MENU

MENU

なぜNAVERまとめはサービス終了したのか!?SEO視点で調べてみた

タグ:

NAVERまとめはなぜサービス終了したのか!?

NAVERまとめのサービスが終了

2020年7月01日にNAVERまとめ公式ブログ上で、11年間という長きにわたって稼働していたNAVERまとめサービスを終了する旨を発表。サービス終了理由については以下の通り掲載されていました。

”サービス環境・市場環境の変化による単独サービスとしての今後の成長性や、LINEグループ全体での選択と集中の観点などをふまえて検討した結果、今回の決断に至りました。”

そして、発表の通り2020年9月30日にNAVERまとめ公式サイト上にサービス終了を告知する画面に切り替わり、24時間限定の「最後のまとめ」と題して、NAVERまとめ11年の歴史を総括する内容がデータをもとに語られていました。

NAVERまとめの歴史とGoogleアルゴリズムの歴史2011~2017

  • 2011年

大幅リニューアルをされたと記されている2011年、この頃からGoogleではパンダアップデートと呼ばれるアップデートが始まりました。パンダアップデートは2011年2月に始まったのが1.0と言われる事がありその後も毎月の様にパンダアップデートは行われているとされていました。

  • 2012年

事業化・企業むけ公式まとめがリリースされるなど、便利なだけではなくビジネスとしても頭角を出していた(偉そうにすいません)と思われる2012年、Googleからは次々とアップデートがリリースされました。ベニスアップデート、ペンギンアップデート、パイレーツアップデート、ハミングバードアップデート・・・。これらの愛称で世界のSEOマーケッターから呼ばれるアップデートの数々は、同様の名前、趣旨で複数回行われる事もありました。

  • 2015年

月間PV・UBが最高記録(31億PV・7,562万UB)となった2015年は、Googleのアップデートもさらに新しい種類のものがでてきました。パンダアップデートももちろんのこと、RankBrainの導入、クオリティアップデート、モバイルフレンドリー
アップデート、インタースティシャルアップデート、HTTPS/SSLアップデートと、これまでのPC主体のインターネットからスマートフォン・モバイルによるインターネットが定着してきたことを明確に意識させるアップデートが行われた年でした。

  • 2017年

100%子会社であるネクストライブラリ株式会社へのNAVERまとめ事業の継承が行われた2017年。この年Googleでは日本語検索のアップデートと表されるアップデートがありましたが、これこそが当時NAVERまとめに代表されていたキュレーションサイトをターゲットにしたと言われるアップデートでした。さらにその後その当時問題視されていたインターネット上での病気・疾病などに関する誤った情報に対してのアップデート、通称健康アップデートも行われました。これらの出来事のタイミングを整理すると、日本語検索アップデートがなされたのが2017年2月3日で、NAVERまとめ事業継承は2017年の11月08日、そして健康アップデートは2017年12月06日に実装されました。

NAVERまとめの検索流入はその時どうだったのか 2016~2017

NAVERまとめの検索流入はそのアップデートの前後でどのように変化していたのかをAhrefs(https://ahrefs.jp/)を使って振り返ってみました。なお、あくまでもAhrefsによる外部からの分析になるため実測値ではないことをご容赦ください。

下のグラフはNAVERまとめへのを2016年1月1日から2017年12月31日までの検索流入数の推移です。これを見る限りNAVERまとめは2017年には昨対比で圧倒的な検索流入を伸ばしており、一瞬2月に落ち込みをみせるもののその後回復。その後8月ごろからやや流入に下落、変調が起きてはいるが全体としては依然圧倒的な検索流入を得ているのがわかります。

2017年8月の自然検索流入は「2,586,020,458」。桁が多くてよくわからないのですが月間25億という凄い数字ですね。

naverまとめ自然流入数2016-17

NAVERまとめの歴史とGoogleアルゴリズムの歴史2018~2020

  • 2018年

さて、NAVERまとめの歴史で唯一何も記載が無い年である2018年、ついにGoogleからはコアアルゴリズムアップデート、そしてスピードアップデートが実施されました。この頃からGoogleではアルゴリズムはかつての様に定期的なメンテナンス、という感じらから常時改善が進み、4半期に一度大きなコアアルゴリズムアップデートがなされるような体制に移行していきました。

