1. HOME
  2. すべての記事一覧
  3. SNS
  4. TikTok企業アカウントの作り方と参考にすべき5つの会社を紹介

TikTok企業アカウントの作り方と参考にすべき5つの会社を紹介

公開日:2022年07月05日

最終更新日:2022年10月27日

  • twitter
  • facebook
  • はてB!

TikTok企業アカウントの作り方と参考にすべき5つの会社を紹介

TikTokで企業アカウントを作って社内で運営してみませんか?当記事では「TikTokで企業アカウントを開設するメリット」と「TikTokの企業アカウントの作成方法」と「参考となる企業アカウント5社(=事例5つ)」をご紹介いたします。

加えてTikTokは広告を出稿することもできるSNSです。現段階でアカウントを成長させるための十分な時間が確保できず、とはいえTikTokでの素早い成果を求めておられる企業様はTikTok広告完全ガイド┃基本知識がわかる解説記事というTiktok広告解説記事をご確認ください。

※当オウンドメディア「GrowthSeed」を運営します株式会社フルスピードの『Tiktok売れ攻略2022~超最新Tipsまとめ~』は以下バナーから無料DLできます。
【無料DL】『TikTok売れ攻略2022~超最新Tips~』を受け取る
「TikTok売れ」攻略2022~超最新Tipsまとめ~

目次

TikTokで企業アカウントを運用するメリット5

TikTok企業アカウントの運用メリット5

上図の通り、TikTokでの企業アカウント運営メリットは5つ(運用コスト/動画作成効率/AIアルゴリズム/リーチ年齢層/先行者優位)挙げられます。ではこれ以降で1つずつ解説します。

アカウント運用コストがかからない

一般アカウントもビジネスアカウントも無料で利用できる(TikTokで企業アカウントを運営するメリットその1)

TikTokアカウントの運営にはコストはかかりません。のちに説明しますが、一般アカウントでもビジネスアカウントでも無料で利用できます。
コストが必要となるのはTikTok広告を配信する場合で、純粋なTikTokアカウントの運営では料金がかからないのでメリットです。

簡単にハイクオリティの動画が作れて配信できる

動画の撮影→編集→配信が簡単かつ高品質に一連で作れる(tiktokで企業アカウントを運営するメリットその2)

TikTokならアプリを立ち上げて動画撮影→動画編集→動画配信まで一連の流れを済ませることができ、また豊富なエフェクトや多彩な楽曲を自由に追加できるためハイクオリティな動画を簡単に配信できます。動画編集ソフトを利用せずTikTok内で編集できてしまうのは非常に作業効率が良く、さらに編集機能が直感的で操作しやすくメリットです。

TwitterやYouTubeなどの代表的な他SNSだと別動画編集ソフトで編集する必要がありますが、TikTokならそれが必要ありません。もちろん、しっかりと編集した動画をアップロードして配信することも可能です。

投稿動画が共有されやすいシステムが搭載されている

優れたAIアルゴリズムによって興味関心を持つ視聴者に配信が届きやすい(TikTokで企業アカウントを運営するメリットその3)

TikTokのアプリを立ち上げるとまず「レコメンド画面」が表示されますが、このレコメンド画面は優れたAI機能によりTikTok視聴者の趣味嗜好を加味した動画が表示されるようになっています。

投稿動画と視聴者のマッチング機能がシステム化されていることで、TikTok視聴者1人1人の趣味嗜好にマッチする投稿動画がそれぞれに再生されるため、その動画が持つ魅力に気付かれやすい環境がTikTokにはあります。TikTokのレコメンドシステムの仕組みはTikTok公式ページでも解説されています。

→【TikTok公式】TikTokが「おすすめ」に動画をレコメンドする仕組み

10代、20代の若年層から40代まで幅広くリーチできる

Z世代に広く配信できるだけでなく40代も幅広く配信できる(TikTokで企業アカウントを運営するメリットその4)

