1. ホーム
  2. 全ての記事一覧
  3. 特許・分析
  4. Google特許検索でGoogleの特許を探す方法

Google特許検索でGoogleの特許を探す方法

著者: 荒木 尚二郎
  • 初級

main

みなさんこんにちは。アナリストの荒木です。

特許は研究者が開発したさまざまな技術を教えてくれます。
また、その技術で問題を解決するヒントを得ることができるため、弊社では定期的に特許の勉強会を開催しています。

さまざまな特許を読むことで自社で新しいサービスを生み出すときに他社の知的財産を侵害しないというメリットもあります。

そこで今回は、Googleの特許を検索する方法を紹介します。
Googleが公開している技術は、必ずしも検索エンジンに導入されているとは限りませんが、彼らが考える世界観をどうやって実装しようとしているのかを知るのに役立ちます。

Google Patents

Googleが提供する特許文献の検索サービスにGoogle Patentsがあります。
https://www.google.co.jp/patents(別タブで開きます)

1.Googlepatents

公式アナウンスによると、この検索エンジンは、アメリカの特許商標局とヨーロッパの特許庁から提供されている特許をもとに結果が返します。
Google Patents詳細(別タブで開きます)

Googleの特許の探し方

具体的な特許の探し方は、関係するキーワードを検索ボックスに入力するだけです。

私が勉強会で共有する特許を探すときは「google.inc」で検索した結果から選ぶことが多いです。

以下は「google.inc」の検索結果です。(2015/1/13現在)

2.google.inc-patnetsearch

新しい特許を検索したい場合

最新の技術を知りたい場合は、検索ツールから公開日で期間指定を行います。
(公開日と出願日のどちらでも期間指定することができます。)

Google Patentsは1790年までさかのぼることができるので、期間指定をした方が最新の技術を探しやすくなります。

4.1patnetsearch-期間指定

4.2patnetsearch-期間指定

特許庁で検索も可能

現在は「米国」「ヨーロッパ」「国際」「中国」「ドイツ」「カナダ」の各特許庁で絞り込みができます(2015/1/13)。

5.googlepatents-international

今回ご紹介した方法を使うと、Googleが持つさまざまな技術を知ることができます。
検索エンジンだけではなくスマートフォン端末やスマートカーなどに関する情報についても触れることができ、普段と違った一次情報を得られます。

英語が苦手な方は、翻訳機能を使うと概略をつかむことができますので、
今まで特許に接したことがなかった方はこの機会に挑戦してみるのはいかがでしょうか。

最後までご覧頂きありがとうございました!

Google活用ガイドブック
Googleを活用するうえで知っておきたい基本知識をグッと凝縮し、一冊にまとめました。

詳細はこちら

人気記事

人気の記事一覧を見る

pagetop