1. HOME
  2. すべての記事一覧
  3. SNS
  4. 【業界別】企業のLINE公式アカウントの運用事例と活用方法まとめ

【業界別】企業のLINE公式アカウントの運用事例と活用方法まとめ

2021年03月08日

  • twitter
  • facebook
  • はてB!

line-case

国内に10代から60代以上まで8,600万人ものユーザーを持つLINEを活用したマーケティングは、業界・業種問わず相性が良く、多くの企業がLINE公式アカウントを運用しています。そこで本記事では、業界ごとのLINE公式アカウントをまとめるとともに、どのように活用されているかをご紹介します。

LINE公式アカウントの運用を始めようとしている、または運用しているが効果が出ない、といった企業様はぜひ同業界の企業の活用方法を参考にしてみてください。

LINE公式アカウントの作り方についてはこちらの記事をご確認ください。
LINE公式アカウントの機能や作成方法、運用のコツまで徹底解説!企業のマーケティングに活用しよう

ファストフード業界の事例

ファストフード業界での活用方法

ファストフード店のLINE公式アカウントでは、「○○円引き」「○○1個無料」などの店舗で使えるクーポンを発行して実店舗への来店へと繋げている例が多く見られます。

牛丼チェーンの吉野家のLINE公式アカウントでは、新規の友だち登録ユーザー限定で「みそ汁無料クーポン」を配布しています。「クーポンを利用する」をタップするとLINEクーポンの画面に遷移し、表示されるバーコードを店員に提示することでクーポンを利用できます。

line-case1

画像引用:吉野家LINE公式アカウント

また、リッチメニュー内には「テイクアウト予約」のボタンがあり、タップするとテイクアウト予約専用ページに遷移します。ここから店舗を検索してメニューを選び、注文することができます。

line-case2

画像引用:吉野家LINE公式アカウント

このようにファストフード業界では、クーポンやセール情報を配信したり、予約・注文さらにはキャッシュレス決済をLINE上で簡単に行える仕組みを作ったりすることで、店舗の集客アップに繋げています。

ファストフード業界のアカウント一覧

企業名 アカウント名 参考 友だち数 タイムライン投稿数 アカウント種別
株式会社吉野家 吉野家 https://www.yoshinoya.com/service/line/ 3,778,601 268 プレミアムアカウント
日本KFCホールディングス株式会社 ケンタッキーフライドチキン https://line.me/R/ti/p/@kfcjp?from=page 24,093,867 538 プレミアムアカウント
株式会社ダスキン ミスタードーナツ https://line.me/R/ti/p/@misterdonut?from=page 12,913,263 334 プレミアムアカウント
株式会社ホットランド 築地銀だこ https://www.gindaco.com/sns/ 8,745,226 329 プレミアムアカウント
日本ピザハット・コーポレーション株式会社 ピザハット https://page.line.me/669fpezz 1,314,772 32 認証済アカウント
株式会社なか卯 なか卯 https://page.line.me/268jcqnm 196,730 123 認証済アカウント

(2021年3月上旬現在)

アパレル業界の事例

アパレル業界での活用方法

スーツを販売するAOKIのLINE公式アカウントでは、友だち追加時に割引クーポンを配布しています。

line-case3

画像引用:AOKI LINE公式アカウント

リッチメニュー内には、新規登録者限定のクーポン以外にもLINE友だち限定のクーポンが用意されているので、ユーザーからのブロックを防ぎ、長いスパンでコミュニケーションを取ることが可能になっています。

line-case4

画像引用:AOKI LINE公式アカウント

また、LINEとAOKIの会員情報を連携すると、リッチメニューからLINE上に会員証をすぐに表示させることが可能で、店舗でのお会計時などに便利です。既存の会員であればメールアドレスとパスワードを入力するとLINEと連携することができ、同じページから新規の会員登録も可能です。

このようにアパレル業界では、クーポンやキャンペーン情報を定期的に配信してユーザーの購入意欲を高めつつ、会員情報との連携でユーザーの利便性をさらに高めるといった活用方法が見られます。

