1. HOME
  2. すべての記事一覧
  3. SNS
  4. Twitter検索キーワード広告とは?Twitterが新プロダクトをローンチ!

Twitter検索キーワード広告とは?Twitterが新プロダクトをローンチ!

公開日:2023年01月26日

  • twitter
  • facebook
  • はてB!

Twitter検索キーワード広告とは?Twitterが新プロダクトをローンチ!

2023年1月25日、Twitterは「Twitter検索キーワード広告」という”Twitter内の検索結果画面にのみ広告表示が可能な新プロダクトをローンチしました。

当記事ではTwitter検索キーワード広告とはどんな広告なのかをご紹介します。またTwitter検索キーワード広告の利用メリットもご紹介しますので、併せてご確認ください。

【無料DL】「バズから紐解くTwitter運用法」をダウンロードする
バズから紐解くTwitter運用法

Twitter検索キーワード広告とは何か?基本情報まとめ

”Twitter内の検索結果画面のみに限定して配信”できる広告

上のツイートは2023年1月25日にTwitter検索キーワード広告のローンチを発表したTwitter BusinessのTwitterアカウントです。

Twitter検索キーワード広告とは「Twitter内の検索結果画面のみに限定して配信できる広告」です。記事冒頭でご説明した通り、2023年1月25日にローンチされた新しい広告配信方法で、「広告表示したい検索キーワードを指定して配信」することができ、検索ニーズに的確に答えるコンテンツを意図して検索結果画面に表示させることができます。

類似する広告配信方法としてGoogleのリスティング広告が挙げられます。Googleのリスティング広告は「Google検索結果の画面内に広告を表示させる広告配信方法」ですが、Twitter検索キーワード広告は「Twitter内の検索結果の画面内に広告を表示させる広告配信方法」であるため、Twitter版リスティング広告と捉えると理解が進むかもしれません。

配信目標は”ウェブコンバージョン”のみに限定されている

Twitter検索キーワード広告の配信目標はウェブコンバージョンのみとなっている(ウェブサイトにアクセスしてアクションを行ってもらう)

Twitter検索キーワード広告の配信目標はウェブコンバージョンのみに限定されていますので、自社WebサイトなどにTwitterユーザーをアクセスさせるための利用のみに限定されます(ウェブコンバージョン以外の利用用途は用意されておりませんのでご注意ください)。

つまりTwitter検索キーワード広告は「自社サイトを持っていて、かつTwitter運用している人向けの広告配信方法」であるということになります。

1広告配信につき指定可能な検索キーワード数は200個

Twitter検索キーワード広告のキーワードターゲティングは最大200個まで設定できる

1広告を配信する際に指定できる検索キーワード数は200個となっており、配信したい広告内容に関連するキーワードをほぼ網羅することができるはずです。マストで設定したい検索キーワードを200個以内に収めることは難しくないと予想できるため、余りの指定キーワード枠でニッチなキーワードを指定すると効果的でしょう。

指定キーワードには、ハッシュタグやトレンドのキーワードなども設定できるため、会話やイベント、トレンドやモーメントなど、様々な話題に関して検索をしているユーザーに対してメッセージを届けることができるでしょう。

Twitter広告の基本的な配信方法について理解を深めたい方はこちらの記事から実際の操作方法をご確認ください。

次にTwitter検索キーワード広告を利用するメリットをご説明します。

Twitter検索キーワード広告を利用するメリット

今話題のホットな検索キーワードを狙い撃ちして広告配信ができる

今の流行り廃りが簡単に調査できるTwitterだからこそ、今話題のホットなキーワードを狙い撃ち指定することで広告配信の費用対効果を高めることが可能です。瞬発的な流行の波を捉えて広告配信することができれば想像以上の成果を手にすることがあるかもしれません。

意図した検索結果画面のみに広告表示できるため費用対効果が高い

広告表示したいコンテンツにとって最適な検索キーワードを指定することで、検索ニーズを高確率で満たせる広告内容を表示させることができます。また、今回のTwitter検索キーワード広告はTwitterの検索結果画面のみに表示されるため、ピンポイントに検索結果画面内で興味/関心を抱かせるコンテンツを広告として配信できます。つまり、無駄のない広告を配信できるため費用対効果の高い配信結果が期待できます。

キーワードが200個も指定できるため検索結果画面をジャックしやすい

前述した通り、指定キーワードを200個も指定できるため、広告表示させたいコンテンツの関連検索キーワードをほぼ網羅できるはずです。ローンチ間もない今このタイミングで広告配信すれば検索結果画面をジャックすることができるかもしれません。

先行者優位を得よ!Twitter検索キーワード広告はローンチされたばかり!

Twitter検索キーワード広告は当記事公開日の前日である2023年1月25日にローンチされたタイムリーな広告配信方法です。ローンチされて1週間も経過していない今この瞬間に「先行者優位を勝ち取る」には絶好のチャンスだと考えます。お試し程度の広告配信で試すやり方も面白いと思いますので、まずは実際に触れてみて確認されることをお勧めします。

今話題のSNS最新情報をタイムリーに提供しています(GrowthSeedまとめ)

SNS最新情報を画像クリックして確認する
GrowthSeedが提供する”今話題のSNS最新情報”をチェックする

株式会社フルスピードが運営するオウンドメディアGrowthSeedでは、今話題のSNS最新情報を素早くキャッチし記事コンテンツとしてまとめています。Twitter最新情報だけに留まらず、これまでのSNS最新情報を上記バナーから確認できます。SNS最新情報の収集目的でぜひご活用ください。

【無料DL】「バズから紐解くTwitter運用法」をダウンロードする
バズから紐解くTwitter運用法

この記事を書いた人

矢野翔大

パチンコ遊技機開発者としてパチンコパチスロメーカーで8年間の業務を経たのち、2022年から株式会社フルスピードのオウンドメディア『GrowthSeed』のマーケティング担当として入社。"WEBサイト運営は商品開発である"というモットーのもと、自身が得意とするエンタメ思考を取り入れつつ日々マーケティング業務に取り組んでいる。趣味はキャリアそのままにWEBサイト運営、パチンコ、パチスロ、ゲーム。

記事の関連タグ
資料ダウンロード            
SNSの人気記事
           
SNSの新着記事
関連タグから記事を探す

Webマーケティングにお困りの際は
お気軽にご相談ください