1. HOME
  2. すべての記事一覧
  3. SNS
  4. 【2021年最新】LINE広告のターゲティングの種類と配信面一覧

【2021年最新】LINE広告のターゲティングの種類と配信面一覧

2021年03月16日

  • twitter
  • facebook
  • はてB!

linead-targeting

世代を問わず幅広い属性のユーザーにアプローチできるLINEは、多くの企業のマーケティングにも活用されており、LINE公式アカウントの運用や、LINEのプラットフォームを利用した広告配信が行われています。

本記事では、これからLINE広告を始めようとしているマーケティング担当者様向けに、LINE広告のターゲティングの特徴と種類をご紹介します。

企業のLINEアカウントの運用方法についてはこちらの記事をご確認ください。
LINE公式アカウントの機能や作成方法、運用のコツまで徹底解説!企業のマーケティングに活用しよう

※本記事の情報は2021年3月時点のものです。今後のLINEのアップデートにより、内容が変更される可能性があります。

LINE広告のターゲティングの特徴

LINE広告は、LINEのトーク画面上部やタイムライン、LINEのファミリーサービスであるLINEマンガやLINE NEWSなどに広告を配信する運用型広告のプラットフォームです。
以前は「LINE Ads Platform」というサービス名でしたが、2020年1月から「LINE広告」というサービス名に変わりました。(参照:LINE for Businessお知らせ『一部サービス名称の廃止・変更について』

LINEは日本国内でコミュニケーションツールとして普及しており、月間アクティブユーザー数は8,600万人(2020年9月末時点)となっています。
関連記事:【2020年最新版】SNS利用者数と各媒体の特徴まとめ

また、15~69歳のスマートフォンユーザーを対象にしたマクロミル社の調査によると、普段利用しているSNSとしてLINEを挙げたユーザーは83.4%、その中でも「LINEのみ」と答えたユーザーは40.8%にも上りました。LINE広告を利用することで、他のSNSではアプローチできないユーザーにも自社の情報を届けることが可能です。

linead-targeting1

画像引用:LINE for Businessコラム『【公式】LINE広告とは丨サービス概要・特長まとめ』
調査機関:マクロミル社・インターネット調査(2020年7月実施/全国15~69歳のスマートフォンユーザーを対象サンプル数20,000)

LINE広告のターゲティングでは、年齢や性別、地域、興味関心、行動履歴など、さまざまな属性を指定することができます。また、ウェブトラフィックデータや電話番号などのユーザー情報をアップロードして配信することも可能です。商品やサービスを購入してくれる見込みの高いユーザーの属性や行動を想像してターゲットを絞り込むことで、ターゲティング精度が高まり、広告の費用対効果も高まります。

LINE広告のターゲティングの種類

ターゲティングは、広告グループの作成時に「ターゲット設定」の項目で設定します。

LINEデモグラフィックデータ配信

年齢、性別、地域、興味関心などのユーザーの基本属性を指定して配信します。このデモグラフィックデータは、LINEファミリーサービス上でユーザーが登録した年齢や地域などの情報や、スタンプ購入履歴などの行動データをもとに分析・作成された「みなし属性」です。

linead-targeting2

参照:LINE Business Guide 2021年1月-6月期

地域セグメント

都道府県、市区町村単位で地域を指定することができます。
また、2020年4月から配信対象が追加されるとともに、半径レベルでも地域の選択ができるようになりました。

<配信対象>

  • この地域に住んでいる人、この地域で働いている人、この地域に最近いた人
  • この地域に住んでいる人、この地域で働いている人
  • この地域に住んでいる人
  • この地域で働いている人
  • この地域に最近いた人

<指定方法>

  • 地域を指定(都道府県・市区町村)
  • 半径を指定(3km以上から設定可)

linead-targeting3

参照:LINE for Businessコラム『「LINEデモグラフィックデータ配信」がアップデート|特定地域の半径レベルでターゲティングが可能に!』

性別セグメント

すべて/男性/女性 から選択できます。

年齢セグメント

以下のように、14歳以下から50代以上まで5歳ごとに切り分けたセグメントから選択できます。

  • 14歳以下
  • 15-19歳
  • 20-24歳
  • 25-29歳
  • 30-34歳
  • 35-39歳
  • 40-44歳
  • 45-49歳
  • 50歳以上