若年層である10代、20代から人気となったTikTokも今や広い年齢層に利用されており、年齢問わず幅広くリーチすることができるSNSとなりました。特にZ世代と呼ばれる10代~20代に向けて情報配信できるのは他SNSと比較してもTikTokの大きな特徴と言えます。

2022年7月現在もTikTok利用者は世界でも国内でも増加中であるため、今後のリーチ数も増加すると予想できます。

まだ利用している企業が少なくチャンスが多い

TikTokをビジネス利用する企業が少ない→先行者う優位のポジションを取れるのは今(TikTokで企業アカウントを運営するメリットその5)

instagram、Twitter 、YouTube、Facebookなどの代表的なSNSと比較するとTikTokを利用する企業アカウントは多くないため、先行者優位を獲得できるフェーズでありチャンスが多いです。

「TikTok売れ」という言葉が2021年に話題となったように、TikTokを起点とした商品人気の高まりが発生する事例が増えています。先行者優位の観点からライバル企業との差別化を図る戦略を立てやすいのが今のTikTokです。

→【参考記事】「TikTok売れ」が起きる理由は?どんな商品が売れるか┃成功事例

運用方法は”一般アカウント”または”ビジネスアカウント”から選ぶ

Tiktokの一般アカウントとビジネスアカウントの違い

TikTokで企業アカウントを運営する方法には一般アカウントで運営する方法とビジネスアカウントで運営する方法の2種類あります。

気軽に会社の認知活動をしたいなら「一般アカウント」がおすすめ

一般アカウントは「認知目的」で利用するのにおすすめです。これは単純に一般アカウントを企業アカウントとして運営するだけの方法です。例えば視聴方法に慣れていて配信経験もそれなりにあるTikTokユーザーが社内従業員として存在する場合、その従業員の意見を聞きつつ一般アカウントを利用して企業情報の配信をスタートすれば気軽にアカウント運用を開始できるはずです。

一般アカウントなら利用できる楽曲に制限がありません。これは一般アカウントの最大の魅力と言えるでしょう。実はビジネスアカウントでは商用利用できない楽曲が使えなくなるため流行の音楽を利用できない制限がかかることがあります。その点、一般アカウントでは制約なく楽曲が利用できるため、旬な楽曲を自由に使って共感される動画が作りやすいメリットがあります。

ただし一般アカウントは投稿動画の分析ツールが利用できません。動画分析ツールが利用できないデメリットを強く感じる場合は企業アカウントで運営すると良いでしょう。

動画分析データや企業情報やアカウントカテゴリーを利用したいなら”ビジネスアカウント”がおすすめ

投稿動画の分析データが確認できる

TikTokのビジネスアカウントならデータ分析できる
引用:https://tiktok-for-business.co.jp/archives/5907/

ビジネスアカウントなら一般アカウントでは分析できない動画パフォーマンスのデータをリアルタイムで表示することができます。確認可能な分析内容は以下の通りです。

【投稿動画の分析】
・合計再生時間
・合計視聴回数
・平均視聴回数
・トラフィックソースの種類
・視聴者の所在地(国別)

【インサイト分析】
◆概要◆
・動画の視聴数
・フォロワー数の増減
・プロフィールの表示回数

◆コンテンツ◆
・動画投稿(直近7日間に投稿したコンテンツ)
・人気急上昇中の動画

◆フォロワー数◆
・フォロワーの属性(フォロワー数100人以上から利用可)

プロフィール情報の追加ができる

Tiktokのプロフィール追加機能
引用元:https://tiktok-for-business.co.jp/archives/5907/

プロフィールの追加で自社のオウンドメディアURLをTikTokに表示することができます。被リンク対策にもなるためSEO的にもビジネスアカウントを利用するメリットは高いです。

