1. HOME
  2. すべての記事一覧
  3. SNS
  4. Instagram広告にかかる費用は?費用対効果を高めるコツもご紹介

Instagram広告にかかる費用は?費用対効果を高めるコツもご紹介

2021年05月31日

  • twitter
  • facebook
  • はてB!

Instagram広告にかかる費用は?費用対効果を高めるコツもご紹介

Instagramのユーザー数は、世界で10億人、国内でも3,300万人となっており、今や年齢・性別問わず幅広い人々が利用するSNSとなりました。そのため、Instagram広告を活用する企業が増えていますが、「いくらかかるか分からないので始めにくい」という方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、Instagram広告の費用の決まり方や、費用対効果を高めるためのポイントについてご説明します。

※本記事の情報は2021年5月時点のものです。今後のFacebook・Instagramのアップデートにより、内容が変更される可能性があります。

Instagram広告の基礎からもっと知りたい!という方はこちらの記事をご確認ください。
【2021年最新版】Instagram広告の種類とその特徴、利用シーンを解説

Instagram広告の配信の仕組み

広告オークションにより表示する広告が決まる

Instagram広告の費用の決定方法を理解するために、まずはInstagram広告が配信される仕組みから知っておくことが重要です。

Instagram広告では、どの広告が表示されるかが広告オークションによって決定します。あるユーザーに広告を表示できる機会が生じると、そのユーザーをターゲットとして含んでいる広告主同士が競い合い、ユーザーと広告主の両方にとって価値の高い広告が選ばれます。

オークション結果が決まる要素

Facebookのプラットフォームでは、価値の高い広告を以下の要素から判断しています。

  • 入札価格:広告主がその広告を表示させるために支払う意思のある金額
  • 推定アクション率:ユーザーがその広告に反応したり、その広告を経由してコンバージョンに至ったりする可能性を示す推計値
  • 広告品質:広告を表示または非表示にしたユーザーからのフィードバックや「低品質とみなされる広告の特徴」の要素などをもとに判断された品質の指標

そもそも広告オークションに勝利して広告を表示できなければ、コンバージョンが生まれず成果に繋がらないので、これらの3つの要素を考慮して広告を作成しましょう。

Instagram広告の3つの課金対象

Instagram広告には「CPM課金」「CPC課金」「ThruPlay」の3つの課金対象があり、対象となるイベントが発生すると料金が発生する仕組みとなっています。キャンペーンの設定時に選択する「キャンペーンの目的」によって利用できる課金対象は異なります。

Instagram広告の各配信面では以下のキャンペーンの目的が選択できます。

目的 内容 フィード ストーリーズ 発見 IGTV
ブランドの認知度アップ ブランドや商品の認知度を高めるため、広告を記憶す可能性の高いユーザーへ広告を表示
リーチ 予算内でターゲットオーディエンスのできるだけ多くのユーザーに広告を表示
トラフィック ユーザーがWebサイトやアプリなど任意のURLにアクセスするよう誘導
エンゲージメント いいね!やコメント、クーポンの利用などエンゲージメントする可能性の高いユーザーに広告を表示
アプリのインストール ユーザーをApp StoreやGoogle Playストアに直接誘導
動画の再生数アップ 動画の内容に関心が高く、長く視聴する可能性が高いユーザーに広告を表示
リード獲得 広告主のビジネスに関心の高いユーザーにニュースレター登録などを促して連絡先を取得
メッセージ Messengerで潜在顧客や既存の顧客とコミュニケーションを取り関心を高める
コンバージョン Webサイト、アプリ、Messenger上で商品購入などの特定のアクションを促す
カタログ販売 カタログを掲載し、ユーザーごとに適切な商品を自動で宣伝
来店数の増加 実店舗への来店と商品購入を促す

参照:Facebook for Business|ビジネスヘルプセンター『Instagram広告の目的』

ただし、初めてInstagram広告を配信する場合は、そのアカウントの信頼性を判断する目的から、CPM課金しか利用できないので注意してください。

CPM課金

CPM(Cost Per Mille)課金はインプレッション課金とも呼ばれ、広告が表示されるごとに料金が発生する仕組みです。Facebookの広告配信システムでは、基本的にCPM課金が利用されます。

効率良く広告を表示させるよう最適化されるため、リーチを増やして認知度をアップさせたい場合に特に効果的です。

CPC課金

CPC(Cost Per Click)課金はクリック課金とも呼ばれ、広告がクリックされると料金が発生する仕組みです。どれだけ広告が表示されても、クリックされるまでは課金対象になりません。

広告をクリックしてくれる可能性の高いユーザーに配信されるため、潜在顧客にアプローチして商品購入に繋げたい場合に効果的です。

ThruPlay

ThruPlayは動画広告が15秒以上視聴された場合、または15秒未満の動画の場合は最後まで視聴された場合に料金が発生する仕組みです。

動画の再生回数を増やし、認知度アップに繋げたい場合に効果的です。

参照:Facebook for Business|ビジネスヘルプセンター『ThruPlay』

Instagram広告の費用の決定方法

Instagram広告では広告主が事前に予算を設定し、その予算内で最大限のパフォーマンスが得られるよう広告が最適化されます。予算を超える金額が請求されることはありません。

