MENU

MENU

サイトコンテンツ改善の3つのポイント

著者: Growth Seed
  • 初級

サイトコンテンツ改善の3つのポイント

こんにちは。Growth Seed編集部です。

苦労して作ったコンテンツ。やっとの思いで公開したのにアクセス数が思ったように増えない……といったお悩みを抱えていませんか?
コンテンツは公開したら終わりというわけではありません。むしろ公開した後の改善作業の方が重要な場合もあります。
今回はサイトコンテンツの効率的な改善方法をご紹介します。

改善を行うサイトコンテンツのページを特定しましょう

サイトコンテンツはやみくもに改善してもうまくいきません。
どのページのコンテンツを改善したら良いか分からない場合には、まず改善による効果が出そうなページを特定する作業から行いましょう。

改善ページの特定にはウェブマスターツールの検索クエリを使います。
上位のクエリレポートを使って、表示回数が比較的多く平均掲載順位が20位~30位くらいのクエリを抜き出します。

例えば当社が運営しているAppVIPの2014年7月の検索クエリを見ると、「スマホ アプリ 広告」というクエリは、表示回数が175回、平均掲載順位24位ですので、この条件に合致します。

「スマホ アプリ 広告」の表示回数と平均掲載順位

平均掲載順位が低いクエリや表示回数が少ないクエリは、改善によってランキングが上がったとしてもアクセス数増加に繋がらない可能性がありますので、改善作業の優先順位は高くありません。
まずは改善による効果が出そうなページから改善を行っていきましょう。

どのように改善すれば良いのか?方向性を決めましょう

次に特定した検索クエリのターゲットページのURLを確認し、ウェブマスターツールの上位のページレポートを使ってメイン以外のクエリを確認します。
ページに紐付く検索クエリのうちメイン以外のクエリは、コンテンツを改善する方向性の手がかりになります。
AppVIPの場合を例にご紹介します。

ターゲットページ
http://app-vip.jp/column/marketing/ads-for-apps.html
メインの検索クエリ
スマホ アプリ 広告
メイン以外の検索クエリ(※一部抜粋)
アプリ 広告 収入 仕組み

アプリ 宣伝

アプリ 広告収入 仕組み

android アプリ 収益

android アプリ 宣伝

※実際には67のクエリがあります。

広告収入や収益に関するクエリが多いのは当然ですが、広告収入の仕組みやアプリの宣伝方法に関するクエリも散見されますので、こういった内容を掘り下げて掲載するのが良さそうです。

独自視点のコンテンツを追加しましょう

もう一つ、改善の方向性を決める方法は、メインクエリの検索結果上位のページのコンテンツを確認する事です。

例えば「スマホ アプリ 広告」で検索してみると、10位以内は以下のようなページが表示されています。

「スマホ アプリ 広告」検索結果1~9位のタイトルとコンテンツ内容

半分はアプリ広告を提供している企業サイト、半分はアプリ広告に関する記事ページです。
記事ページを読むと、どのページも具体的な収益の金額や広告の表示回数などが詳しく書かれていますので、改善対象のコンテンツにも具体的な数字を掲載した方が良さそうです。

ただ、ライバルサイトのコンテンツを真似しただけでは、単なるコピーに近いコンテンツが増えるだけですので、独自視点のプラスアルファが必要です。

「スマホ アプリ 広告」というクエリの場合、スマホアプリの広告を検討しているユーザーが対象になるクエリのはずです。
そういったユーザーは「どこの広告が一番良いのだろう?」と考えているはずですので、広告提供企業の比較コンテンツはユーザーの意図にマッチしそうです。

広告提供企業の比較コンテンツは、メインクエリで上位表示しているページにも掲載されていないコンテンツなので、他のページとの差別化にもなります。

まとめ

サイトコンテンツは公開後1か月程度を目安に、以下のポイントを押さえて改善していきましょう。

  1. ウェブマスターツールを活用して、優先順位の高いページから改善する
  2. 検索されているクエリの上位表示ページのコンテンツの追加は必須
  3. 上位表示しているページを比較して、そこに無いコンテンツを追加する

検索クエリごとにライバルサイトの状況も様々ですので、今回ご紹介した方法で常に効果があるとは限りません。
改善施策を行ってもアクセス数があまり増えない可能性もありますが、何らかの改善を行う事で、検索されるクエリやそこから見えるユーザーの意図にも変化があるはずです。

検索クエリとユーザー意図の変化を確認したら、同じようなステップで改善を繰り返し行っていきましょう。

Webサイト制作ガイドライン
Webサイトを制作するうえで最初に決めておきたいルールを、一冊にまとめました。

詳細はこちら

人気専門記事

人気の記事一覧を見る

pagetop