アカウントのカテゴリーを選択できる

ビジネスアカウントならアカウントのカテゴリーを指定できるため、TikTokで企業アカウントを狙ってブランディングするのに役立ちます。自身のアカウントがカテゴライズされることでレコメンド画面での動画再生アルゴリズムにも反映され役立つのではないかと推測します。

ビジネスコンテンツガイドでノウハウ学習できる

Tiktokのミュージックライブラリ画面
引用元:https://tiktok-for-business.co.jp/archives/5907/

ビジネスコンテンツガイドで動画作成のノウハウを学習できることも大きなメリットです。ビジネスコンテンツガイドではビジネスアカウントに関連する優れたTikTokコンテンツの作り方が学習できます。動画テーマの決め方や撮影のコツなどポイントを押さえた解説を確認することができます。

商用楽曲ライブラリーが利用できる

Tiktokのミュージックライブラリ画面
引用元:https://tiktok-for-business.co.jp/archives/5907/

ビジネスアカウントなら商用楽曲ライブラリーを利用でき、楽曲の利用可否を毎回確認する必要なくストレスフリーで楽曲選択できます。一般アカウントでは商用利用できない楽曲も利用でき自由度が高いのがメリットですが、TikTokで企業アカウントを抜け目なく運用したいと考えた場合、商用利用できない楽曲を自動排除してくれている商用楽曲ライブラリが利用できることはメリットとなりえます。
商用楽曲ライブラリは広告主による著作権侵害を避けるために設置された機能で一般アカウントでは利用できないツールとなっています。

結局、一般アカウントとビジネスアカウントどちらが良い?

【Tiktok】利用目的に適したアカウントを利用しよう

例えばオウンドメディアのURLをTikTokアカウントに載せたり、TikTok広告も利用して集客したり商品販売することが今後想定されるのであればビジネスアカウントの利用にメリットが高いです。

つまり、TikTokマーケティングやコンテンツマーケティングの考え方からTikTokを利用する場合はビジネスアカウントでの運用がおすすめです。

対して、気軽な動画配信から会社認知を獲得したい場合は一般アカウントで運営するのがおすすめです。迷うならまず一般アカウントで運営してみましょう。ビジネスアカウントへの切り替えは簡単にできるので切り替えたくなった時に変更すれば良いと思います。

コンテンツマーケティングとはなんぞや?と疑問が浮かんだ方は以下の参考記事にて具体例を用いながら解説していますのでご確認ください。

→【参考記事】コンテンツマーケティングとは?成功事例から基礎知識と始め方を解説

それぞれのアカウント作成方法の解説

TikTokの一般アカウントの作り方

【TikTok一般アカウントの作成手順】
① Google PlayまたはApp StoreからTikTokをダウンロード
② アプリを開く
③ 画面右下の「プロフィール」をタップ
④ 登録方法を選択

上記の4手順を進めるだけで簡単にTikTokの一般アカウントが作成できます。

TikTokのビジネスアカウントの作り方

TikTokの一般アカウントを作成する

TikTokビジネスアカウントを作成するにはTikTok一般アカウントをまず作成する必要があります。一般アカウントの作成手順はさきほど説明した通りですので「TikTokの一般アカウントの作り方」をご確認ください。

TikTokのビジネスアカウントを作成する

tiktokのビジネスアカウントの作り方

【TikTokビジネスアカウントの作成手順】
①TikTokアプリ内の「プロフィール」の右上にある「…」をタップ
②「アカウント管理」をタップ
③「プロアカウントに切り替える」オプションから「ビジネス」を選択

お客様のビジネスに最適なカテゴリーを選択すると、カスタマイズされたコンテンツやイベント、ソリューションが使用可能となります。

※ビジネスアカウントは無料で設定可能です。

ビジネスアカウントから一般アカウントへの切り替えに関する注意点

下記の通り、一般アカウントとビジネスアカウントはいつでも切り替えることができ、操作も簡単です。ただし、注意事項もありますので注意して下さい。

【TikTokアカウント切り替えの注意点】
※今のビジネスアカウントからすべての機能へのアクセスが失われます。
※WebサイトURLやメールアドレスの表示がなくなります。