  • 2019年

NAVERまとめでは企業向け機能がリリースされた2019年、Googleでは検索結果の多様性をさらに推し進めるとされるダイバーシティアップデートの実施、そして最先端の自然言語処理BERTアップデートが実施さたといわれています。BERTアップデートにより従来のキーワード対策は陳腐化の一途をたどり、よりユーザにとって意味のあるコンテンツへの評価がされるようになる、いわゆるインテント理解が進むとされています。

  • 2020年

そしてNAVERまとめの歴史が終わる2020年、Googleではやはりコアアルゴリズムアップデートが1月、5月など想定される4半期ごとにほぼ予定通りに行われつつ、さらに新型コロナウィルスに対しての対応も同時に進みました。なおコアアルゴリズでの変動が大きいのは常にYMYLと呼ばれる領域が影響を高く受ける傾向がずっと続いており、新型コロナウィルスに関する対応を鑑みても、Googleがいかにユーザの健康や人生を左右しかねないお金に関する情報という点に注力しているかがわかります。

NAVERまとめの検索流入はその時どうだったのか 2018~2020

そんな激動の2017年から2020年9月30日その時までの検索流入をAhrefsで振り返ってみました。以下のグラフを見ていただければ一目瞭然ですが、驚くほどわかりやすく右肩下がりの状態でした。この直前である2017年こそがSEO的な視点からでみればNAVERまとめのピークの年であり、やはりキュレーションサイトをターゲットにしたGoogleアップデートや健康アップデートと言われるGoogleのアルゴリズ変更が大きくサイトの趨勢に影響を及ぼしたと言えます。それと同時に事業継承のタイミングももしかしたらこの未来を見据えた非常にスマートな戦略の一貫だったのかなとも邪推できます。

naverまとめ自然流入数2018-20

2018年のコアアルゴリズムアップデートは8月1日
2019年のコアアルゴリズムアップデートは3月12日、6月3日、9月24日
2020年のコアアルゴリズムアップデートは1月14日、5月4日、8月11日

NAVERまとめに流入するキーワードで人気なのは?

検索流入推移を数字で追ってきましたが、ここからは具体的なキーワードについて掘り下げてみます。いったいどんなキーワードで流入を得ていたのか、2020年9月30日時点でのAhrefs調査結果を“まとめ”てみました。

検索流入トップ10キーワード

そもそも7,600,000件ものキーワード流入が2020年9月30日時点でも検知できたNAVERまとめなので、TOP10合計でもその内訳としてはわずかですが、NAVERまとめの凄さの片鱗として先ずはまとめてみました。

No キーワード 順位 月間検索ボリューム 月間流入数
1 あけましておめでとう いつまで 1 136,000 73,184
2 naverまとめ 1 100,000 63,505
3 twitterまとめ 1 57,000 50,596
4 ふたばけっと 1 64,000 44,015
5 なんj 7 1,110,000 38,723
6 野獣先輩 1 104,000 35,001
7 matome 2 185,000 33,555
8 ツイッターまとめ 1 40,000 30,779
9 なんj 8 1,110,000 28,268
10 恒心教 1 58,000 27,348

第1位は意外な、というかあまり意識したことすらないキーワードでしたが「あけましておめでとう いつまで」というキーワードでした。それ以外はいわゆるまとめサイトやウェブ上でのミームなどがランクインしているという結果になりました。
どちらかというと芸能に関連するネタが多いのかなという勝手な思い込みがありましたが、流入数のランクだけみると、どうやらそんなことはなく、まとめサイトをみたい!というもう少し漠然としたインテント、ニーズが強かったようです。

検索流入トップ10ページ別キーワード

つづいてもAhrefsの機能を使って検索流入が多いコンテンツ単位でのランキングと、その各コンテンツへの流入に最も貢献しているキーワードみてみましょう。

No 検索流入数 流入キーワード数 URL(記事) トップキーワード 月間検索ボリューム 順位
1 232,524 498 https://matome.naver.jp/ naverまとめ 100,000 1
2 144,106 163 https://matome.naver.jp/odai/2147989402704460601 twitterまとめ 57,000 1
3 78,063 2,240 https://matome.naver.jp/odai/2146061673118762301 youtube 保存 317,000 5
4 74,089 165 https://matome.naver.jp/odai/2137494378360558601 naver twitter 27,000 1
5 73,348 18 https://matome.naver.jp/odai/2135736556989243101 あけましておめでとう いつまで 136,000 1
6 62,891 174 https://matome.naver.jp/odai/2155747668812956701 twitter おもしろ 12,000 1
7 62,880 392 https://matome.naver.jp/odai/2151472830618771501 なんj 1,110,000 7
8 58,212 258 https://matome.naver.jp/odai/2136291800023508001 twitter naver 21,000 1
9 52,494 147 https://matome.naver.jp/odai/2157493181188522401 ヨドバシ福袋 23,000 1
10 46,608 29 https://matome.naver.jp/topic/1M8zb なんj 1,110,000 8