興味関心セグメント

以下の18種類のカテゴリから指定できます。また、自動車については車種も9種類から選択して指定配信することができます。

  • ゲーム
  • デジタル機器・家電
  • スポーツ
  • 職・ビジネス
  • ファッション
  • 家・インテリア・園芸
  • テレビ・番組
  • 音楽
  • 教育・学習・資格
  • 金融
  • 健康
  • エンタメ
  • ショッピング
  • 書籍・マンガ
  • 食べ物・飲み物
  • 美容・コスメ
  • 旅行
  • 自動車
    (軽自動車/コンパクトカー/ハッチバック/セダン/スポーツカー/ステーションワゴン/ミニバン/SUV(コンパクト)/SUV(ラージ))

行動セグメント

以下の7つの項目を指定できます。

  • テレビ視聴頻度(テレビ視聴頻度が高い/平均/低い)
  • キャリアの変更(過去2年間でキャリアを変更した/変更していない)
  • コンバージョン(ウェブサイトコンバージョンが多い/アプリのインストールが多い)
  • ゲームプレイタイプ(アドベンチャーゲームプレイヤー/カジュアルゲームプレイヤー/RPGゲームプレイヤー)
  • モバイル端末の変更(過去2年間で端末を変更した/変更していない)
  • ネットワークの利用状況(Wi-Fiを利用しない)
  • 購買意向(自動車(ラグジュアリー)の購買意向が高い/ファッション(ラグジュアリー)の購買意向が高い)

属性セグメント

以下の4つの項目を指定できます。

  • 配偶者(既婚/未婚)
  • 子供(子供あり/子供なし)
  • 携帯キャリア(NTTドコモ/au/Softbank)
  • 推定収入(収入上位51%以下/21~50%/11~20%/10%)

参照:LINE for Businessマニュアル『デモグラフィックターゲティングで配信する』

オーディエンス配信

自社で保有しているカスタマーデータをアップロードし、対象のユーザーに広告を配信したり配信ターゲットから除外したりします。作成できるオーディエンスは以下の7種類です。

  • ウェブトラフィックオーディエンス
  • モバイルアプリオーディエンス
  • IDFA/AAIDアップロード
  • 電話番号アップロード
  • メールアドレスアップロード
  • LINE公式アカウントの友だちオーディエンス
  • 動画視聴オーディエンス

ウェブトラフィックオーディエンス

広告配信の成果やサイト訪問数などを測定することのできる「LINE Tag」のトラッキング情報をもとに、特定のWebサイトにアクセスしたことのあるユーザーのオーディエンスを作成します。また、Webサイト内で購入などのイベントに基づいたオーディエンスを作成することも可能です。

ECサイトに一度アクセスしたにもかかわらず商品購入に至らなかったユーザーに対して、購入を促すために広告を配信する場合などに活用することができます。

モバイルアプリオーディエンス

アプリ内で特定のアクションを起こしたユーザーのオーディエンスを作成します。イベントは「オープン」「インストール」「ホーム閲覧」「カテゴリ閲覧」「商品閲覧」「検索」「カート追加」「購入」「レベル達成」「チュートリアル完了」「カスタムイベント」の11種類から設定できます。

アプリをインストールしたユーザーに対して、キャンペーンのお知らせを広告として配信する際などに活用することができます。

IDFA/AAIDアップロード

自社で保有しているIDFA/AAIDデータをもとにオーディエンスを作成します。IDFA/AAIDデータとは広告ID(広告識別子)のことで、OSがインストールされたデバイスごとに付与される固有のIDです。
Apple社のiOS端末に用いられるのは「IDFA(Identifier For Advertising)」、Google社のAndroidOS端末に用いられるのは「AAID(Google Advertising ID)」です。

電話番号アップロード

自社で保有している顧客の電話番号をもとにオーディエンスを作成します。既存顧客のターゲティングとなるため、新商品情報の配信などに利用すると効果的です。

メールアドレスアップロード

自社で保有している顧客のメールアドレスをもとにオーディエンスを作成します。こちらも既存顧客へ向けたプロモーションを行う際に有効です。

LINE公式アカウントの友だちオーディエンス

自社のLINE公式アカウントを追加している、またはブロックしているユーザーのオーディエンスを作成します。LINE広告だからこそ作成できる特徴的なオーディエンスです。

友だち追加してくれているユーザーは、商品やサービスに興味があって友だちになってくれているので、購入意欲をさらに高めるような広告を配信しましょう。

動画視聴オーディエンス

過去に配信した動画広告から特定の動画素材を選択し、その視聴ユーザーのオーディエンスを作成します。視聴3秒、25%、50%、75%、95%、視聴完了の中から再生率を指定できます。