【ビジネスアカウントから一般アカウントへの切り替え手順】
①TikTokアプリ内の「プロフィール」の右上にある「…」をタップ
②「設定とプライバシー」をタップ
③「アカウント管理」をタップ
④「個人アカウントに切り替える」をタップ

5社のTikTok企業アカウントの参考例

三和交通株式会社

TikTokで大人気となった踊るタクシーおじさん(三和交通)
引用:https://tiktok-for-business.co.jp/archives/9373/

◆三和交通がTikTok企業アカウントで実現したこと
・取締役部長のダンス動画が話題になる
・TikTok経由で会社認知度を広げて他媒体でも認知度UP
・採用コストを削減しながら新卒採用に成功

三和交通のTikTok公式アカウントは「TikTok2021上半期トレンド」クリエイター部門にノミネートされ大きく話題となりました。

@sanwakotsu 一人で流行りに乗ってみましたが何か変じゃないでしょうか⁉️あああああ足が短かっただけか~#マンホールの上はダンスホール #三和交通 #毎日tiktok #踊るおじさん #fypシ ♬ オリジナル楽曲 – もりせいじゅ(足元におてもと)

動画内で取締役部長が音楽に合わせダンスしているのが特徴的です。取締役が企業アカウントでダンスを踊るギャップや、そのお茶目さがTikTokユーザーに受け入れられています。

企業アカウントは「堅い雰囲気」を感じがちですが、三和交通のアカウントから伝わってくるのは面白さです。会社はTikTokで得た認知度を有効活用し、採用活動費を減らしながら新卒採用を増やすことに成功しておられるようです。

大京警備保障株式会社

大京警備保障株式会社のTiktok企業アカウントの使用例
引用:https://tiktok-for-business.co.jp/archives/6755/

◆大京警備保障株式会社がTikTok企業アカウントで実現したこと
・TikTokアカウント開設から1年で9万7000フォロワー獲得
・TikTok認知がきっかけで求人サイトで会社検索→応募を受ける

大京警備保障株式会社のTikTok企業アカウントは1年で9万7000フォロワーを獲得しました。面白い動画やトレンド動画を投稿するために、参考とするTikTokerや「#(ハッシュタグ)」機能を活用してきたようです。

大京警備保障株式会社の従業員の平均年齢は50代と高い会社でしたが、TikTokの活用によって20代の人材採用を成功させました。

@dkykeibi_tokyo What is this character?#animegelsheet #anime #fyp #foryou ♬ オリジナル楽曲 – ららら


なかなか若い人を採用できずにいた大京警備保障株式会社は、若い人に警備業界の魅力を伝える方法を模索している中でTikTokでの動画配信を選択しました。湿布にアニメキャラを描き社長にリズムよく張り付けるショートムービーはシリーズ化され人気を博しています。

このような面白い動画を配信しながらも警備知識に関する動画を配信することで、TikTokユーザーの20代の方が求人サイトで指名検索する形で検索をかけ、結果として採用の実現に至ったとのことです。

三和交通とも類似しますが、TikTokで企業アカウントを作成し運用することで人材採用問題が解決できる期待が持てることが分かります。人材採用コストが捻出できず困っている会社様は大京警備保障株式会社のTikTok成功事例を参考にTikTokアカウントをまずは開設してみることをお勧めします。

ロート製薬株式会社

@rohtotiktok ついついケチっちゃう方いませんか?#スキンケア #化粧水 #プチプラスキンケア #美容 ♬ 曲 ver and lightly with popular music ver ver live performance acoustic – andoriki

◆ロート製薬株式会社がTikTok企業アカウントで行っていること
・自社商品使ったスキンケア対策動画を公開しつつ商品のアーカイブ化を実現
・自社の従業員のさわやかな空気感を動画の雰囲気で伝えている

