1. ホーム
  2. SEO専門記事
  3. SEO関連研究
  4. Googleウェブマスターツールに届くメッセージまとめ

Googleウェブマスターツールに届くメッセージまとめ

著者: Growthseed
  • SEO関連研究
  • 初級

letter-img

こんにちは。分析担当の篠原です。

Googleのウェブマスターツールには色々なメッセージが届きます。
当社で確認しているウェブマスターツールに届くデータを今回はおまとめしたいと思います。

「このメッセージは何?」と思った際にはご確認ください。

 

日本語設定とアラート設定をしましょう

ウェブマスターツールで届くメッセージの中でまずいちばん最初に驚かれることが多いのが「英語のメッセージが届く」という部分だと思います。
実はこちらは「ウェブマスターツールの設定」の「メッセージの言語」で変更することが可能です。(※ログイン必須です)

wmt

ここを「日本語」として設定して保存をすると日本語のメッセージが届くようになります。
※日本語対応していないメッセージもあるのでその場合は英語で届くこともあります。

またメール通知を設定しておくと便利です。

wmt-2

チェックボックスにチェックを入れます。
「タイプ」は「全ての問題」と「サイトに関する重要な問題」の2種類があります。
さほど頻繁に来るものでもないので「全ての問題」にチェックしておくと良いでしょう。

設定が完了したら「保存」をクリックし設定完了です。

それではここに届くメッセージの代表的なものをご紹介します。

 

Your site http://example.com/ is now linked to a Google Analytics web property.

Your Webmaster Tools site http://example.com/ is now linked with a Google Analytics web property. If this is unexpected, it could be because another site owner has created or changed the link in Webmaster Tools.

いきなり英語で「is now linked」のような字面のメッセージが届くので驚かれる方も多いです。

こちらの内容は「ウェブマスターツールのアカウントとアナリティクスのアカウントが紐付けられました」というメッセージです。
2つのツールの認証や紐付けを行った際のリマインダーのようなものなので特に気にする必要はありません。
心当たりの無い場合は一度アカウントを確認してみましょう。

 

外部からの不自然なリンク

貴サイトへの人為的または不自然なリンクのパターンが検出されました。PageRank の操作を目的としたリンクの売買やリンク プログラムへの参加は、Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に違反する行為です。

そのため、example.com/ に手動によるスパム対策が適用されました。他にもサイトの一部または全体に対策が適用されている可能性があります。

近年、ウェブマスターツールの警告メッセージとして話題になったのはこの「外部からの不自然なリンク」メッセージではないでしょうか。
ランキング操作やページランクを引き渡すための人為的なリンク対策を行っている場合、このメッセージが来ることがあります。不自然なリンクをチェック、撤去をし、再審査リクエストを行います。

手順に関しては「リンク否認ツールを使っても不自然リンクのサンプルとして表示される事例」で紹介しているのでご参照ください。

 

Disavowed links updated

自分のサイトのバックリンクを調査し、自分ではコントロール出来ない不自然なリンクがあった場合に非承認ツールを使って非承認することがあります。
その非承認ツールを使用した際に以下のようなリマインダーメールが来ることがあります。

The file containing disavowed links to http://www.example.com/ has been updated. You successfully uploaded a disavow links file with ** URLs and ** domains. If this is unexpected, it may have been updated by another site owner. For more information, visit the Disavow links https://www.google.com/webmasters/tools/disavow-links?siteUrl=http://www.example.com/ page in Webmaster Tools.

ざっくりと要約すると「非承認ファイルがアップデートされました。○○個のURLと○○個のドメインがアップされています。心当たりのない場合は他のサイトオーナーが更新した可能性があります」といった主旨の内容です。

心当りがない場合は非承認ツールURLにアクセスし、ファイルを確認してみましょう。

 

実質のないコンテンツ

一部のページで、Google のウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に違反する手法が使用されていると見られる箇所が確認されました。

貴サイトに価値のない質の低いコンテンツが含まれているため、example.com/ddd/ に対して手動によるスパム対策を適用いたしました。他にもサイトの一部または全体に対策が適用された可能性があります。

一般のサイトでは通常来ないメッセージです。
適用されるケースについても非常に限られており、当社で確認したサイトについては地域ページで一部のテキストをすり替えただけのページ量産をした際にこのような警告が来ていました。

Googleの公式ブログでもこのような量産はガイドライン違反であることを発表しています。
Google ウェブマスター向け公式ブログ: 誘導ページ(Doorway Page)はガイドライン違反です

このような場合、指摘の箇所を修正すれば比較的簡単に再審査は通過することが出来ます。

 

http://example.com/ の再審査のリクエストを処理しました

http://example.com/ のウェブマスター様からの再審査リクエストを処理しました。Google の品質に関するガイドラインへの違反に関してこのサイトを再審査しました。このサイトに適用されている手動によるスパム対策の解除、または必要な調整を行いました。

再審査リクエストを送付した際の返信文です。
「解除しました」でもなく「NGです」でもないので非常に判断に困ります…。

このメッセージが来た場合はウェブマスターツールの「検索トラフィック」>「手動による対策」でペナルティを依然として受けたままなのかを確認します。
受けているようであれば必要箇所を修正して、再び再審査を実施します。