動画広告はスキップされることも多いため、動画広告を長く視聴しているユーザーはその商品に対する関心が高いと考えられます。動画広告の視聴時間が長かったユーザーに対してさらに広告を配信するなどすると効果が高まるでしょう。

参照:LINE for Businessマニュアル『オーディエンスを使って配信する』

その他の広告配信機能

LINE広告にはターゲティングの他にもさまざまな配信機能があり、目的に応じて適したターゲットに広告を配信することができます。

友だち追加

linead-targeting19

参照:LINE for Businessコラム『【公式】LINE広告とは丨サービス概要・特長まとめ』

LINE公式アカウントの友だちを増やすための広告商品です。LINEトーク画面上部のSmart Channel、タイムライン、LINE NEWSに掲載されます。ユーザーが広告をタップすると友だち追加を促すポップアップが表示され、スムーズに友だち追加をすることができます。

LINE Dynamic ads

Webサイト上でのユーザーの商品閲覧履歴をもとに、関連性の高い商品を広告として表示します。1広告に最大20枚の画像を設定でき、それぞれに個別の遷移先を設定できます。

linead-targeting4

参照:LINE Business Guide 2021年1月-6月期

配信面は、タイムライン、LINE NEWS、LINEマンガ、LINE BLOG、LINEポイント、LINEショッピング、ウォレット、LINEチラシです。

LINE公式アカウントの友だちオーディエンス配信

「オーディエンス配信」で作成した、LINE公式アカウントを追加またはブロックしているユーザーのオーディエンスに広告を配信したり、このオーディエンスをもとに類似オーディエンスを作成したりできます。

既に自社のことを知っているLINE公式アカウントの友だちに向けて配信することでブランドへのエンゲージメントを高めたり、友だちの類似オーディエンスに配信することで潜在層への認知を広げたりすることが期待できます。

類似配信

コンバージョンオーディエンスや、自社情報をもとにアップロードしたオーディエンスなどの、ソースオーディエンスの情報に類似したユーザーをLINE内で探し、類似オーディエンスを作成して配信します。

linead-targeting5

参照:LINE for Businessコラム『【公式】LINE広告とは丨サービス概要・特長まとめ』

オーディエンスサイズは、自動もしくは1~15%で選択できます。
類似性が高いほどユーザーがアクションを起こす可能性は高まりますが、オーディエンスサイズは小さくなるので注意が必要です。

リエンゲージメント配信

アプリをインストールしたにも関わらず利用していない休眠ユーザーに対して広告を配信します。商品閲覧、カートへの追加、商品購入といったユーザー個々の過去のアクションに応じてターゲティングができるのが特徴です。

linead-targeting6

参照:LINE for Businessコラム『【公式】LINE広告とは丨サービス概要・特長まとめ』

一度商品を購入したことのあるユーザーに新商品情報を配信したり、商品をカートに入れたまま購入しなかったユーザーにセール情報を配信したりすると効果的です。

自動最適化配信

機械学習により、広告入札のオークションを自動的に最適化します。目標値と配信結果をもとに自動で入札調整するので、工数をかけずにPDCAを回していくことができます。

linead-targeting7

参照:LINE for Businessコラム『【公式】LINE広告とは丨サービス概要・特長まとめ』

リーチ&フリークエンシー

リーチ&フリークエンシーでは、月に1回以上タイムライン上の広告に接触している4,900万人のユーザーに対して広告を配信します。フリークエンシー(表示回数)と配信期間を指定し、通常の配信面よりもタイムラインに優先的に掲載します。

タイムライン上の広告と接触頻度の高いユーザーに絞って配信するので、短期間で多くのユーザーに、効率的にリーチできることが特徴です。

LINE広告の配信面

配信面は、広告グループの作成時に「広告の配信」の項目で設定します。「自動配置」または「配信先を編集」を選択し、配信先を編集する場合はLINE/LINE広告ネットワークのインフィード面/LINE広告ネットワークのリワード面から指定することができます。

以下で11種類の配信面を紹介します。ただし、これらの配信面を個々に指定することはできません。

Smart Channel

linead-targeting8

Smart ChannelはLINEトークリストの最上部の枠で、LINEアプリ上で最もユーザーのアクティブ率が高いことが特徴です。

2020年1月から、このSmart Channelに動画広告を配信できる「Talk Head View」というサービスが開始されました。1日1社限定で配信可能で、1日に5,000万以上のユニークユーザーにリーチできると言われています。

