1. ホーム
  2. 特集一覧
  3. ウェブマスターツールにサイトを登録する方法

ウェブマスターツールにサイトを登録する方法

Googleウェブマスターツールにサイトを登録する方法

こんにちは。コンサルタントの井上です。

Webサイト運営には必須のGoogleウェブマスターツール。どんな検索クエリで何位くらいに表示されているのか、GoogleのロボットがWebサイトをクロールした時にエラーが発生していないかどうかなど、Webサイトを運営するうえで非常に有益な情報を得る事ができます。

ここでは、GoogleウェブマスターツールにWebサイトを登録する方法などをご紹介します。
もし、まだWebサイトを登録されていないという方は、すぐに登録しておくことを強くお薦めします。

目次
1.ウェブマスターツールにWebサイトを登録する方法
2.ウェブマスターツールに登録できるWebサイト
3.メッセージの送信設定を確認しておきましょう

GoogleウェブマスターツールにWebサイトを登録する方法

Googleウェブマスターツールを利用するためには、有効なGoogleアカウントでログインし、ウェブマスターツールにWebサイトを登録する必要があります。
それでは、Webサイトを登録する手順をご紹介しましょう。

Googleアカウントを取得し、Googleウェブマスターツールにアクセスします。すでにGoogle AnalyticsやGmailなどをご利用中の方は、それらで使用しているアカウントを利用する事も可能です。

Googleアカウントでログイン後、1に登録したいWebサイトのURLを記入し、2の「サイトを追加」ボタンをクリックします。
wmt2

Webサイトを登録した後は、所有権の確認が必要です。これは、登録したWebサイトの所有者が自分である事を証明するために必要な作業です。
所有権を確認するには次の5つの方法があります。どの方法を使用しても問題はありませんが、「1.HTMLファイルをサーバにアップロードする方法」か、「4.Google Analyticsのアカウントを使用する方法」が簡単ですのでお薦めです。

  1. HTMLファイルをサーバにアップロードする方法
  2. メタタグをトップページのhead内に追加する方法
  3. DNS設定を追加する方法
  4. Google Analyticsのアカウントを使用する方法
  5. Googleタグマネージャのアカウントを使用する方法

HTMLファイルをサーバにアップロードする方法

1の[このHTML 確認ファイル]をクリックしてHTMLファイルをダウンロードします。次に、ダウンロードしたHTMLファイルをドメイン直下のルートディレクトリ(最上階層のディレクトリ)にアップロードします。

HTMLファイルをアップロードした後、2のURLをクリックします。真っ白なページが開けばアップロードは問題なく完了していますので、最後に3の「確認」をクリックします。

wmt3

メタタグをトップページのhead内に追加する方法

1の「別の方法」をクリックします。
wmt4

2の「HTML タグ」にチェックを入れると、metaタグが表示されますので、このmetaタグをトップページのheadセクション内に貼り付けてページをアップロードします。
wmt7

最後に4の「確認」をクリックします。

DNS設定を追加して認証する

DNSプロバイダやレジストラから設定を行う方法です。この方法は、どなたでも簡単に行える方法ではありませんので、他の方法で行う事をお薦めします。

1の「別の方法」をクリックします。
wmt4

2の「ドメイン名プロバイダ」にチェックを入れます。次に3の「ドメイン レジストラまたはプロバイダを選択」をクリックすると、プルダウンメニューにドメイン一覧が表示されます。
wmt8

ドメインを選択すると、ドメイン毎に設置方法が表示されます。表示された案内に従ってTXT レコードをコピーして設定します。最後に4の「確認」をクリックします。

なお、設定直後は設定が反映されずエラーになることがあります。その場合は、5~10分、時間をおいて確認するとよいでしょう。

Google Analyticsのアカウントを使用する方法

ウェブマスターツールに登録したWebサイトでGoogle Analyticsを利用している場合、この方法が非常に簡単なのでお薦めです。

1の「別の方法」をクリックします。
wmt4

2の「Google アナリティクス」にチェックを入れ、最後に3の「確認」をクリックします。
Google Analyticsの設定に問題が無ければ、これだけで所有権の確認作業は完了です。
wmt5

