照:LINE for Business事例『LINE広告の自社運用で着実な成果!『マッハバイト』の高速PDCA|株式会社リブセンス』

LINE広告で幅広いターゲットに届けよう

LINE広告は、幅広い属性のユーザーに利用されているLINEのデータを使って、他のSNSを利用していないユーザーにもリーチできるのが大きな魅力です。適切なターゲティングと予算設定により大きな成果を期待できるので、初心者の方もぜひLINE広告出稿を検討してみてください。

LINEを活用したマーケティングでは、広告配信だけでなく公式アカウントの運用も重要です。以下の記事を参考に公式アカウント運用にも注力してみてください。

LINE公式アカウントの友だちを増やすための7つの方法をご紹介
LINE公式アカウントのリッチメニューを徹底解説!作成方法から活用テクニックまで
LINEのチャットボットを活用して業務効率とユーザー満足度を高めよう!

【お役立ち資料】これからのLINE公式アカウント運用のポイントのご紹介

これからのLINE公式アカウント運用のポイント
↑「これからのLINE公式アカウント運用のポイント」を無料で受け取る

LINEを活用したマーケティングでは広告配信だけでなく公式アカウントの運用も重要です。初期設定方法や友だちを増やすための施策、メッセージ配信やリッチメニュー作成のコツまで詳しくご紹介しています。無料ダウンロードできますのでご活用ください。

LINE広告運用代行サービスをお探しの企業様は株式会社フルスピードにお任せ下さい

LINE運用代行・LINE広告運用代行サービスページ
~LINE運用代行・LINE広告運用代行サービスページはこちら~

これまで弊社フルスピードでは1000社以上の多岐に渡る業種のSNSアカウントを運用してきました。また、弊社フルスピードはLINE社の認定代理店でもございます。LINE広告を運用されておられるものの思ったような成果が出ずお悩みの企業様や、LINE広告運用代行が可能な広告代理店をお探しの企業様はぜひ、弊社、株式会社フルスピードのLINE広告運用代行サービスをご検討ください。

この記事を書いた人
松崎 明日香

松崎 明日香

マーケティング部

2020年に新卒入社後、オウンドメディア『GrowthSeed』の運営/ライティングを中心に、メルマガ運用、広告運用など自社のマーケティング業務に幅広く携わる。お問い合わせ数・売上アップを目標に日々奮闘中。趣味は喫茶店・カレー屋巡り。

記事の関連タグ
資料ダウンロード            
SNSの人気記事
           
SNSの新着記事
関連タグから記事を探す

Webマーケティングにお困りの際は
お気軽にご相談ください