LINE NEWS

linead-targeting9

LINE NEWSはLINEアプリ内のニュースタブから利用できるニュースサービスで、 月間アクティブユーザー数7,500万人以上(2020年4月時点)、月間PV数175億(2020年7月末時点)を誇ります。LINE NEWSの記事一覧ページや340を超える提携メディアの記事一覧ページに広告を配信することができます。

タイムライン

linead-targeting10

タイムラインの月間アクティブユーザー数は6,800万人以上(2019年8月時点)で、そのうち4,900万人以上が月に1回以上タイムライン上の広告に接触しています。幅広い世代のユーザーへのリーチが期待できます。
自社のLINE公式アカウントのブロック状況に関わらず、タイムラインを利用する全てのユーザーに広告を表示します。

ウォレット

linead-targeting16

ウォレットはLINEアプリ内のウォレットタブから利用できるサービスで、月間5,200万以上(2020年9月時点)のユーザーに利用されています。

キャッシュレス決済サービスの「LINE Pay」を中心に、ポイントカードを一括管理するマイカード、LINE上のポイントサービスであるLINEポイントなどの機能がまとまっており、LINE上でお金の管理を一元化できるサービスです。

LINEマンガ

linead-targeting11

LINEマンガは、スマートフォン向け電子コミックサービスです。2013年4月にサービスが開始し、日本国内におけるLINEマンガのアプリダウンロード数は累計3,000万(2020年8月時点)となりました。特に20代の若い世代に多く利用されています。

LINE BLOG

linead-targeting12

LINE BLOGでは、アーティスト、タレント、アイドル、スポーツなどさまざまなジャンルのがブログを開設し、ファンとのコミュニケーションの場として利用されています。2016年11月から一般のユーザーもブログを開設できるようになりました。2014年11月のサービス開始からこれまでに2,500組以上(2019年8月時点)のブログが開設されています 。

ユーザーは20代~40代以上までと幅広く、男女比率は3:7で女性の方が多いです。

LINEポイントクラブ

linead-targeting13

LINEポイントクラブは「動画視聴」「会員登録」「友だち追加」など指定されたアクションを完了させることでポイントが付与され、ゲームアイテムやLINEスタンプと交換できるサービスです。月間2.8億PV(2020年6月~8月平均値)と国内でも最大級のリーチ力を持っています。

ユーザーは約8割が女性で、年齢層は40代~50代が半数以上を占めています。そのため、他のSNSではリーチしにくい年齢層が高めのユーザーにも広告を見てもらえる可能性が高いです。

LINEショッピング

linead-targeting14

LINEショッピングは、LINEアプリ上から買い物ができるサービスで、約300社・3億点を超える商品が揃えられています。
20代後半~40代前半の女性ユーザーに多く利用されており、現在の会員登録数は3,500万人(2020年9月時点)です。

LINEチラシ

linead-targeting17

LINEチラシはLINEアプリ内のウォレットタブからアクセスできるデジタルチラシサービスです。40代以上の女性のユーザーが半数以上を占めています。

ユーザーごとに近隣店舗のチラシやレコメンド商品が掲載されるのが特徴です。チラシは商品の購入を検討している場合に閲覧されることが多いため、購買意欲の高いユーザーに広告を見てもらうことが可能です。

LINEクーポン

linead-targeting18

LINEクーポンは、飲食店やコンビニ、ドラッグストアなど全国約50,000店舗(2020年9月時点)のクーポンをLINEアプリ内のウォレットタブや「LINEクーポン」のLINE公式アカウントから閲覧・利用できるサービスです。

ユーザーは40代以上の女性が多く、普段からショッピングやセール情報に関心の高いユーザー層にアプローチできます。

LINE広告ネットワーク

linead-targeting15

LINE広告ネットワークは、LINEファミリーアプリや3rd party アプリへLINE広告を配信できるモバイルアドネットワークです。配信先アプリは料理、マンガ、ライフスタイル、ビジネスなどジャンルが幅広く、月間アクティブユーザー数は1.1億人(2020年9月時点)と大規模なリーチを獲得できます。

参照:LINE for Businessコラム『【公式】LINE広告とは丨サービス概要・特長まとめ』
参照:LINE Business Guide 2021年1月-6月期
参照:LINE for Businessサービス一覧『LINEクーポン』

クロスターゲティング機能でさらに高精度に

LINEでは2020年1月から「クロスターゲティング」という機能が利用できるようになり、LINE広告と他のLINEサービスのデータを連携できるようになりました。ここからはクロスターゲティングについて詳しくご紹介します。

