1. ホーム
  2. SEO用語集
  3. リダイレクトとは

リダイレクトとは

リダイレクトとは、プログラムにおいて「入力元や出力先を通常とは異なるものにする」という意味がありますが、Webサイトの構築におけるリダイレクトとは、HTTPリダイレクトと呼ばれ、あるURLから別のURLに転送して移動することを指します。

リダイレクトには様々な種類があり、それぞれのリダイレクトには異なる意味もあり、使用する際の注意点も異なりますので、きちんと把握して利用することが重要です。

HTTPリダイレクトの種類

HTTPリダイレクトとは、Webサーバからブラウザなどのクライアントに送信される応答の種類で、300番台がリダイレクトに割り当てられています。

301リダイレクト

恒久的な移転(Moved Permanently)という意味を持つリダイレクトです。
Webサイト全体、Webページ単体の引っ越しの時などに利用し、元のURLが無効になる場合に使います。

301リダイレクトを使用した場合、被リンクといったリダイレクト元が持っていた資産は、リダイレクト先のURLに引き継がれます
また、検索エンジンの検索結果画面に表示されるURLも、リダイレクト先のURLに切り替わります。

上記のような特徴があるため、Webサイトの引っ越しをする場合だけでなく、wwwサブドメインのあるURLと無いURLの統一や、index.htmlが付いたURLと付いていないURLの統一などの用途でも使用されます。

302リダイレクト

一時的な移転(Moved Temporarily)という意味を持つリダイレクトです。
Webページの引っ越しは行うものの、それが一時的なもので、また元のURLに戻る場合に使用されます。

あくまでも一時的な移転なので、リダイレクト元のURLが持っていた資産はリダイレクト先のURLには引き継がず、リダイレクト元のURLが検索結果に表示されることが原則です。

ただ、302リダイレクトの設定が長期間継続している状況など、「本当は永続的な移転なのではないか?」と、Googleが判断した場合は、たとえ302リダイレクトでも301リダイレクトとして扱われ、リダイレクト先のURLが検索結果に表示される場合があります。
この場合には、リダイレクト元が持っていた資産も、リダイレクト先のURLに引き継がれているものと考えられます。

また、最近のGoogleは、301リダイレクトを使う場面で302リダイレクトを使ってもいいと発言することもあり、両方のリダイレクトを内部的に同じ意味として解釈している可能性もあります。

その他のHTTPリダイレクト

301リダイレクト、302リダイレクトの他に、303リダイレクト、307リダイレクトなどの種類がありますが、利用されるシーンがほとんどないため、一般的に利用することはありません。
特に覚えておく必要もないでしょう。

また、306リダイレクトは定義そのものがされていません。

その他のリダイレクト

301リダイレクトや302リダイレクトは、サーバーサイドで実行されるリダイレクトです。そのため、これらのリダイレクトを利用するには、サーバーの操作を行う必要があり、一部のWebサーバーでは利用できない場合があります。

そういった場合に利用されることがあるリダイレクトをご紹介しましょう。

metaタグによるリダイレクト

Webページの<head>〜</head>に、以下のメタタグを設置することによって実現するリダイレクトです。

<meta http-equiv=”Refresh” content=“1; url=http://example.com/“>

上記のタグを設置しておくと、ページにアクセスした1秒後に”http://example.com/“へ転送されます。content=“1の数字を0にすると、0秒後に転送されます。

ただし、Googleはmetaタグによるリダイレクト方法を推奨していません
Googleは、metaタグのリダイレクトではなく、サーバーサイドのリダイレクトを推奨しています。

JavaScriptによるリダイレクト

以下のようなJavaScriptのスクリプトを使って実現するリダイレクトです。

location.href = “http://example.com”;

Googleの品質に関するガイドラインでは、サーバーにアクセスすることができない場合で、サイトの移転を目的とする場合に限って、JavaScriptによるリダイレクトが使用できると書かれています。
参考:https://support.google.com/webmasters/answer/2721217?hl=ja

不正なリダイレクト・間違ったリダイレクト

リダイレクトは非常に便利な機能ですが、誤った使い方をすると危険です。
間違った使い方をすると、ランキングを落とすことにつながる可能性もありますので、十分に注意が必要です。

不正なリダイレクト

リダイレクトを不正に利用するスパム行為に「クローキング」という手法があります。
クローキングは、リダイレクトを使ってWebページにアクセスした検索エンジンと人間に、意図的に別のページを見せる手法で、Googleガイドラインに違反します。

人間向けには普通のWebページを用意し、検索エンジン向けに、キーワードが羅列されたWebページを用意するなどの手法が、よく行われていた時代もありましたが、いまこんなことをしたら、すぐにGoogleにバレてしまいます。

また、スマホでアクセスしたユーザーだけを別のスマムサイトにリダイレクトさせるなど、ユーザーが予期しないリダイレクトも、不正なリダイレクトと判断されてしまいます。

参考:https://support.google.com/webmasters/answer/2721217?hl=ja

間違ったリダイレクト

意図せずに間違ったリダイレクトを設定してしまい、ランキングを下げてしまうことも考えられます。

間違ったリダイレクトの典型的な例が、スマホページが用意されていないURLにスマホでアクセスした場合、すべて「スマホサイトのトップページ」にリダイレクトさせる設定です。

間違ったリダイレクトの概念図間違ったリダイレクト – ウェブマスター向けモバイルガイドから引用

スマホページが用意されていないページに、スマホでアクセスしたユーザーがいた場合、該当するページのPCページをそのまま表示すれば、(ユーザビリティ以外では)問題ありません。

このようなリダイレクトを設定してしまっている場合、Googleサーチコンソールに警告メッセージが届く可能性があります。

また、サーチコンソールのクロールエラーのページにも該当するURLが表示されますので、エラーの内容を確認して修正しましょう。

参考:https://support.google.com/webmasters/answer/4046647?hl=ja

リダイレクトに関するその他の注意点

リダイレクトの設定にミスがあると、リダイレクト先で再びリダイレクト元にリダイレクトしてしまう「リダイレクトループ」が発生する可能性があります。

永遠にリダイレクトし続けてしまいますが、最近のブラウザであれば警告メッセージが表示され、リダイレクトループにすぐに気づけます。

リダイレクトループの概念図

リダイレクトの設定をミスしないように注意しましょう。

被リンクペナルティを受けたドメインのリダイレクトも要注意!

被リンクに関するペナルティを受けてしまったWebサイトを、別のドメインで新しく作り直す場合、ペナルティを受けてしまったドメインから、リダイレクトをしてしまうと、ペナルティも一緒に新しいドメインに引き継がれてしまいます。

被リンクペナルティを引き継いでしまう概念図

ペナルティを受けたドメインからは、リダイレクトを設定することはやめましょう。

人気SEO専門記事

人気SEO専門記事一覧を見る

pagetop