1. HOME
  2. すべての記事一覧
  3. SNS
  4. 【YouTube最新情報】「@ハンドル」を全チャンネルに導入

【YouTube最新情報】「@ハンドル」を全チャンネルに導入

公開日:2022年10月11日

最終更新日:2022年11月04日

  • twitter
  • facebook
  • はてB!

ハンドルの導入: YouTube チャンネルを識別する新しい方法

YouTubeは2022年10月10日、新たに「ハンドル」の導入を発表しました。ハンドルとはハンドルネームのようなもので、このアップデートによりクリエイターは自分独自のハンドルを所有できるようにになり、自分のコンテンツをより分かりやすく視聴者に提供できるようになります。

当記事はそんなYouTube Official Blogにて発表されたYoutube最新アップデート情報を分かりやすく解説します。

↓「企業のYouTubeチャンネル運用ガイドブック」を無料で受け取る
企業のYouTubeチャンネル運用ガイドブック(お役立ち資料)

今回のアップデートで「ハンドル」とは?実装されると何が変わるのか?

これまでYouTubeには個人を特定するためのハンドルネームが存在しませんでした(例えばTwitterだとアカウントを特定するために「@ユーザー名」というものがありますが、YouTubeにはそれがなかった)。しかし今回のアップデートによりYouTubeにもTwitterの「@ユーザー名」と同じ役割を担う「@ハンドル」が各クリエイターに付与されます。

これによって、例えば「チャンネル」と「ショート動画」の2つを公開しているクリエイターはそのどちらのコンテンツ再生画面にも自分のハンドルが表示されるようになり、同一のクリエイターによる制作物であることが簡単に分かるようになります。

ハンドルが選択可能となった場合、以下のような画面が表示されます。

YouTubeのハンドルが利用できるようになった場合に表示される画面イメージ
引用:Announcing YouTube handles: a *unique* identifier to discover and connect on YouTube

さらに、ハンドルを設定したクリエイターには「youtube.com/@handle」という形で”自分の所有するコンテンツが簡単に示せるURL”が自動作成されます。以前は100人以上のチャンネル登録者を持つクリエイターのみがカスタムURLの資格を持っていましたが、今回のアップデートですべてのチャンネルがハンドルに基づいて一意のURLを持つようになるため、これまで以上にYouTube動画クリエイターの誰もが視聴者にコンテンツ提供しやすい環境を手に入れることになります。

視聴者としても好きなクリエイターのコンテンツを簡単に表示できるようになるため、両者にとってメリットのあるアップデートと言えます。

今回のアップデート情報の補足

ハンドル導入でクリエイターはより活動しやすくなった

今回のアップデートで「このコンテンツは誰の所有物であるか?」をはっきり示すことができるようになりました。さらに「youtube.com/@handle」というURLを他のSNSで簡単に拡散することができるようになったため、”YouTubeを表示していない潜在ユーザー”に自分の存在を示しやすくなったはずです。

今回のアップデート反映タイミングは遅くても2022年11月中旬

今回のアップデートで遅くとも2022年11月14日までに誰もがハンドルを選択できるようになる予定のようです。クリエイターがチャンネルのハンドルを選択できるようになったらお知らせ画面が表示されるとのことです。

ハンドルの選択は遅くとも11月14日に完了予定とされていますが、その前段階から順次利用が可能となっていくようです(全員が利用できるようになるまでに段階的にロールアウトされていくとのこと)。クリエイターがハンドルの選択プロセスにアクセスできるタイミングはYouTube全体の存在感、チャンネル登録者数、チャンネルがアクティブか非アクティブかなど、さまざまな要因によって左右されるようです。

YouTube動画にコメントできない視聴者はハンドルが使えない

YouTube動画にコメントをするにはYouTubeチャンネルを作成する必要があります。つまり、現在YouTube動画にコメントができない方はYouTubeチャンネルを未作成の方であるため、ハンドルの利用はできません。

ハンドルを作成したい場合はYouTubeチャンネルの作成が必須

前述した通り、ハンドルを利用したい場合はYouTubeチャンネルを作成する必要があります。YouTube動画を視聴目的のみで利用される方の場合でも、ハンドルを利用したい場合は「YouTubeチャンネルの作成」を行ってください。

既にカスタムURLを利用中の場合はリダイレクトされる

既にカスタムURLを利用しているクリエイターのURLは「新しいハンドルベースのURL」に自動でリダイレクトされます。

ハンドルの文字数と文字列の利用条件

ハンドルの文字数は最大30文字です。また、既に他のユーザーが利用しているハンドルは利用できないため、記号や数字を追加するなどして調整し設定する、もしくは、全く別の文字列での設定が必要となります。

【追記】「YouTube ハンドルのご紹介」メールが届く(2022年10月21日)

2022年10月21日午前9時ごろにYouTubeから「YouTube ハンドルのご紹介」というメールが届きました。YouTubeチャンネルと紐づくメールアドレスに下画像のようなメールが展開されていると思われます。

「Youtube ハンドルのご紹介」メール

実際に皆さんの目で「ハンドルのご紹介メール」が自身のメール受信ボックスに届いていることを確認することでハンドルへの興味はより高まるでしょう。今すぐチェックしてみましょう。

【お役立ち資料】企業のYouTubeチャンネル運用ガイドブックのご紹介

企業のYouTubeチャンネル運用ガイドブック(お役立ち資料)
↑「企業のYouTubeチャンネル運用ガイドブック」を無料で受け取る

最後に、35ページにわたって”企業のYouTubeチャンネル運用方法”をまとめたお役立ち資料のご紹介です。上記バナーより無料でダウンロードいただけます。「YouTubeチャンネルでの成功までのロードマップ」や「企業でのYouTubeチャンネル活用事例」、「YouTubeチャンネルの詳細な運用ポイント」などをまとめた内容となっております。この機会にぜひご利用ください。

この記事を書いた人

矢野翔大

パチンコ遊技機開発者としてパチンコパチスロメーカーで8年間の業務を経たのち、2022年から株式会社フルスピードのオウンドメディア『GrowthSeed』のマーケティング担当として入社。"WEBサイト運営は商品開発である"というモットーのもと、自身が得意とするエンタメ思考を取り入れつつ日々マーケティング業務に取り組んでいる。趣味はキャリアそのままにWEBサイト運営、パチンコ、パチスロ、ゲーム。

記事の関連タグ
資料ダウンロード            
SNSの人気記事
           
SNSの新着記事
関連タグから記事を探す

Webマーケティングにお困りの際は
お気軽にご相談ください