クロスターゲティングとは

クロスターゲティングとは、LINE公式アカウント、LINE広告、LINEで応募のそれぞれのデータを連携し、各プロダクトを横断して配信できる機能です。

linead-targeting20

参照:LINE for Businessコラム『データの横断的活用で、LINE広告のターゲティング精度を高める「クロスターゲティング」』

例えば、LINE公式アカウントでメッセージとして配信したキャンペーン情報を閲覧したユーザーからオーディエンスを作成した場合、リターゲティングして商品購入に繋げる、除外して未接触のユーザーへと認知を広げる、といった利用ができます。

これまではLINE公式アカウントのデータをLINE広告に利用することのみ可能でしたが、2021年1月からはLINE広告のデータをLINE公式アカウントで利用することも可能になりました。

LINE公式アカウントでは以下のタイプのオーディエンスを作成することができます。作成したオーディエンスはそのLINE公式アカウントに紐づくすべての広告アカウントで共有されます。

オーディエンスタイプ 内容
ユーザーIDアップロード TXT、CSV形式のファイルでユーザーIDをアップロードして作成
クリックリターゲティング 過去に配信したメッセージに含まれるリンクをクリックしたユーザーを対象にしたオーディエンス
インプレッションリターゲティング 過去に配信したメッセージを開封したユーザーを対象に作成
チャットタグオーディエンス チャットに付けたタグを対象に作成
※チャットでユーザーへのタグ付けが必要
追加経路オーディエンス 特定の経路で友だち追加したユーザーを対象に作成
ウェブトラフィックオーディエンス LINE Tagのトラッキング情報を基に作成
※LINE tagの利用を開始するとオーディエンスが作成可能

参照:LINE for Businessマニュアル『オーディエンス』

クロスターゲティングの活用方法

LINE広告での配信

LINE公式アカウント、LINEポイントADTalk Head Viewで取得したデータをLINE広告に共有し、広告配信に利用できます。共有されたデータに基づく類似拡張、リターゲティング、除外配信が可能です。

linead-targeting22

参照:LINE Business Guide 2021年1月-6月期

<活用方法>

  • 購入意欲の高いユーザーへ広告を配信し、商品購入を後押しする
    →LINE公式アカウントでの配信情報に接触したユーザーをリターゲティング
  • メッセージを見ていないユーザーへ広告を配信し、認知を拡大する
    →LINE公式アカウントでの配信情報に接触したユーザーを除外配信
  • 商品購入の見込みの高いユーザーへリーチする
    →LINE公式アカウントでの配信情報に接触したユーザーを類似拡張して配信

LINE公式アカウントでの配信

LINE広告、LINEポイントADで取得したデータをLINE公式アカウントに共有し、メッセージ配信に利用できます。共有されたデータを基にした指定配信と除外配信が可能です。

linead-targeting23

参照:LINE Business Guide 2021年1月-6月期

<活用方法>

  • 商品に関心があるユーザーのエンゲージメントや購入意欲を高める
    →LINE広告からLPに遷移したユーザーを指定配信
  • ブランドに関心があるが商品情報に未接触のユーザーへメッセージ配信し、商品認知を広げる
    →LINE広告からLPに遷移したユーザーを除外配信

クロスターゲティングの設定方法

クロスターゲティングを設定するには、「LINE Official Account Manager」にログインし、LINE公式アカウントの管理画面でオーディエンスの共有設定をONにします。

linead-targeting21

参照:LINE for Businessコラム『データの横断的活用で、LINE広告のターゲティング精度を高める「クロスターゲティング」』

この設定により、LINE公式アカウントの管理画面上で作成したオーディエンスをLINE広告でも利用できるようになります。

LINE広告の管理画面からオーディエンスを確認するには、「LINE Ad Manager」にログインし、「共有ライブラリ」から「オーディエンス」を選択します。ここに、共有されたオーディエンスデータや推定サイズ、データが無効になる日などが表示されます。

リーチ力の高いLINE広告のターゲティングを活用しよう

国内のSNSの中でも最もユーザー数が多いLINE広告は、他のSNS広告ではアプローチできないような属性のユーザーにもアプローチできる可能性が高いです。アカウントの「友だち」に基づくLINE広告独自のターゲティングもあるので、上手く活用して効率的にターゲットへ広告を配信しましょう。

月刊SNSバナー

記事の関連タグ

こちらの記事もおすすめ

Webマーケティングにお困りの際は
お気軽にご相談ください