ロート製薬株式会社のTikTokアカウントでは自社商品を使ったスキンケア動画を投稿しています。毎日のスキンケアのタメになる知識紹介の説明動画が揃えられ、実際に商品をどうやって使うと良いかが分かります。TikTok特有のショートムービー解説であることも「伝えたい内容をコンパクトにまとめやすい」という点でメリットです。

ロート製薬株式会社の企業アカウントでも従業員による動画が投稿されており、さわやかな会社の雰囲気を感じつつ商品説明の投稿も確認できます。会社全体のイメージをTikTok動画で感じてもらうことはポジティブな企業イメージの構築に繋がります。

株式会社ポケモン

@pokemon 1, 2, 3, 4… Say hello! 1, 2, 3, 4のリズムにあわせて登場! #1234ダンス #pokémon #pokemon #ポケモン #pikachu #ピカチュウ #eevee #イーブイ #piplup #ポッチャマ #obstagoon #タチフサグマ ♬ original sound – Davide Moccia

◆株式会社ポケモンがTikTok企業アカウントで行っていること
・現実世界とゲームの境目をなくすように現実世界でマスコットキャラクターを登場させ、自社コンテンツに対する没入感の強化に努めている

2022年現在、一番フォロワーが多いTikTok企業アカウントは株式会社ポケモンです。ポケットモンスターの初代ゲームソフトが発売されて20年以上経過した今もなお企業価値を高め続けている株式会社ポケモンもTikTokを利用しています。

社内オフィスで音楽に合わせてポケモン達があらわれる様子はゲームの世界からポケモンが飛び出してきたかのようなファンタジーさを感じさせます。

2022年に発売予定のポケットモンスタースカーレットとポケットモンスターバイオレットは3Dモデルを利用したバーチャル世界での遊技となるため、現実世界とゲーム世界の境目をなくして双方から楽しめるという意味でも、ポケモンマスコット使ったTikTok動画の配信は興味深い施策と言えるでしょう。

過去に話題となったキャラクターを有している会社様にとって参考となる企業アカウントだと言えます。

ANA(全日本空輸株式会社)

@ana_allnipponairways HONUがハワイに帰ってくる🐢✈️#allnipponairways #ana ##flyinghonu #a380 #モデルプレーン #ホヌ #ハワイ #ワイキキ #ワイキキビーチ #帰ってくる #honu #hawaii #waikiki #airplane #modelplane ♬ Surfin’ USA – Vital Fire

◆ANA(全日本空輸株式会社)がTiktok企業アカウントで行っていること
・飛行機を利用したくなる動画配信で将来的な商品購買意欲を高めている
・積極的な従業員の動画参加による会社ブランドの向上努力

ANA(全日本空輸株式会社)も積極的にTikTokを活用している会社です。ANAのTikTok企業アカウントでは「飛行機を利用していない人たちに飛行機を身近に感じてもらうための動画」が多く投稿されています。

「飛行機で旅行したい!」の気持ちになったり、従業員の朗らかな様子から企業のブランドイメージが良くなっていきます。現在はコロナウイルス問題によって飛行機利用意欲は減少傾向にありますが、このようなTikTok動画を配信することで将来的な商品購買意欲を高めることは可能です。

高い商品魅力を有しているにも関わらず、現環境によって購買行動が制限されている観光業や飲食業の参考となる企業アカウントと言えるでしょう。

【おまけ】Tiktok国内企業アカウントの人気ランキングTOP10

2022年7月現在のTiktok国内企業アカウントの人気ランキングTOP10(総フォロワー数)は以下の通りです。

企業名 総フォロワー数 総ハート数
1 Pokémon/ポケモン【公式】 2,600,000 人 17,900,000 回
2 DaikyoSecurityCompany/大京警備保障 2,500,000 人 58,500,000 回
3 sanrio 1,700,000 人 22,300,000 回
4 Sony Music 1,500,000 人 53,000,000 回
5 Tastemade Japan 1,500,000 人 52,600,000 回
6 ふるさとめぐり市【公式】 1,400,000 人 14,200,000 回
7 CCHANNEL 1,400,000 人 51,400,000 回
8 長崎バイオパークNAGA BIOPARK 1,300,000 人 20,000,000 回
9 TikTok Japan 1,200,000 人 7,300,000 回
10 テレ朝news【公式】 1,200,000 人 72,600,000 回