アパレル業界のアカウント一覧

企業名 アカウント名 参考 友だち数 タイムライン投稿数 アカウント種別
株式会社AOKI AOKI メンズ・レディース専門店 https://www.aoki-style.com/special/line/ 8,123,439 264 プレミアムアカウント
株式会社ライトオン ライトオン https://biz.right-on.co.jp/line_official_account/ 14,838,261 297 プレミアムアカウント
株式会社ジーユー ジーユー https://line.me/R/ti/p/@gujapan?from=page 23,847,534 987 プレミアムアカウント
アディダス ジャパン株式会社 アディダス ジャパン https://shop.adidas.jp/line/ 7,892,399 540 プレミアムアカウント
ルイ・ヴィトンジャパン株式会社 LOUIS VUITTON https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/magazine/articles/line 2,191,170 637 プレミアムアカウント
リーバイ・ストラウス ジャパン株式会社 Levis https://line.me/R/ti/p/@levis?from=page 2,109,694 94 プレミアムアカウント

(2021年3月上旬現在)

不動産業界の事例

不動産業界での活用方法

不動産業界では、LINEチャットボットを活用したお部屋探しコンテンツやお問い合わせ対応、リッチメニューを活用したエリアごとの物件紹介といった活用方法が多く見られました。

賃貸物件サイトを運営するCHINTAIのLINE公式アカウントでは、企業キャラクターである「チンタイガー」が問い合わせに対応する形となっています。住みたい駅や部屋の条件をメッセージとして送信するだけで、希望に沿った部屋の候補がリッチメッセージとして自動で届きます。

line-case6

画像引用:CHINTAI LINE公式アカウント

メッセージの口調もキャラクターに合わせたものとなっており、キャラクターの全面的に出すことで親近感を出しています。LINEチャットボットを最大限に活用し、ユーザーが気軽かつスムーズに部屋探しができるように工夫されている事例です。

LINEのチャットボットを活用して業務効率とユーザー満足度を高めよう!

不動産業界のアカウント一覧

企業名 アカウント名 参考 友だち数 タイムライン投稿数 アカウント種別
株式会社CHINTAI CHINTAI(チンタイガー) https://www.chintai.net/line/ 40,994 1 プレミアムアカウント
アットホーム株式会社 アットホーム https://www.athome.co.jp/smt/linebc/toiawase/ 11,733,578 374 プレミアムアカウント
大東建託株式会社 いい部屋ネット https://page.line.me/883ubdur 18,355,551 405 プレミアムアカウント
三菱地所レジデンス株式会社 三菱地所レジデンス https://line.me/R/ti/p/@mecsumai?from=page 6,327,556 84 プレミアムアカウント
株式会社オープンハウス OPENHOUSE https://page.line.me/bxr8187w 73,431 30 認証済アカウント
大和ハウス工業株式会社 ダイワハウス https://page.line.me/256biryn 4,581,102 2 認証済アカウント

(2021年3月上旬現在)

教育業界の事例

教育業界での活用方法

資格取得のための通信講座を行うユーキャンのLINE公式アカウントでは、自分に合った講座を診断してくれるコンテンツを初回メッセージで配信しています。「診断スタート」をタップするとLINEチャットボットによるコミュニケーションが始まり、いくつかの質問に選択肢の中からタップして答えることでおすすめの講座情報がカルーセル形式で自動送信されます。

line-case7

line-case8

画像引用:生涯学習のユーキャン LINE公式アカウント

簡単な操作ですぐに結果が出るのでユーザーはストレスを感じることがなく、サービス内容にも興味を持ってもらいやすいコンテンツです。

また、広島県の学習塾5-DaysのLINE公式アカウントでは、塾生もしくは入塾を検討している生徒を対象にLINE上での質問解説サービスを行っています。分からない問題を写真を撮って送ると、塾講師から問題の解説が送られてくるというものです。塾生が塾に来ていない時もコミュニケーションがとれて、満足度を高めるのに効果的な活用方法です。

このように教育業界では、チャットボットを利用した講座内容・教材内容の紹介で潜在ニーズを引き出したり、学びたいというニーズに1対1のコミュニケーションで応えることで関係性を強化したりする活用例が見られました。