最終的に支払う料金は、「合計消化金額」または「獲得した各結果の単価」により決定します。

合計消化金額

合計消化金額は予算の設定によってコントロールします。予算はキャンペーンまたは広告セット単位で設定でき、予算が大きいほど多くのユーザーにリーチできます。

キャンペーン・広告セットのどちらで予算を設定した場合でも、1日の予算か通算予算かを選択します。1日の予算は掲載期間中に1日あたりで消費したい平均金額、通算予算は掲載期間全体で支払うことのできる上限金額を示します。

また、消化金額の調整方法として、アカウントの上限予算・キャンペーンの上限予算の設定も可能です。上限予算を設定することで、想定以上の高額の請求が発生することを防ぎます。

以下では、キャンペーン予算と広告セット予算についてそれぞれ詳しくご説明します。

キャンペーン予算

キャンペーン予算設定

キャンペーンの設定時に「キャンペーン予算の最適化」をオンにすると、キャンペーン全体の予算を設定できます。キャンペーン内で最小のコストで最大のパフォーマンスが得られるよう最適化されるため、成果の高い広告セットがリアルタイムに判断されて多くの予算が配分されます。

初めてInstagram広告を配信する、Instagram広告の管理に工数をかけられないなど、手動での予算のコントロールを減らしたい場合に利用すると良いでしょう。

広告セット予算

広告セット予算設定

個々の広告セットに予算を設定することでより詳細に配信をコントロールします。

広告セットごとにオーディエンスサイズが異なるなど、広告セット内の要素に大きく違いがある場合は、広告セット予算を設定することでキャンペーン全体の広告配信をコントロールしやすくなります。

参照:Facebook for Business|ビジネスヘルプセンター『予算について』

結果の単価

結果の単価は入札戦略によってコントロールします。入札戦略では、ブランドの認知度アップや商品の購入など、広告の目的を達成するためにどのように予算を利用して入札を行うかを決定します。「消化金額に基づく入札」「目標に基づく入札」「手動入札」の大きく3カテゴリ、全部で5種類に分けられ、キャンペーンの目的によって選択できる入札戦略は異なります。

入札タイプ 入札戦略 特徴 利用シーン Facebookビジネスヘルプセンター
消化金額に基づく入札 最小単価 予算を消化しつつ、最大限の成果が得られるよう最適化

注意点:CPAは厳密にコントロールされないため、オークションの競争度により変動する可能性あり

・単価を気にせず最大の成果を獲得したい場合
・CPAや費用対効果の目標が明確に定められていない場合
『最小単価について』
バリュー最大化 予算を消化しつつ、最も価値の高い(購入金額の高い)広告に重点を置き、広告費用対効果(ROAS)を最大化

注意点:
・CPAが高騰する可能性がある
・コンバージョンイベントをトラッキングするピクセルまたはSDKの設定が必要

・商品ごとに販売価格が異なる場合
・コンバージョン数だけでなくコンバージョン値も重視したい場合
・購入金額を高めたい場合
『バリュー最大化について』
目標に基づく入札 平均目標達成単価上限 目標とする購入単価を平均目標達成単価上限として定めることで、その金額を超えないようにしながら成果を最大化

注意点:
・情報収集期間が他の入札戦略より長くなる可能性がある
・単価上限が低すぎると配信ボリュームが著しく小さくなる可能性がある

・CPAの目標が明確な場合
・コンバージョン数よりもCPAを重視したい場合
『平均目標達成単価上限について』
最小ROAS (広告費用対効果) 設定した広告費用対効果(ROAS)以上の成果を得られるよう調整される

注意点:
・設定したROAS値は必ずしも保証されるものではない
・ROAS値を高く設定しすぎると配信ボリュームが減り、予算を消化しきれない可能性がある
・コンバージョンイベントをトラッキングするピクセルまたはSDKの設定が必要

・商品ごとに販売価格が異なる場合
・費用対効果の目標が明確な場合
・購入金額を高めるために詳細に管理したい場合
『最小ROASについて』
手動入札 入札価格上限 Facebookによる動的な入札調整ではなく、すべてのオークションにわたって広告主が手動で入札価格上限を設定する

注意点:
・CPAはコントロールされないため、頻繁に入札価格の変更が必要
・配信ボリュームが制限されるため、機会損失が発生しやすい

・オークションで入札できる金額をコントロールしたい場合 『入札価格上限について』

参照:Facebook for Business|ビジネスヘルプセンター『入札戦略について』

Instagram広告の支払い方法

Instagram広告の支払い方法を設定するには、プロフィールの「設定」から「ビジネス」を選択し、「広告の支払い」から「支払い方法」に入ります。以下の支払い方法を利用できます。

