1. HOME
  2. すべての記事一覧
  3. SNS
  4. 【Twitter最新情報】Twitterピクセル・コンバージョンAPI・アプリ購入数最適化プロダクトの新情報を公開

【Twitter最新情報】Twitterピクセル・コンバージョンAPI・アプリ購入数最適化プロダクトの新情報を公開

公開日:2022年08月17日

最終更新日:2022年10月12日

  • twitter
  • facebook
  • はてB!

【Twitter最新情報】Twitterピクセル・コンバージョンAPI・アプリ購入数最適化プロダクトの新情報を公開

Twitterは2022年8月17日、TwitterピクセルとコンバージョンAPIとアプリ購入数最適化プロダクトの3つをさらに進化させたと発表しました。

【無料DL】「バズから紐解くTwitter運用法」をダウンロードする
バズから紐解くTwitter運用法

今回性能が向上したと発表されたTwitter3機能の紹介

Twitter広告機能の最新情報(2022/8/17)Twitterピクセル・CAPI・アプリ購買数最適化プロダクト

上図は今回の発表で進化(=改善)したTwitter広告の機能のまとめです。Twitterピクセル、コンバージョンAPI、アプリ購入数最適化プロダクトの3つで、それぞれどんなことができるようになったのかを1つずつご説明いたします。

※Twitter広告の出し方を再確認したい方は以下の参考記事をご確認ください。
【参考記事】Twitter広告の出し方徹底解説ガイド(初心者向け)

Twitterピクセルの2要素が改善され広告配信がより快適に

ウェブのアトリビューションを改善しイベント測定手段が増加

Twitterピクセルの機能が向上しトラッキング可能なイベントが増加!
引用:https://blog.twitter.com/ja_jp/topics/marketing/2022/scaling-our-performance-advertising-and-measurement-solutions

Twitterピクセルの改善で以前よりも多くのイベントを測定することが可能になったようです(例えば利用者がショッピングカートに商品を追加するなど)。

分かりやすくシンプルに説明するなら、この機能改善によってTwitter広告で扱えるイベントトラッキングのバリエーションが増えたことでTwitter運用型広告(=パフォーマンス広告)の利用価値がより高くなったと説明できます。

※補足説明:Twitterピクセルとはコンバージョンのトラッキングを可能にする測定ソリューションのことを指します

イベント作成プロセス簡素化とTwitter Pixel Helperのアップデートを実施

加えてイベント作成プロセスが簡素化されました。これによって広告主がよりストレスなくシームレスにイベント作成できるようになりました。

さらにChrome拡張機能であるTwitter Pixel Helperのアップデートも実施されたことで、トラブルシューティングもしやすくなっています。

以上が今回Twitter公式から発表のあったTwitter広告機能の進化の1つ目、Twitterピクセルに関する進化(=改善)の内容です(詳細には「Twitterピクセル自体のトラッキング性能の向上」と「イベント作成プロセスの簡素化」と「Twitter Pixel Helperのアップデート」の3点が改善されました)。

次は2つ目のコンバージョンAPI(CAPI)について解説します。

コンバージョンAPIを提供開始しサードパーティークッキー依存度の軽減へ

【Twitter】コンバージョンAPIを公開!
引用:https://blog.twitter.com/ja_jp/topics/marketing/2022/scaling-our-performance-advertising-and-measurement-solutions

コンバージョンAPI(CAPI)とは広告主が自身のサーバーからサードパーティークッキーを介さずにTwitterにコンバージョンイベントを送信できるようにする測定ソリューションです。近年、サードパーティークッキーの利用はユーザーのプライバシーを侵害するとして問題視されており、この問題をクリアにするためにコンバージョンAPIを開発したようです。

上図の英文で「当社の変換APIは、Twitterピクセルの有無にかかわらず使用できるように設計されています」と記載されている通り、コンバージョンAPIの公開によって「Twitterピクセルを利用したコンバージョン測定」と「コンバージョンAPIを利用したコンバージョン測定」の2方法が選択可能となりました。

・コンバージョンAPIの活用事例がわかる参考記事(英文表記のみ)
→【参考】Hyperice(Twitter for Business)

・TwitterピクセルとコンバージョンAPIの詳細が分かる参考記事(英文表記のみ)
→【参考】Conversion tracking for websites(Twitter for Business)

以上がTwitter広告機能の2つ目の進化(=改善)内容です。最後に3つ目の改善内容である「アプリ購買数最適化」についてご紹介いたします。

配信の目標で「アプリの購入数」が選択可能になった(アプリ購入数最適化)

Twitter広告で配信の目標でアプリの購入数(推奨)が選択可能に!(アプリ購入数最適化)
引用:https://blog.twitter.com/ja_jp/topics/marketing/2022/scaling-our-performance-advertising-and-measurement-solutions

上図のように、広告配信の”目標”で「アプリの購入数」が選択できるようになりました。これによってアプリをインストール後、そのアプリで商品を購入する見込みの高い利用者に焦点を当てて広告を配信することを可能にしています。

※現在、このプロダクトはAndroidアプリを対象としてすべての広告主に提供中。iOSアプリへの展開は現在計画中。

公表されているTwitter広告機能の今後の展望紹介

コレクション広告

広告主が一連の商品を並べて消費者に紹介することができる新しい広告フォーマットを開発中とのこと。メイン画像の下に魅力的な商品画像をサムネイルとして表示させることができるようになるようです。

ウェブサイトコンバージョン最適化(仮称)

こちらは「既存のコンバージョン最適化モデルの大規模な改良を行います」という今後の展望のようです。商品を購入したりカートに追加したりといった、ファネル下部でアクションを起こす見込みの高い人に向けて広告を配信できるようになるようです。

ダイナミックプロダクト広告

こちらはTwitter利用者のプラットフォーム内外での行動に基づいて配信できる新しい広告のようです。関連性の高い商品を適切な人に適切なタイミングで動的に判断し配信することで、販売やコンバージョンを促進できる広告となるようです。

【無料DL】「バズから紐解くTwitter運用法」をダウンロードする
バズから紐解くTwitter運用法

【SNS運用代行サービス紹介】Twitter経由で平均売上685%を達成

Twitterアカウント運用代行は株式会社フルスピードにお任せください

弊社フルスピードはTwitter社の認定代理店です。そのため、Twitterに関する仕様変更等の重要な情報を素早くキャッチし、お客様に共有することができます。

実績としまして、過去にお手伝いさせていただきました企業様のTwitterアカウント経由で平均売上685%を達成した実績がございます。

またTwitter社専任の担当者が常任しているため、イレギュラーな事象やトラブル発生時の窓口対応についてもFullSpeedにお任せいただけます。弊社Twitter広告運用代行のサービス内容にご興味をお持ちの方は下記バナーからご確認ください。

【無料DL】Twitter社認定代理店フルスピードのTwitter運用代行サービス資料
Twitter運用代行・Twitter広告運用代行サービスページ

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いた人

矢野翔大

パチンコ遊技機開発者としてパチンコパチスロメーカーで8年間の業務を経たのち、2022年から株式会社フルスピードのオウンドメディア『GrowthSeed』のマーケティング担当として入社。"WEBサイト運営は商品開発である"というモットーのもと、自身が得意とするエンタメ思考を取り入れつつ日々マーケティング業務に取り組んでいる。趣味はキャリアそのままにWEBサイト運営、パチンコ、パチスロ、ゲーム。

記事の関連タグ
資料ダウンロード            
SNSの人気記事
           
SNSの新着記事
関連タグから記事を探す

Webマーケティングにお困りの際は
お気軽にご相談ください