この機能は特定のページごとにどれだけの自然検索流入があるのか、その流入しているキーワード種類はどれくらいあるかを教えてくれるものです。「あけましておめでとう いつまで」などキーワード流入のランクと同じものもありますが、No3の記事が流入しているキーワードの種類数が2,240件と他の記事に比べて10倍ほども多くなっているのが特徴的です。

NAVERまとめに流入しなくなったキーワードは?そしてそれらは今どこに流入しているのか?

続いてはNAVERまとめの流入が減少し、サービス終了となった2020年のデータから、もともとはランクインしており、それなりの流入があったのに、順位を失ってしまったキーワードを、失った流入数順にまとめてみました。

No 日付 キーワード 以前の順位 順位変動 (失った)トラフィック 月間検索ボリューム
1 2020/04/09 まとめ 2 lost -285,643 1,470,000
2 2020/02/14 naver 1 lost -66,083 185,000
3 2020/01/04 ワンピース ネタバレ 6 lost -61,397 738,000
4 2020/07/10 youtube ダウンロード 1 lost -42,958 1,570,000
5 2020/08/25 なんj 7 lost -35,023 1,010,000
6 2020/05/10 ワンピースネタバレ 3 lost -34,304 259,000
7 2020/02/02 dropbooks 9 lost -34,283 736,000
8 2020/05/07 まとめのまとめ 5 lost -33,567 424,000
9 2020/08/01 matome 2 lost -33,192 183,000
10 2020/01/15 ログ速 4 lost -31,738 369,000
11 2020/09/25 恒心教 1 lost -27,348 58,000
12 2020/09/17 naver twitter 1 lost -27,003 27,000
13 2020/05/03 dounabi 1 lost -23,579 35,000
14 2020/01/14 いもげばこ 1 lost -20,465 27,000
15 2020/07/25 半グレ 1 lost -19,504 54,000
16 2020/02/14 ふたばログ 1 lost -17,973 30,000
17 2020/02/14 ユーチューブ ダウンロード 3 lost -17,280 98,000
18 2020/09/23 宦官 1 lost -15,404 33,000
19 2020/08/28 クトゥルフ神話 1 lost -15,031 40,000
20 2020/09/04 twitter naver 1 lost -14,802 18,000

という感じでしたが、それぞれ今はどんなサイトが出てくるのか、上の表でNAVERまとめが持っていた順位に2020年10月1日現在でランクインしているサイトを抽出してみました。

No キーワード タイトル
1 まとめ NAVERまとめ終了 「最後のまとめ」を限定公開 11年で180万 ...
2 naver Naver
3 ワンピース ネタバレ ワンピースONEPIECE992話ネタバレ最新確定速報!急遽休載 ...
4 youtube ダウンロード Youtube 動画 ダウンロード - MP3または MP4で YouTubeの音楽
5 なんj #なんj民 hashtag on Twitter
6 ワンピースネタバレ ワンピースネタバレ 992話は急遽休載!?しかも2週連続!?
7 dropbooks ■■■
8 まとめのまとめ まとめのまとめ: 2chまとめ
9 matome サービス終了のお知らせ - NAVER まとめ
10 ログ速 ログ速とは (ログソクとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
11 恒心教 恒心教 (こうしんきょう)とは【ピクシブ百科事典】
12 naver twitter いいねRT猛烈!Twitterで話題のツイートと面白画像【新型 ...
13 dounabi ■■■ 面白ネタを紹介します。
14 いもげばこ ■■■ Pinterest
15 半グレ 半グレとは|半グレと暴力団の違いを弁護士が解説 | 中村国際 ...
16 ふたばログ ■■■
17 ユーチューブ ダウンロード YouTube動画簡単ダウンロード
18 宦官 宦官 – Wikipedia
19 クトゥルフ神話 クトゥルフ神話 – Wikipedia
20 twitter naver ジワジワ来るTwitterまとめ_画像【21:20更新】 - NAVER まとめ