→引用元:User Local TikTok人気ランキング 国内企業総フォロワー

上記がTikTok企業アカウント人気ランキングTOP10となりますが、TikTok公式ページでも企業アカウントのまとめページが作成されています。企業アカウントを紹介するページとなっており、このページからの動画視聴回数も見込めるため、TikTokというSNS全体で企業アカウントの運営サポートに力を入れていることが理解できます。

このようにTikTok公式によるサポートページが用意されている環境かつ、未だ多くの企業アカウントが参入していない状況であることを加味すると、今この瞬間からTikTok企業アカウントを作成し運営するメリットは高いということをご理解いただければと思います。

TikTok企業アカウント 公式

【予備知識】TikTok企業アカウントでの失敗を防ぐ方法

TikTok企業アカウントで失敗を防ぐ方法5つ

一貫した目的とターゲティングを行って運営する

例えば「自社の従業員の何気ない毎日」を配信して会社認知を広げると決めたなら、このコンセプトを軸にして配信動画を決めると良いです。
明確なコンセプトを定めることで動画撮影のネタ探しに無駄がなくなります。また、御社の企業アカウントに対する視聴者の認識が固定化されることで動画のオチが期待して待てるようになると最後まで動画を視聴される可能性も高まります。

会社ならではの独自性を出して配信する

御社ならではの独自性があるとTikTok視聴者にとって印象に残るアカウントとして認識されます。これまでにご紹介しました5社の企業アカウントの配信スタイルを読み返すことで御社にとってどの配信スタイルなら独自性を出しつつ配信できそうかもう一度検討してみることをお勧めします。

毎日更新など継続的な配信をおこなう

毎日配信や特定の曜日、特定の時間帯に配信し続ける継続性はTikTokに関わらずSNS運営で重要です。ネタ切れせず、視聴者の興味も継続して引きつけられる更新頻度を探ってみましょう。

炎上対策を怠らない

自社のファンを増やす目的で始めたTikTokで炎上してしまうのは社内リソースを無駄にしているどころか会社のブランディングにも失敗しています。そうならないために、予め炎上しないためのTikTokアカウント運営ルールを設けておくべきですし、炎上した場合の対策も検討しておくべきです。

会社のブランド力低下になりうる動画投稿を防ぐための確認ルールは決めておくと良いでしょう。

無理をしない/力を入れすぎないこと

とはいえTikTok動画は無理をせず、力を入れすぎずに運営していきましょう。TikTok視聴者は面白さやホッとする瞬間を求めてアプリを開きます。
企業アカウントを運営すると思うとどうしても肩に力が入ってしまいますし、動画内容の選定も撮影も確認も時間をかけてしまいがちです。TikTokはSNSの中でもエンターテインメント要素の割合が高いSNSです。社内での通常業務で求められる規律性などと比較しながら運用するとどこかで行き詰まりになってしまうでしょう。

TikTok企業アカウントは通常業務と並行してを運用を求められるはずです。通常業務に差し支えない時間内で動画撮影し、編集し、配信を継続していくためにも、ある程度の気軽さを意識しながら運用してみましょう。

【+α】配信ルールを決めて社内外の炎上リスクに備えよう

TikTokで企業アカウントを運営する場合は社内外に限らず炎上リスクに気を付けましょう。というのもTikTokは他SNSと比較すると”抜け感のある動画投稿を求められる”ことが多く、企業アカウントであったとしても視聴者に共感してもらえるようなラフさを含んだ動画が好まれるため、どこまで企業としての緩さを表現して良いかの線引きが難しいためです。

