1. HOME
  2. すべての記事一覧
  3. SNS
  4. Instagramリール広告とは?特徴やメリット、配信方法まで

Instagramリール広告とは?特徴やメリット、配信方法まで

2021年10月21日

  • twitter
  • facebook
  • はてB!

Instagramリール広告とは?特徴やメリット、配信方法まで

Instagramでは、ユーザーの利用動向に合わせて常時さまざまな機能がリリース・アップデートされています。2021年6月には短尺動画投稿機能の「リール」で広告を配信できるようになりました。

今回はそんなリール広告の特徴やメリット、配信方法まで徹底解説します!

※本記事の情報は2021年10月時点のものです。今後のInstagramのアップデートにより、内容が変更される可能性があります。

そもそもInstagramリールとは

「Instagram版TikTok」とも呼ばれるリール機能は、2020年8月にリリースされました。Instagram上で短尺のフルスクリーン動画を作成・投稿できる機能です。当初は最大30秒の動画を投稿可能でしたが、2021年7月から最大60秒まで投稿できるようになりました。

Instagramリール

参照: Facebookニュースルーム『Instagram、短尺動画を作成・発見できる新機能「リール」を発表』

リールは2020年11月からアプリ画面下部の専用タブとして表示されるようになりました。ユーザーはリール専用タブをタップすることで、フォローしているアカウントのリール動画や関心が高いと判断されたリール動画を上下にスクロールする形で閲覧できます。

また、フィードやストーリーズ、発見タブ、アカウントプロフィールのリールタブにも表示されます。タップすることでリールの再生ビューア―に遷移して上下スクロールで閲覧できます。

リール広告の特徴

リール広告は、2021年6月から配信できるようになりました。リール再生ビューア―をスクロールして閲覧している際に、通常のリール動画の合間に表示されます。

リール広告

参照: Facebookニュースルーム『Instagram、リール広告の提供開始を発表』

リール広告の特徴は以下の通りです。

  • 縦長のフルスクリーン動画として表示される
  • 最大30秒までの動画を出稿できる
  • コメント・いいね・シェア・保存などができる
  • スクロールして次の動画に移らない限りループ再生される
  • ユーザーネーム(アカウント名)の下に「広告」と表示される
  • 他のInstagram広告と同様にオークション形式で入札される

リール広告を配信する3つのメリット

企業アカウントでリール広告を配信することで、以下のメリットが挙げられます。

オリジナリティのある訴求ができる

リールは縦長のクリエイティブで画面いっぱいに表示できるのが特徴です。また、短尺動画なので、工夫して作成することでユーザーの注目を引きやすくなります。

フルスクリーンを活用して広範囲を映したり、テキストと動画・画像を組み合わせて短時間でもインパクトの残る内容にしたりと、リール動画の特性を活かしてブランドのオリジナリティを出しましょう。

情報感度の高いユーザーにアプローチできる

リールタブや発見タブから自らリール動画を視聴しているユーザーは、トレンドや面白い話題を探している情報感度の高いユーザーだと言えます。そうしたユーザーの目に留めることができれば、情報が拡散され、認知度が高まることが期待できます。また、感度の高いユーザーの興味関心とマッチしていれば、商品の購入やお問い合わせなどアクションを起こしてくれる可能性も高いです。

ユーザーに受け入れられやすい

リール広告は通常のリールの間に表示され、スクロールして次々と閲覧できるため、ユーザーにストレスなく受け入れてもらいやすいです。ただし、セールス感が強いと不快感を与えてしまうので、通常のリール投稿に馴染むようなクリエイティブ作成を意識しましょう。

流行りのBGMを入れたり、頻繁にシーンが切り替えて飽きさせない作りにしたりと工夫してみてください。

リール広告の配信方法

リール広告は、通常のInstagram広告と同様にFacebookビジネスマネージャから作成できます。

<Instagram広告に関する記事一覧>
Instagram広告の出し方完全マニュアル!アカウント開設から広告設定までの手順と4つの注意点
Instagram広告にかかる費用は?費用対効果を高めるコツもご紹介
Instagram広告の動画・画像サイズとテキストの規定一覧!クリエイティブ作成のコツも
【2021年最新版】Instagram広告の種類とその特徴、利用シーンを解説

以下5つのステップで設定します。

  1. Facebookビジネスマネージャの広告マネージャから「作成」を選択する
  2. キャンペーンの目的で「コンバージョン」「リーチ」「トラフィック」「動画の再生数アップ」「ブランドの認知度アップ」「アプリのインストール」のいずれかを選択する
    リール広告のキャンペーンの目的
  3. キャンペーンの詳細、予算、掲載期間、オーディエンス、最適化と配信など詳細を設定する
  4. 広告セット内の「配置」項目で「手動配置」し「Instagramリール」にチェックを入れる
    リール広告の配置設定
  5. クリエイティブやリンク先を設定する

以上の設定が終了すると広告が審査に出され、審査が完了するとリール広告が配信されます。

参照: Facebookビジネスヘルプセンター『広告マネージャでInstagramリール広告を作成する』

リール広告を活用して新たなファンを見つけよう

リール広告を配信することで、これまでにリーチできなかった新しいユーザー層への認知拡大が可能となります。ユーザーの関心を引く魅力的なクリエイティブを作成し、リール広告の成果を最大限に高めましょう。

効果的なInstagramマーケティングの方法について詳しく知りたい方はこちらをご確認ください。Instagramの動向や最新機能を活用したコンテンツ設計・クリエイティブ作成のコツまで徹底的に解説しています。

~新機能を活用した最新版Instagramマーケティングの手法~
新機能を活用した最新版Instagramマーケティングの手法

この記事を書いた人

松崎 明日香

松崎 明日香

マーケティング部

2020年に新卒入社後、オウンドメディア『GrowthSeed』の運営/ライティングを中心に、メルマガ運用、広告運用など自社のマーケティング業務に幅広く携わる。お問い合わせ数・売上アップを目標に日々奮闘中。趣味は喫茶店・カレー屋巡り。

記事の関連タグ

こちらの記事もおすすめ

Webマーケティングにお困りの際は
お気軽にご相談ください