1. HOME
  2. すべての記事一覧
  3. SNS
  4. Twitterキャンペーン事例8選と成功の秘訣

Twitterキャンペーン事例8選と成功の秘訣

2021年04月28日

  • twitter
  • facebook
  • はてB!

Twitterキャンペーン事例8選と成功の秘訣
Twitterキャンペーンを実施してみたいけど、どのような企画が良いのか分からない、具体的にどのように実施していけば良いか分からない…とお悩みのご担当者様も多いのではないでしょうか。今回は、Twitterキャンペーンを実施するメリットや実施フロー、事例をご紹介していきます。

Twitterキャンペーンを実施するメリット

Twitterキャンペーンの実施には、大きく4つのメリットがあります。

①サービス・商品の認知拡大

Twitterキャンペーンのメリットはその拡散力。媒体の持つ拡散力によってユーザーが参加すればするほど大きくキャンペーンが広がっていきます。そのため、サービスや商品の認知度がアップします。

②フォロワーの獲得

キャンペーン参加の条件は主にフォロー&リツイート、フォロー&ツイートとなります。そのため、自ずとフォロワーを獲得することができます。ただ、キャンペーンで獲得したフォロワーは一時的なフォロワーとなる可能性もあるため、オーガニックのツイートを継続的に行っていくことでファンになってもらい、継続してフォローしてもらえるように工夫する必要があります。

③クチコミ醸成

ユーザーにツイートをさせることを応募条件とすれば、クチコミを集めることも可能となります。後ほどご説明するカンバセーショナルカードを使えば、ユーザーも簡単にクチコミをツイートすることができます。

④売上増加

企画の設計次第では、売上アップにつなげることができます。例えば、景品を商品のサンプルにしてリピートを狙ったり、商品を使ったレシピなどを企画に盛り込み、ユーザーの「使ってみたい!」を引き出すといったやり方です。

Twitterキャンペーンを成功の導く実施フロー

Twitterキャンペーンを実施するには入念な計画が必要です。ここでは、実施するまでのフローをご紹介します。

①現状を分析した上でキャンペーンの目的・ターゲットを決める

上記でご説明したとおり、Twitterキャンペーンの実施には大きく4つのメリットがあります。現状の課題を抽出した上で、Twitterキャンペーンを実施することで果たしたい目的はなんなのかを最初に明確にしておきましょう。また、ここでキャンペーンに参加してほしいターゲットもできるだけ具体的に想定しておきましょう。

②キャンペーン形式を決める

Twitterキャンペーンには、主に3つの形式があります。上記の目的に合わせて形式を決めましょう。
・フォロー&いいね
ユーザーが最も気軽に参加できるキャンペーンのため、フォロワー獲得目的に向いています。
・フォロー&リツイート
Twitterキャンペーンで最もメジャーな形式です。フォロワー獲得だけでなく、RTによる拡散ができるため、認知拡大が期待できます。
・フォロー&ハッシュタグ投稿
3つの形式の中で最も参加ハードルが高いですが、その分自社に関心の強いユーザーの参加が期待できます。また、クチコミの醸成に効果的です。
さらに、フォロー&リツイートキャンペーンの派生として「インスタントウィン」、フォロー&ハッシュタグ投稿キャンペーンの派生として「カンバセーショナルカード」という機能を使ったキャンペーンがあります。詳しくは次のキャンペーン詳細の項目でご説明します。

③キャンペーンの詳細を決める

形式が決まったら、キャンペーンの詳細を詰めていきましょう。

1、キャンペーンのKPI

上記で決めた目的に沿ってKPIを設定しましょう。
・フォロワー数
・インプレッション数や動画再生数
・エンゲージメント数(いいねやリツイート)
・売上数
などが指標となります。

2、予算

どのくらいの費用がかけられるかによって企画内容が変わってきます。実現可能な予算を算出しましょう。

3、景品

応募者を増やすためにも重要なポイントが景品。最初に決めたターゲットの興味を引くプレゼントを用意しましょう。予算とのバランスも検討します。

4、ツール・機能の活用

Twitterにはその場で当落をリプライで教えてくれるインスタントウィンというツールを活用した機能や、ユーザーがボタン一つでハッシュタグ投稿を行え、さらにキャンペーン投稿を拡散させることができるカンバセーショナルカードという機能があります。どちらもユーザーの参加ハードルを下げることができるかつ、拡散性もある機能であるため、近年は活用しているキャンペーンが非常に多いです。

5、キャンペーン期間

こちらも目的やターゲットに応じて期間を設定しましょう。例えば3月~4月に新生活応援キャンペーンを実施するなど、時節に合わせた企画・設計ができます。

④キャンペーン後、効果を分析する

あらかじめ設定した目的が達成できたか、必ず効果分析をしましょう。事前に設定したKPIは達成できているか、できなかった場合、できなかった要因はなにか、細かく分析することで次に活かすことができます。さらに、「ソーシャルリスニング」というSNS上のビッグデータを活用した分析手法も行えると、そのキャンペーンがどの程度話題になったのかなど、客観的な分析を行うことができるためおすすめです。

Twitterキャンペーン事例8選

それでは実際にキャンペーンを行っている事例を見ていきましょう。

フォロー&いいねキャンペーン

▼亀田製菓【公式】 フォロー&いいねキャンペーン

フォロー&いいねにて参加のハードルを下げつつ、景品も豪華にすることでユーザーが参加したくなるようなキャンペーンとなっています。このキャンペーン投稿のいいね数は、通常投稿のおよそ3.6倍となりました。