TikTokは「”企業ブランドを維持”しながら共感を得られる動画を配信」する必要があります。そのため企業ブランドを維持するための社内配信ルール(=線引き)を明確にしておくことを推奨します。ルールのない動画配信を続けて社外で炎上する恐れもありますし、”運営方法の認識の相違”から社内で炎上することもありえます。

「どこまでなら砕けた配信をしても良いか、社外で炎上した場合にどう対処するか、社内従業員間での運営の温度感に差が生じた場合にどう対処するか」など、企業アカウントで運営した場合の炎上リスクを予め想定したうえで配信ルールを決定しておけば一定の不安要素が解消された状態で運営できるはずです。

TikTok企業アカウントをまず始めてみる!純粋に運営を楽しむことが重要!

まずは配信を楽しもう!自社にマッチすれば運営継続!

予備知識としてのリスク管理の話も挟みましたが、まずはTikTok運営を心から楽しみましょう。運営を楽しむことができれば動画ネタも見つけやすくなり訴求力の高い動画配信となるでしょう。当記事でご紹介した企業アカウントを参考にしながら魅力的なTikTok運営に挑戦してみてはいかがでしょうか。

最後にTikTok売れという現象についての解説記事を再度以下に残します。TikTok売れとは、TikTokの動画配信から商品の認知度が向上し爆発的に売れることを意味する言葉です。企業アカウントを運営しながら自社商品をうまく動画内で見せることでさらなるTikTokの恩恵を受ける可能性についても把握していただけたらと思います。

【TikTok売れについて分かる参考記事】
「TikTok売れ」が起きる理由は?どんな商品が売れるか┃成功事例

ここまでお読みくださりTikTok企業アカウントの育成に魅力を感じたものの、社内リソースの関係で長期的なアカウントの育成は困難であると判断された方にはTikTok広告の利用をお勧めします。TikTok広告であればアカウントを育成する必要なく御社サービスを”まだまだ成長過程であるTikTok”のアプリ内に投下することが可能です。

【TikTok広告について分かる参考記事】
TikTok広告完全ガイド┃基本知識がわかる解説記事(出し方・費用・利用メリットなど)

TikTok広告代理店をお探しならフルスピードにお任せください

TikTok運用代行は株式会社フルスピードにお任せください

また、弊社フルスピードではTikTokの運用支援サービスを提供しております。
弊社はこれまで20年間、SEO業務を中心とし、WebサイトのコンサルティングサービスやWebサイト制作サービス、インターネット広告サービスなど、幅広い範囲の業務を行ってまいりました。

「TikTokでの企業アカウント運営に興味はあるけどもっと具体的な方法が知りたい!」という企業様は以下バナーよりTikTok運用支援サービス資料を無料ダウンロードできます。ぜひ弊社TikTok運用支援サービスの内容をご確認下さい。

フルスピードのTikTok運用代行・TikTok広告運用代行のサービス案内はこちら
Tiktok運用支援サービス資料を配布中です

この記事を書いた人

矢野翔大

パチンコ遊技機開発者としてパチンコパチスロメーカーで8年間の業務を経たのち、2022年から株式会社フルスピードのオウンドメディア『GrowthSeed』のマーケティング担当として入社。"WEBサイト運営は商品開発である"というモットーのもと、自身が得意とするエンタメ思考を取り入れつつ日々マーケティング業務に取り組んでいる。趣味はキャリアそのままにWEBサイト運営、パチンコ、パチスロ、ゲーム。

記事の関連タグ
資料ダウンロード            
SNSの人気記事
           
SNSの新着記事
関連タグから記事を探す

Webマーケティングにお困りの際は
お気軽にご相談ください