Googleタグマネージャのアカウントを使用する方法

ウェブマスターツールに登録したWebサイトでGoogleタグマネージャを利用している場合、この方法が簡単なのでお薦めです。

1の「別の方法」をクリックします。
wmt4

2の「Google タグマネージャ」にチェックを入れ、最後に3の「確認」をクリックします。
wmt6

ウェブマスターツールに登録できるWebサイト

Googleウェブマスターツールにはディレクトリ単位でWebサイトを登録する事ができます。
例えばexample.com以下に、フルーツ専門のWebサイトと野菜専門のWebサイトが存在した場合、各Webサイトを別々にウェブマスターツールに登録する事ができます。

同じドメイン内でも複数のWebサイトをウェブマスターツールに登録できます
・http://example.com/
・http://example.com/fruit/
・http://example.com/vegetable/

サブディレクトリでWebサイトを登録するメリット

ウェブマスターツールでhttp://example.com/のデータを確認すると、ドメイン配下にあるフルーツ専門サイト(/fruit/)と野菜専門のサイト(/vegetable/)のデータも含まれるため、非常にデータ量が多くなります。

そのため、目的のデータを確認するのに手間がかかったり、重要なデータを見落としてしまったりする可能性があります。

しかし、フルーツ専門サイト(/fruit/)と野菜専門のサイト(/vegetable/)を別々にウェブマスターツールに登録する事で、それぞれのWebサイトのデータのみを確認する事ができるようになります。

ドメイン配下に2つ以上のWebサイトを運営している場合は、それぞれのWebサイトごとにウェブマスターツールに登録しましょう。

ただし、サブディレクトリで登録したWebサイトの場合、アドレスの変更などごく一部の機能は使用できません。使用できない機能を使いたい場合は、ルートドメインで登録したWebサイトでウェブマスターツールにアクセスする必要があります。

メッセージの送信設定を確認しておきましょう

GoogleウェブマスターツールにWebサイトを登録すると、クロールエラーが急増した(サーバで何か問題が起きている可能性)、マルウェアの検知(セキュリティの重大な問題)など、Webサイトに重大な問題が発生している事を知らせてくれるメッセージを受け取る事ができます。

こういった問題は発見と対処が遅れると、問題がさらに大きくなってしまう事もありますので、Webサイトに発生している致命的な問題を早期に発見できるメッセージ機能は非常にありがたい存在です。

ウェブマスターツールに登録するだけでこのメッセージ機能は有効になります。
ログインに利用しているGoogleアカウント宛にメールでメッセージを送信するようにも設定されていますが、念のためメッセージ機能の設定を確認しておきましょう。

wmt-sign-up_1

確認ポイント1
メッセージの言語が日本語になっているか確認しましょう。

確認ポイント2
メール通知が有効になっているか確認しましょう。
もしメッセージを受け取るメールアドレスを、メーリングリスト用のアドレスなど、別のものに変更したい場合は、Googleアカウントの設定でアドレスを追加します。

ウェブマスターツールにメールアドレスを追加する方法

Googleウェブマスターツールにメールアドレスを追加する方法をご紹介します。

画面右上に表示されているメールアドレスをクリックし、表示されたウィンドウで「アカウント」をクリックします。
wmt-sign-up_2

個人情報の枠内にある「編集」ボタンをクリックします。
wmt-sign-up_3

その他のメールアドレス欄に表示されている「編集」をクリックします。
wmt-sign-up_4

「新しい予備のメールアドレスを追加してください」と書かれた横にあるボックスに、追加したいメールアドレスを入力して「保存」をクリックします。
wmt-sign-up_5

登録したメールアドレス宛てにアドレス確認のメールが届きますので、メール文中に書かれているURLをクリックしてアドレスの確認を行ってください。

再度ウェブマスターツールに戻り、歯車アイコンをクリックし「ウェブマスターツールの設定」をクリックします。
wmt-sign-up_6

メール通知欄のメールのプルダウンメニューで、先ほど追加したメールアドレスを選択して「保存」をクリックします。
wmt-sign-up_7

ここまで設定しておけば、Googleウェブマスターツールを使用する準備は完璧です。
次回は、ウェブマスターツールで出来る事や使い方についてご紹介します。

人気特集記事

pagetop