 

WordPress のアップデートがあります

お客様のウェブサイトを前回クロールした時点では、WordPress 3.1.4 が実行されているようです。以下の 1 つ以上の URL が確認されました:

http://www.example.com/aaa/

http://www.example.com/bbb/

http://www.example.com/ccc/

最新版に更新されることをおすすめします。以前のバージョンやパッチを適用していないソフトウェアは、ハッキングやマルウェアの攻撃を受けやすくなり、ユーザーに被害が及ぶことがあります。WordPress のダウンロード ページから、最新版をダウンロードしてください。既に最新バージョンの WordPress に更新されている場合は、このメッセージは無視してください。

サイトにWordPressが設定されており、そのバージョンが古い場合にこのようなメッセージが来ることがあります。
古いバージョンの場合、脆弱性の観点から問題が発生することがありますので管理画面で最新版にアップデートしましょう。

 

「見つかりませんでした」というエラーが増えています

404(ページが見つかりませんでした)エラーが返される URL の数が大幅に増えています。これらのエラーについて調査して必要な修正を行い、そのサイトのページを正常にクロールできるようにしてください。

読んで字の如く404ページが増えている時に飛んできます。
ウェブマスターツール「クロール」>「クロールエラー」で詳細が確認できるのでサイト内に404ページを表示させる部分がないかを確認しましょう。
終了したコンテンツがあるのであればユーザーから辿れないように内部リンクを修正します。

人材・不動産サイトなど既存ページが入れ替わることが多いケースでは404が発生することも多いので、このメッセージが届きやすいこともあります。

 

マルウェアへの感染を検出しました

貴サイトに、機密情報にアクセスしたりパソコンに悪影響を与えたりするソフトウェアに感染する可能性があるページが含まれているようです。ハッカーが特定のサイト訪問者のみに悪意のあるコンテンツを表示するようサーバーを設定している場合、これらの問題は簡単には確認できない可能性があります。訪問者をマルウェアから守るために、ユーザーが貴サイトへのリンクをクリックしたときに、Google の検索結果に警告が表示されるようになりました。

マルウェア感染しているサイトに届くメッセージです。
重要度は非常に高く、迅速に、かつ慎重に対処する必要があります。

問題点となっている部分を解除し、再審査リクエストを送信します。
Googleから発表されている手引もありますので参照ください。

ハッキングされたサイトに関するウェブマスター ヘルプ – Google

 

Improve the search presence of http://example.com/

tips

登録後に英語でいくつかのTIPSが来ることがあります。
ざっくりと言うと「より良くウェブマスターツールを使用するための手引書」のようなものです。

上から順番に概ね以下のような内容なっています。

  1. wwwありなし、http、httpsなど異なるバージョンを全て追加します(より正確にデータが分かるようになります)
  2. 検索結果にwww有無どちらで表示させたいかを選択できます
  3. ターゲットとする国を選択できます
  4. 権限のシェア(閲覧権限など権限の段階を分けることも可能)
  5. サイトマップの送信(送信することでクローラーが理解しやすくなります)

「こんなこともできるよ」的な説明ですね。

 

停止している可能性があります

http://example.com/ のウェブマスター様

サイトをクロールした際、2014-01-01 18:00 UTC(日本標準時は -9 時間)頃にソフト 404 エラーの数が一時的に増えていることが判明しました。サイトが停止している可能性があります。また、この問題は既に解決している可能性もあります。ソフト 404 エラーを返すページの例は次のとおりです:

http://example.com/ccc/…

ソフト404ページが増えている場合にこのようなメッセージが来ることがあります。
URLのサンプルが提示されるので実際にアクセスしてみて、問題がないかを確認してみましょう。
正しくクローラーが認識しているかどうかについてはウェブマスターツール内の「Fetch as Google」を使用するなどして確認をします。

※サイトが確認できない場合にも同様のメッセージが来ることがあります。
※ソフト404についてはこちら
ソフト404エラー – ウェブマスターツールヘルプ

 

まとめ

いかがだったでしょうか。
深刻なものからそうではないものまでウェブマスターツールにはウェブサイトの健康状態を測ってくれる様々なメッセージが来ることが分かります。登録をしていない方はぜひとも登録をしましょう。

登録方法は「Googleウェブマスターツールにサイトを登録する方法」に掲載されておりますのでご参照ください。

今回の記事は以上となります。
最後までご覧いただきありがとうございました!

Growthseed

この記事の著者:Growthseed
Google活用ガイドブック
Googleを活用するうえで知っておきたい基本知識をグッと凝縮し、一冊にまとめました。

詳細はこちら

人気SEO専門記事

人気SEO専門記事一覧を見る

人気SEO専門記事

2014. 09. 02 (火)
今さらだけど知りたい、読点の使い方…

ライティングのコツ

2015. 06. 24 (水)
知られざるWordの使い方「スタイル、アウトライ…

ライティングのコツ

2015. 11. 27 (金)
リード文が必要な理由と、書き方のコツ…

ライティングのコツ

人気SEO専門記事一覧を見る

pagetop