No2にあるNaverは韓国本国のサイトが出てくる状態になっていました。その他Lostとなっていたものの最新の状態でNAVERまとめのサイトが再度出てくるものとかも一部ありましたが、全体的にはWikipediaが2件ある以外、バラバラのドメインがランクインしています。

それどころかここで挙げられるサイトはそれぞれに独自性の高いドメインとなっており、これらのキーワードでもNAVERまとめが上位としてランクインしていたということが、今と比較するととても凄い状態だったのだと思わずにはいられません。※一部企業ブログとして不適切と判断したサイト名を伏せております。ご容赦ください。

NAVERまとめに代わるサイトは出てくるのか

NAVERまとめがサービス終了した理由としてあがっている市場環境の変化とありました。それは単にNAVERまとめというサイトが終わるべきタイミングだったのでしょうか、それともいわゆるCGM・UGC、キュレーションサイトがもうダメなのでしょうか?

あくまでも個人の感覚ではありますが、まったく同じような、代わりになるサイトは出てこないかもしれません。もちろん今現在もCGM・UGC・キュレーションサイトというサービスに該当するサイトは沢山あります。ただし、かつてのNAVERまとめのようななんでもあり、いわゆるホリゾンタルと最近では呼ばれる水平展開型のキュレーションサイトはなかなか頭角を現すのが難しい状況です。

比較的ホリゾンタルと言えるようなサイトとしては、はてなブックマーク、note.com、Togetterなどが今も人気なものとしては挙げられるのではないでしょうか。とはいえこれのサービスも利用者やターゲット属性にはある程度の特性があるようにも思えます。もちろんこれからの各サービスの拡大によって、よりマジョリティ化していく可能性はあるとは思いますが。

バーティカルと呼ばれる特定のジャンルに寄った形のキュレーションサイトとしては、NewsPicks、RETRIP、北欧、暮らしの道具店などが代表的でしょうか。これらはそもそもサービスの方向性が特定のジャンル、カテゴリ、ターゲットにふりきっており、結果的にユーザの支持ももちろんのこと、SEO的な側面でもよく話題に出るという印象です。

なぜNAVERまとめはサービス終了したのか

最後に本記事を“まとめ”てみます。

NAVERまとめサービスの自然検索流入推移をAhrefsで振り返ってみると、そのピークは2017年8月にありました。
そのピークを迎えていた2017年、Googleではキュレーションサイト特に日本国内のキュレーションサイトへの影響が大きいアルゴリズムアップデートがありました。また、その年を境にGoogleのアップデートは、技術的、あるいは被リンク対策だけでは太刀打ちしづらくなり、よりコンテンツの”意味”を、コンテンツの”良し悪し”理解するように性能が向上を続けています。

それだけに原因を求めるのは無理がありますが、2018年以降NAVERまとめの自然検索流入は減少の一途をたどっていました。サービス終了をする2020年9月にはピーク時の1/3を割る、月間7億の自然検索流入数にまで下がっていました。
つまり、規模が爆発的に大きいため影響度合いが見えにくかったものの、Googleによるアルゴリズムアップデートがもたらした影響は少なくなかったとみて良いでしょう。

2020年9月の流入数字も単体でみれば決して小さくはありませんが、減少スピードが加速する中、原則としてCGMであるサービスとして新たなまとめ提供者というユーザが増えていかないことには、サービスとしての未来は見えないでしょう。まとめユーザ数推移がわからないので憶測にはなりますが、あるデータによればYoutuberの国内市場推移は2015年比較で14倍以上に膨れ上がると予測されていましたし、実感としてもYoutuberのチャンネル開設数はものすごい勢いでありとあらゆるジャンルに広がっていっていると感じます。

Youtubeだけではなく、前述したnoteやNewspicksなどの形のCGM・UGCサイトや、そもそもTwitterやInstagramなどもあわせて考えると、インターネット上におけるユーザ参加型、というのは特別なモノからごく当たり前の存在に移り変わってきたと言えます。

狙ってか狙わずか、インターネットの面白さや便利さを、アーリーアダプターからマジョリティへの架け橋として機能したと思えるNAVERまとめは、単にアルゴリズムアップデートをうけたからということではなく、日本のインターネットにおけるその役割を全うし、次代へとつなぐあざやかな引き際を見せたのではないでしょうか。

SEOバナー記事用

人気記事

人気の記事一覧を見る

WEBマーケティングにお困りの際はFullSpeedにご相談ください。

pagetop