フォロー&リツイートキャンペーン

▼シーチキンチキン  #シーチキンチキン再びの合体チャレンジ
ユーザーが思わず見入ってしまうような動画を活用したこのキャンペーン。さらに動画内の声優も非常に豪華なことが話題となりました。インスタントウィンも活用しており、その場で当落が分かるようになっています。キャンペーン開始直後1週間で50,000近くのリツイートがされました。
Twitterアカウント:@seacknckn
キャンペーンサイト:「シーチキンチキン|はごろもフーズ」

▼Amazon Prime Video(プライムビデオ) #わたしのアニメがここにある

フォロー&リツイートでおすすめのアニメがリプライで届くキャンペーン。おすすめアニメを提示することで、ユーザーの「観たい!」を引き出し、登録者数を増やす狙いです。キャンペーン開始直後5日間で16,000近くのリツイートがされました。

▼たけ里ブラザーズ #きのこたけのこ2020

フォロー&リツイートで純金たけのこの里という豪華な商品が抽選で当たるだけでなく、リプライでたけのこの里のおいしい食べ技を教えてくれるという変わった企画によって話題性を生んでいます。こちらのキャンペーンは1ヶ月近くリツイートがされ続け、長い期間話題となりました。

▼watashi+ by shiseido 5日間連続 #dプログラムで毎日ケア フォロー&RTキャンペーン

5日分の投稿をすべてRTするというスタンプラリー形式のキャンペーン。さらに5日分すべてRTすると全5タイプの化粧水プレゼントが当たり、はずれても300円クーポンが当たるという購買へも繋がりやすい設計です。キャンペーン期間の5日間で32,000近くのリツイートがされました。

フォロー&ハッシュタグキャンペーン

▼リアルゴールド あなたの頑張りを投稿して製品1ケースをゲット!
画像をタップするとハッシュタグの付いたツイートが自動で生成され、編集してツイートができる仕様のキャンペーン。製品が1ケース抽選で当たるだけでなく、少年サンデーのキャラから応援メッセージが届くというのも非常に魅力的なキャンペーンです。キャンペーン開始から2週間で22万以上のツイートがされました。

▼キッコーマン豆乳 公式 #ホッ豆乳ラブストーリー

カンバセーショナルカードを使用したフォロー&ハッシュタグキャンペーン。豪華声優を起用したアニメストーリーを、好きな豆乳アレンジを選ぶことで見られます。アレンジを〇〇系豆乳男子と例えているのもキャンペーンを面白くしています。1ヶ月以上期間のあるキャンペーンでしたが、その期間に衰えることなくツイートがされ続けました。

▼ハリボーグミ/HARIBO #HARISUMO キャンペーン

日本初のテレビCMと連動したキャンペーン。Twitterだけで完結させず、テレビCMと連動することによってさらに話題性を呼んでいます。こちらもカンバセーショナルカードを使用し、ユーザーが参加しやすくするかつ投稿を拡散させています。

Twitterキャンペーンを成功に導くポイント

①目的・ターゲットに合ったキャンペーン設計にする

これまで紹介した事例はすべて、フォロワー獲得や購買増加など目的が明確になっているかつ、ターゲット層にあった企画案となっています。実施フローの最初に決めた目的・ターゲットに沿った設計にすることを忘れないようにしましょう。

②ユーザーが参加しやすい形式にする

インスタントウィンというツールを活用したり、カンバセーショナルカードなどのTwitter機能を活用することによってユーザーの参加しやすさを考慮しましょう。またユーザーが参加したいと思えるようなクリエイティブや動画を使用したり、景品を豪華にしたりと企画案にもこだわりましょう。

③キャンペーンのKPIを明確にする

KPIは明確にした上で実施しましょう。計測も確実に行うことで、キャンペーン終了後の分析をしっかりと行います。

④キャンペーン後にフォロワーが定着するようオーガニックツイートも行う

ご紹介したどのキャンペーンも、アカウントではオーガニックでのツイートも継続的に行っています。それはキャンペーンで獲得したフォロワーを一時的なものとせず定着させ、ファン化させるためです。キャンペーンのみならず、継続的な情報発信を行っていきましょう。

まとめ

Twitterキャンペーンは、まず目的・ターゲットを設定し、その目的に沿った形で設計をすすめていくことが重要なポイントとなります。また、カンバセーショナルカードなど、Twitter上でユーザーが参加しやすくできるような機能が幅広く用意されているため、そういった機能も活用しながら企画ができると尚キャンペーンが成功しやすくなります。Twitterマーケティングやキャンペーンに興味のある方はお気軽にフルスピードまでお問い合わせくださいませ。

~バズから紐解くTwitter運用法~
バズから紐解くTwitter運用法

この記事を書いた人

GrowthSeed編集部

GrowthSeed編集部

株式会社フルスピードのGrowthSeed編集部です。企業のマーケティング担当者へ向けてWebマーケティングの成長の種となる情報を発信しています。Twitter , Facebookで記事の更新情報やセミナーの最新情報などを日々発信しているので、ぜひフォローしてみてください。

記事の関連タグ

こちらの記事もおすすめ

Webマーケティングにお困りの際は
お気軽にご相談ください