1. HOME
  2. すべての記事一覧
  3. SNS
  4. Instagramショッピング機能(Shop Now)を導入しよう!設定方法やメリット、広告配信まで

Instagramショッピング機能(Shop Now)を導入しよう!設定方法やメリット、広告配信まで

2021年10月20日

  • twitter
  • facebook
  • はてB!

Instagramショッピング機能(Shop Now)を導入しよう!設定方法やメリット、広告配信まで

本記事では、Instagramショッピング機能のメリットやデメリット、始め方を解説します。ショッピング機能を使ってこれまでリーチできていなかった層の獲得を目指しませんか?

Instagramのショッピング機能を使ってみたい企業さん必見です!

Instagramショッピング機能(Shop Now)とは?

Instagramのショッピング機能とは、タグ付けと同じように投稿にタグとして追加することができ、そのタグからショップのECサイトに飛ぶことができるものです。

Instagramショッピング機能

ショッピング機能を使ってタグ付けをすると、画像の左下にバッグのマークが付きます。タップするとその商品の名前や価格が表示され、タップするとサイトに遷移するのでそのまますぐに購入まで行えます。

ただし、アカウントの設定や審査を受ける必要があるためすぐに始めることはできないことに注意してください。

商品ラインナップが多い場合や、Instagramでの購買促進施策により力をいれていきたい企業さんはぜひ導入してください。特にファッションや美容系商材はInstagramとの相性も良いのでおすすめです。

ショッピング機能の始め方

今回はわかりやすく以下6つの手順でご説明します。

  1. Facebookページを作成する
  2. InstagramビジネスアカウントをFacebookページに紐付ける
  3. Facebookページにショップタブを追加する
  4. ビジネスマネージャでカタログを作成する
  5. InstagramアカウントとFacebookカタログを連携させる
  6. インサイトを使って分析する

それぞれ詳しくご説明していきます。

Facebookページを作成する

ショッピング機能を使うには、Instagramアカウントをビジネスアカウントに切り替えなければいけません。ビジネスアカウントを利用するには、事前にFacebookページの作成が必須です。Facebookページの作成ページから表示画面に従って設定・作成してください。

InstagramビジネスアカウントをFacebookページに紐付ける

まずは、Instagramアカウントをビジネスアカウントに移行します。こちらの記事を参考に移行してみてください。
誰でも簡単!Instagramビジネスアカウントの作り方

ビジネスアカウントに移行したら、Instagramのプロフィールから「プロフィールを編集」を選択して、Facebookページをリンクさせてください。

Facebookページにショップタブを追加する

Facebookページにショップタブを追加するには以下の手順で設定します。

  1. Facebookページの「設定」から「テンプレートとタブ」を選択し「ショップ」をオンにする
  2. ホームから「ショップ」を選択し「コマースマネージャ」に移動する
  3. 連携させるFacebookページやビジネスマネージャを選択し、カタログ名を設定する

ビジネスマネージャでカタログを作成する

ビジネスマネージャでカタログを作成し商品を登録します。

  1. ビジネスマネージャのホームから「コマース」「カタログ」「商品」を順に選択する
  2. 「手動で追加」「一括アップロード」などアイテムの追加方法を選択する
  3. 画像、タイトル、説明、ウェブサイトリンク、価格など、追加したい商品の情報を設定する
  4. 在庫やバリエーションの情報を設定する

InstagramアカウントとFacebookカタログを連携させる

カタログを作成できたら、最後にInstagramアカウントとFacebookカタログを連携させます。

  1. カタログマネージャから「Instagramショッピング」を選択し、「Instagramビジネスプロフィールをリンクする」から「プロフィールをリンク」を選択する
  2. 連携したいアカウントを選択する
  3. Instagramアカウントの「設定」から「ビジネス」「ショッピングに登録」を順に選択する
  4. 「審査を申請」を選択する

審査があるため数日程度待つ必要があります。

インサイトを使って分析する

投稿の様々なデータがわかるインサイトですが、ショッピング機能を始めると見られるインサイトも変わってきます。製品ビュー数と購入リンクのクリック数が確認できるようになるので、ショッピング機能によりECサイトへの遷移が増えているかどうか分析してみてください。

Instagramインサイトについて、詳しくはこちらの記事もご確認ください。
Instagramインサイトの見方と分析方法をまるっと解説!

Instagramショッピング機能のメリット

集客効果が期待できる

ショッピング機能を導入することで今までなかった購入販路が増えます。露出も増えるため売上向上が期待できます。

投稿からECサイトへ直接飛べる

気になった投稿があったら 、すぐそのサイトに飛ぶことができ、購入まで簡単にできます。調べる手間がかからないことでユーザーの負担を減らすことができます。

無料で使える

ショッピング機能を始めるのは無料です。そのため気軽に始められ、無料で集客が可能です。

広告出稿が可能

Instagramショッピング機能を活用した広告出稿が可能なため、認知拡大に繋げることもできます。

Instagramショッピング機能のデメリット

設定が複雑

Facebookページの登録からビジネスアカウントに切り替えまで様々な工程があり、手間がかかります。

メンテナンスが必要

設定をするだけでなく、投稿の仕方や世界観が統一されているかを分析し、PDCAを回していく必要があります。

Instagramショッピング機能の広告

種類・配信面

配信できる場所は2つで、フィードと発見タブです。

要件

広告のフォーマットは3つで、1枚の画像、カルーセル、動画のいずれかが使用可能です。

設定

Facebook広告マネージャで設定が可能です。

キャンペーンの目的を「リーチ」「認知拡大」「投稿のエンゲージメント」「トラフィック」「コンバージョン」のいずれかに設定してキャンペーンを作成します。

広告セットのターゲティングは普段通りに設定し、配置はInstagramのフィードが必須となっています。

Instagram ショッピング機能を活用している企業アカウント

アルペン公式インスタグラム(@alpen_women)


女性向けのスポーツブランドです。主に自社ブランドでのコーディネートを紹介しています。世界観を統一した投稿が特徴です。

ORIHICA(@orihica_official)

この投稿をInstagramで見る

ORIHICA(@orihica_official)がシェアした投稿


男女向けのスーツブランドです。主に自社ブランドでの新商品紹介を行っています。スタッフさんの着こなし投稿がユーザーに寄り添った内容となっており人気です。

ショッピング機能でスムーズに購買促進しよう

今回は、Instagramのショッピング機能の始め方をご紹介しました。

ショッピング機能ができたことにより、新たなInstagramからの流入経路ができました。ユーザーにストレスなく、Instagramからの購買促進のできる機能です。

現在ユーザーの購買行動とInstagramが非常に強い繋がりがあるとされているので、ECの売上向上の1つの手段としてショッピング機能を利用してみませんか?

~新機能を活用した最新版Instagramマーケティングの手法~
新機能を活用した最新版Instagramマーケティングの手法

この記事を書いた人

木下楽

木下楽

ソーシャルメディアマーケティング事業部コミュニケーションデザイン部

2021年新卒入社。学生時代はポータルサイトのセールス&マーケティングの部署で活躍。趣味はストロングゼロを飲むこと。

記事の関連タグ

こちらの記事もおすすめ

Webマーケティングにお困りの際は
お気軽にご相談ください