  • Facebook広告アカウント:FacebookページとInstagramビジネスアカウントをリンクしている場合、Facebook広告アカウントから支払いをすることができます。Facebook広告アカウントでは、次の3つの支払い方法から選択できます。
    • American Express・JCB・Mastercard・Visaのクレジットカードまたはクレジット機能付きデビットカード
    • PayPal
    • オンライン銀行振込(手動決済)
  • クレジットカードまたはデビットカード:広告設定の最後にカード情報を追加することで、支払い情報として保存されます。
  • PayPal:InstagramアプリからPayPalにログインして支払うことができます。

参照:Instagramヘルプセンター『Instagramアプリから広告料金を支払う』

費用対効果を高める5つのコツ

Instagram広告の料金が決定する仕組みを解説してきましたが、実際に予算や入札戦略を設定するとなると何を基準に設定すればよいのか迷ってしまう方も多いでしょう。そこで、予算や入札戦略を決める際におさえておきたい、費用対効果を上げるための考え方のコツをご紹介します。

オーディエンスサイズを考慮する

設定したターゲティングのオーディエンスサイズが小さいほど単価は高く、逆に大きいほど単価は低くなります。単価が高いと配信量が減ってしまうので、そもそもユーザーに広告を見てもらえなくなってしまいます。一方で単価が低いと配信量は担保できますが、関連性の低いユーザーにも配信されてしまう可能性があり、予算を無駄遣いすることに繋がります。
オーディエンスサイズと予算のバランスはしっかり考慮しておきましょう。

ターゲットと訴求内容の関連性を考慮する

広告オークションでは「入札価格」「推定アクション率」「広告品質」の3つの観点から価値の高い広告が判断されますが、「推定アクション率」と「広告品質」をもとに「広告の関連度」も測定されます。ターゲットオーディエンスと広告の内容の関連性が高いほど、少ない費用で大きなパフォーマンスを得られることが分かっているので、適切なターゲティングを設定できているか見直してみてください。

広告の関連度は、Facebook広告マネージャから確認することができます。管理画面の右上から「列」をクリックして「列をカスタマイズ」を選択すると、列に加える指標をカスタマイズできます。広告関連度を測る指標として「品質ランキング」「エンゲージメント率ランキング」「コンバージョン率ランキング」を確認できます。

広告関連度診断の確認方法

また、広告の配信目的やユーザーのInstagram利用動向に応じてフォーマット・配信面を使い分けるとさらに効果を高めることができます。例えば、新商品の認知を広げたい場合はリアルタイム性の高いストーリーズ、商品購入を促したい場合は時間をかけて閲覧される可能性の高いフィードを利用すると良いでしょう。

目的に応じた予算設定をする

認知拡大を目的とする場合、より多くのユーザーにリーチできるよう配信量を確保するためには大きな予算が必要です。一方コンバージョン数の最大化を目的とする場合、リーチが多くなくても関連性の高いターゲット層に配信できれば、低予算でも成果を期待できます。目的を明確にした上で、その目的の達成を見込めるだけの十分な予算を設定することが重要です。

Facebookの広告配信システムでは、広告主の広告と関連性の高い最適なユーザーを見つけるために、予算は5ドル以上、期間は6日以上で開始することが推奨されています。(参照:Facebook for Business|ビジネスヘルプセンター『Instagram広告の予算を設定する』

配信前にシミュレーションする

Instagram広告では、広告セット内のターゲティングを設定すると、オーディエンスサイズやリーチ数、アクション数の推定値をシミュレーションすることができます。

配信シミュレーション

設定する予算によって結果の推定値は変わるので、1ユーザーの獲得もしくは1アクションの獲得にどれだけの費用が必要かを試算しておくとよいでしょう。ある程度の獲得単価を把握したら、そこに目標とする獲得数をかけ合わせることで適切な予算を割り出すことができます。

スピーディにクリエイティブを変更する

Instagramはビジュアル要素の強い媒体なので、広告においてもクリエイティブが非常に重要です。配信を行う中で成果の低いクリエイティブがあればすぐに削除したり、変更したりできる体制を整えておきましょう。予算や入札価格の調整ももちろん重要ですが、効果測定を行ってスピーディにクリエイティブを入れ替えることも費用対効果の向上に繋がります。

コツを掴んで費用対効果を高めよう

Instagram広告は自由に予算設定ができ、目的に応じて入札戦略を選択できるので、少額でも大きなパフォーマンスを期待できます。コツを掴んで適切な予算設定をし、PDCAを回しながら費用対効果を高めていきましょう。

こちらの資料では、Instagram広告のブランディング目的での施策設計、最新の広告メニューとその活用方法、事例などを詳しくご紹介しています。
~ブランディングに繋がる!Instagram広告活用方法と成功事例~
ブランディングに繋がる!Instagram広告活用方法と成功事例

記事の関連タグ

こちらの記事もおすすめ

Webマーケティングにお困りの際は
お気軽にご相談ください