教育業界のアカウント一覧

企業名 アカウント名 参考 友だち数 タイムライン投稿数 アカウント種別
株式会社ユーキャン 生涯学習のユーキャン https://line.me/R/ti/p/@u-can?from=page 7,998,540 699 プレミアムアカウント
株式会社 5コーポレーション 毎日個別塾5-Days https://5-days.jp/linechat/ 8,734 108 認証済アカウント
株式会社ナガセ 東進ハイスクール・東進衛星予備校 https://page.line.me/toshin 62,234 170 プレミアムアカウント
株式会社ベネッセコーポレーション こどもちゃれんじ https://kodomo.benesse.ne.jp/open/line/ 12,925,190 330 プレミアムアカウント
株式会社NHK出版 NHKテキスト https://line.me/R/ti/p/@nhk_text?from=page 74,131 61 プレミアムアカウント
株式会社トライグループ トライさん https://liny.link/r/1655096723-1GOJPwzq 26,533 3 認証済アカウント
株式会社新興出版社啓林館 新興出版社 教材・教科書の出版社です https://www.shinko-keirin.co.jp/shinko/pittarinavi/20200427-01/ 25,579 12 認証済アカウント

(2021年3月上旬現在)

インフラ業界の事例

インフラ業界での活用方法

インフラ業界のLINE公式アカウントでは、チャットボットを利用してお問い合わせに対応したり、企業が持つユーザーIDとLINEとの連携によりLINE上でサービス利用状況を確認できるようにしたりする活用方法が見られます。

ソフトバンクのLINE公式アカウントでは、ソフトバンクの会員情報とLINEのアカウント情報を連携させることで、個人の契約内容や毎月のデータ量・請求金額などをLINEから簡単に確認できるようになります。

line-case9

画像引用:ソフトバンク LINE公式アカウント

このように、既にサービスや商品を利用しているユーザーに向けてコンテンツを提供し、ロイヤル化を図る目的でLINEを活用しているのがインフラ業界の特徴です。

インフラ業界のアカウント一覧

企業名 アカウント名 参考 友だち数 タイムライン投稿数 アカウント種別
ソフトバンク株式会社 ソフトバンク https://www.softbank.jp/mobile/special/line-support/ 42,747,828 2,399 プレミアムアカウント
デル・テクノロジーズ株式会社 デル・テクノロジーズ https://page.line.me/391vsisb 1,413,735 339 プレミアムアカウント
東京電力エナジーパートナー株式会社 東京電力エナジーパートナー https://www.tepco.co.jp/ep/line/ 2,091,153 8 プレミアムアカウント
全日本空輸株式会社 ANA https://www.ana.co.jp/ja/jp/serviceinfo/share/social/ 19,984,521 421 プレミアムアカウント
九州旅客鉄道株式会社 JR九州 https://www.jrkyushu.co.jp/social/line/ 194,453 44 プレミアムアカウント
ヤマト運輸株式会社 ヤマト運輸 https://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/campaign/renkei/LINE/ 45,560,551 120 プレミアムアカウント

(2021年3月上旬現在)

マスコミ業界の事例

マスコミ業界での活用方法

マスコミ業界のLINE公式アカウントでは、メッセージ配信やリッチメニュー、タイムライン投稿を活用した情報発信が活発に行われています。友だち追加してくれているユーザーに向けて最新情報をいち早く伝えることで、そのメディアや作品のファンになってもらったり、愛着を高めたりすることが可能です。

プレジデント社が発行しているビジネス誌「PRESIDENT」のLINE公式アカウントでは、注目のニュースをリッチメッセージで週3回配信しています。リッチメッセージに表示されたニュースタイトルをタップすると、PRESIDENTのWeb版である「PRESIDENT Online」に遷移し、それぞれの記事の詳細を読むことができます。

line-case14

画像引用:PRESIDENT LINE公式アカウント

このようにニュースやキャンペーン情報を定期的に配信する際は、初回メッセージで「○曜日と○曜日の○○時に配信します」と告知しておくとよいでしょう。

マスコミ業界のアカウント一覧

企業名 アカウント名 参考 友だち数 タイムライン投稿数 アカウント種別
株式会社プレジデント社 PRESIDENT https://line.me/R/ti/p/@oa-president?from=page 1,369,126 1 プレミアムアカウント
株式会社テレビ朝日 テレビ朝日 https://line.me/R/ti/p/@tvasahi?from=page 4,090,242 535 プレミアムアカウント
株式会社毎日新聞社 毎日新聞 https://line.me/R/ti/p/@oa-mainichi?from=page 3,719,823 0 プレミアムアカウント
株式会社スタジオジブリ スタジオジブリ https://line.me/R/ti/p/@studioghibli?from=page 1,966,085 879 プレミアムアカウント
エイベックス株式会社 avex https://page.line.me/857wzzvx 364,503 1,210 プレミアムアカウント
東映株式会社 東映 https://line.me/R/ti/p/@toei?from=page 221,478 512 プレミアムアカウント

