MENU

MENU

制作関連

リード文が必要な理由と、書き方のコツ

リード文が必要な理由と、書き方のコツ

こんにちは。ライティング担当の東根です。 リード文とは、まさに今あなたが読まれているこの部分のこと。記事の冒頭部分に書き、ちょっとした挨拶や、その記事で伝えたいこと、問題提起、記事の前提となる情報などを記します。 本文に力を注いでも、リード文はつい手抜きしてしまうというケースも多いでしょう…

タグ:

続きを読む

アフィリエイターが重視する指標とは ~win-winの関係を築く~

アフィリエイターが重視する指標とは ~win-winの関係を築く~

※アフィリエイターのコンテンツ作成の優先順位のつけ方や、 支持される広告主になるためのポイントを知りたい広告主側アフィリエイト担当者向けの記事です。 前提として・・・どんなアフィリエイトサイトに掲載してもらいたいか・・・?? アフィリエイターの方にもいろんな方がいて、本業の傍ら片手…

続きを読む

知られざるWordの使い方「スタイル、アウトライン」編

知られざるWordの使い方「スタイル、アウトライン」編

こんにちは。ライティング担当の東根です。 先日、社外のライターに、普段どんなソフトを使って原稿を書いているのかアンケートしてみたところ、7割程度の方がMicrosoft のWordと答えました。 ただ、Wordを使っている理由としては「他にいいソフトも思いつかない」「長年使っているから」と…

タグ:

続きを読む

迷ったらこうする[漢字/ひらがな編] -「出来る/できる」「事/こと」など

迷ったらこうする[漢字/ひらがな編] -「出来る/できる」「事/こと」など

原稿を校正する上で、漢字で書いても間違いではないものの、ひらがなで書いた方がいいと判断し、ひらがなにすることを、「漢字を開く」「ひらがなに開く」、あるいは単に「開く」といいます。逆に、漢字で書く場合は「閉じる」といいます。 しかしこの判断がときに難しく、開いていいものか、閉じたままにした方…

タグ:

続きを読む

面白さの種類は3つ!? 面白い記事の書き方とは

面白さの種類は3つ!? 面白い記事の書き方とは

ライターなら誰でも、「面白い記事」を書くことを目指します。しかし依頼主から「とにかく面白い記事を書いてくれればいい」と言われてしまったら、少し困惑してしまうでしょう。面白いにも色々あるだろう、と。 そこで「面白い」を辞書で引いてみると、「興味深い」「こっけいだ」「楽しい」「珍しい」とい…

タグ:

続きを読む

小見出しを上手に付けて文章構成をハッキリさせる

小見出しを上手に付けて文章構成をハッキリさせる

こんにちは。ライティング担当の東根です。 ある程度の長さがある記事の本文には、書かれている内容のまとまり(パラグラフ)ごとに小見出しを付けます。Webサイトのソース上では、h2やh3あたりでマークアップされる類の小見出しです。 昔から、特にWebサイトのライティングにおいて小見出しは重要…

タグ:

続きを読む

あと400文字!のネタ探しに使える5つの方法

あと400文字!のネタ探しに使える5つの方法

こんにちは。ライティング担当の東根です。 SEOを意識して記事を書く際、1記事当たり何文字書けばいいのか?という問題。昔は最低400文字というのが通説としてありましたが、今は800文字でも少ないと言われるくらい、コンテンツボリュームについての意識が変わってきました。量より質とはいうものの、…

タグ:

続きを読む

今さらだけど知りたい、読点の使い方

今さらだけど知りたい、読点の使い方

今回は読点の正しい使い方について考えてみたいと思います。 文章を書く上で、読点は必ず打たなければいけないものではありません。読点がなくてもすんなり読める文を心がけるのが理想です。昔は句読点が存在せず、文章をまだよく知らない人が理解できるよう、練習用のために句読点は生まれたとも言われます。し…

タグ:

続きを読む

迷ったらこうする[記号編] 三点リーダや中黒の使い方

迷ったらこうする[記号編] 三点リーダや中黒の使い方

ライティングの世界には、これが正解と断定しづらいハッキリしないルールが数多く存在します。初心者の方は、そういった何となくルールが存在することさえ知らないかもしれません。 今回は特に原稿を書くときによく使う記号に絞って、どちらでもいいといえばいいけど、こう使った方がいいかもねという指針を示してみ…

タグ:

続きを読む

ワードサラダじゃない! ロボット時代到来で質の高い文書自動生成が可能になる!?

ワードサラダじゃない! ロボット時代到来で質の高い文書自動生成が可能になる!?

文書自動生成ツールによりネット上の文章を解析し自動で作り上げられ、人間が読むと意味不明なテキストのことをワードサラダと呼びます。例えば「朝にペットボトルをしました。力強い洗濯機を楽しむのが野球となります」といったものです。 SEOの外部対策サイトで使う文章として一時期蔓延しましたが、質の低…

タグ:

続きを読む

人気記事

人気の記事一覧を見る

WEBマーケティングにお困りの際はFullSpeedにご相談ください。

pagetop