1. HOME
  2. すべての記事一覧
  3. SNS
  4. 【LINE】ECサイトへの流入を増やすテクニック

【LINE】ECサイトへの流入を増やすテクニック

2020年04月28日

  • twitter
  • facebook
  • はてB!

ECサイトへの流入

ECサイトと相性の良いLINE

リッチメニュー、リッチメッセージを始め、サイトへの遷移を促しやすいLINEでは遷移先をECサイトにすることで、購買を促しているアカウントが多くあります。

そのようなアカウントでは「ECサイトへの流入数がどれだけ増やせるか」が売上げアップのポイントになります。
リッチメニューやリッチメッセージを使えばもちろんサイトへの流入数を増やすことができますが、「バナーを作るのが難しい(面倒くさい)」という方もいらっしゃるかと思います。

そこで今回は「サイトへの流入を増やすメッセージテクニック」をご紹介します。

メッセージで活用できる3つのテクニック

冒頭部分には文字を入れる

メッセージテクニック①
メッセージを通じてサイトへの流入を増やすには、まずメッセージを開封うしてもらわなければいけません。
通知が来た時に「続きを見たい!」と思ってもらえるように、1行目から文字を入れることをおすすめします。

トークルームでのメッセージの見栄えを気にして以下のような囲いを文頭にしているアカウントもございますが通知画面で見ると、線のみになり、通知上では見栄えが悪くなってしまいます。

▼文頭例
━━━━━━━━━━━━
タイトル文
━━━━━━━━━━━━

上記を踏まえて、メッセージは1行目から文字を入れることを意識してみましょう。

文章の長さは300文字程度で

通知を見てメッセージを開封しても、すぐに離脱されてしまってはもったいないです。
あまりにも文章量が多く、読むのが苦労と思われないようスクロールをせずにメッセージ全文が見られるようにしましょう。

上記の目安が300文字程度なので、メッセージを作る際は参考にしてみてください。

URLの位置は真ん中から上

遷移のために必要なURLは真ん中から上にいれましょう。
メッセージテクニック②
URLを挿入すると、メッセージの一番下に遷移可能なプレビューが表示されるのでタッチポイントが上部と下部の2つになり、流入経路が増えることになります。

まとめ

キャンペーンやクーポンの配信で獲得したユーザーはどうしてもブロック率が高くなる傾向がありますが、今回ご紹介した方法のように、ユーザーがアカウント内でアクションしたくなるような仕組みを作ることで、ブロックの防止をすることができるので、運用担当者の方はぜひ挑戦してみてください。

LINE公式アカウントの運用ポイントについて詳しく知りたい方はこちらをご確認ください。初期設定方法や友だちを増やすための施策、メッセージ配信やリッチメニュー作成のコツまでご紹介しています。
~これからのLINE公式アカウント運用のポイント~
これからのLINE公式アカウント運用のポイント

この記事を書いた人

GrowthSeed編集部

GrowthSeed編集部

株式会社フルスピードのGrowthSeed編集部です。企業のマーケティング担当者へ向けてWebマーケティングの成長の種となる情報を発信しています。 Twitter , Facebookで記事の更新情報やセミナーの最新情報などを日々発信しているので、ぜひフォローしてみてください。

記事の関連タグ

こちらの記事もおすすめ

Webマーケティングにお困りの際は
お気軽にご相談ください