(2021年3月上旬現在)

その他の業界の事例

買取

ブランド品の買取専門店RINKANのLINE公式アカウントでは、リッチメニューに「LINE査定」というサービスが設置されています。品物の写真を撮って送るとお店側からメッセージで査定結果が届くという、ユーザーにとって利便性の高いサービスです。

line-case10

画像引用:RINKAN LINE公式アカウント

企業名 アカウント名 参考 友だち数 タイムライン投稿数 アカウント種別
株式会社未来ガ驚喜研究所 RINKAN買取 https://www.gsc-rinkan.com/system/line-estimate.html 52,740 1,892 認証済アカウント

(2021年3月上旬現在)

人材サイト

アルバイトの情報サイトマイナビバイトのLINE公式アカウントでは、初回メッセージでリッチメッセージが配信されます。ユーザーは、メッセージ内で気になるバイトの業種や職種をタップすると、そのバイトの詳細ページに遷移することができます。クリエイティブとして配信されるリッチメッセージはユーザーの興味を引きやすく、また、狙ったアクションへとスムーズに繋げることができます。

line-case11

画像引用:マイナビバイトLINE公式アカウント

企業名 アカウント名 参考 友だち数 タイムライン投稿数 アカウント種別
株式会社マイナビ マイナビバイト https://baito.mynavi.jp/pr/line_basky/ 6,140,813 194 プレミアムアカウント

(2021年3月上旬現在)

レシピサイト

レシピ動画サービスDELISH KITCHENのLINE公式アカウントでは、「キャベツと豚肉」などの食材名や「ハンバーグ」など料理名を送信すると、その料理のおすすめレシピが返信されます。LINEチャットボットを活用し、食材名や料理名のキーワードに応じてカルーセル形式でレシピが表示される仕組みとなっています。

line-case12

画像引用:DELISH KITCHEN LINE公式アカウント

カルーセルのそれぞれのカードの「レシピを見る」をタップすると、レシピの詳細と動画がメッセージとして送られてきます。

企業名 アカウント名 参考 友だち数 タイムライン投稿数 アカウント種別
株式会社エブリー DELISH KITCHEN https://page.line.me/hta0453h 308,115 2,807 認証済アカウント

(2021年3月上旬現在)

自治体

渋谷区のLINE公式アカウントでは、リッチメニューから対応できるサービスが充実しています。住民票などの書類の申請・発行ができたり子育て関連の窓口の予約ができたり、その他行政や地域のことについて質問できたりと、ユーザーはLINE上から気軽に区のサービスを受けることができます。

line-case13

画像引用:渋谷区LINE公式アカウント

企業名 アカウント名 参考 友だち数 タイムライン投稿数 アカウント種別
渋谷区 https://www.city.shibuya.tokyo.jp/kusei/koho/line.html 29,322 126 認証済アカウント

(2021年3月上旬現在)

自社に合う活用方法を見つけよう

企業の業界や営業形態により、LINE公式アカウントのどの機能をどのように組み合わせて利用すればよいかは異なります。多くの機能を持つLINE公式アカウントですが、「認知拡大」「来客数アップ」「リピーター獲得」など自社のLINE運用の目的に合わせて機能を組み合わせ、活用していきましょう。

LINE公式アカウントの運用ポイントについて、さらに知りたい方はこちらをご確認ください。初期設定方法や友だちを増やすための施策、メッセージ配信やリッチメニュー作成のコツまで、詳しくご紹介しています。
~これからのLINE公式アカウント運用のポイント~
これからのLINE公式アカウント運用のポイント

記事の関連タグ

こちらの記事もおすすめ

Webマーケティングにお困りの際は
お気軽にご相談ください