MENU

MENU

かわいいマスコットが上位にいきやすい・・・?  ~株式会社フルスピードがB1マスコット選手権Twitterトレンドを調査~

インターネット支援を行う株式会社フルスピードの
スポーツマーケティンググループが
Bリーグマスコット選手権のTwitter調査を行いました。
3月29日(金)より行われたBリーグマスコット選手権の2018/2019シーズンB1所属チームのマスコットトレンドを調査いたしました。
今シーズンも残すはベスト3の発表となっています。
「ジャンボくん」「ルーク」「サンディー」どのマスコットが優勝するのでしょうか?
Twitterにて票を集めているマスコットは・・・・

d791035562c3f95aacc2469f88f78920_t

【調査詳細】
■調査期間:2019年3月29(金)~2019年4月7日(日)

■対象SNS:Twitter

■調査方法:Bリーグ規定の「#Bリーグマスコット #(マスコット名)」
にて集計。
チーム公式アカウントを除くオーガニックツイートにて集計しています。

■この調査は弊社にて各クラブのTwitterを独自に調査したデータです。

【トピックス】

■チーム公式Twitterフォロワー数
千葉ジェッツが137,419とフォロワー数トップ。続いて栃木、琉球となっています。
また、マスコットアカウントを運用しているのは千葉・川崎・新潟の3チームとなっていす。
フォロワー数

■Twitterトレンド件数
トレンド数トップは349件で千葉の「ジャンボくん」となっています。
チーム人気と比例し、マスコット人気もあります。
その他としては川崎の「ロウル」サンロッカーズ渋谷の「サンディー」が2番目、3番目と続いています。
滋賀の「マグ二―」はTwitter上でのトレンド数は0件で最下位となっています。
トレンド数

■トレンド数とフォロワー数の傾向
千葉についてはトレンド件数、フォロワー数ともにトップとなっています。
渋谷や川崎は千葉と比較し、フォロワー数は多くはないですがトレンド件数は
2番目・3番目となっています。
また、フォロワー数は2番目・3番目と多い栃木、琉球はトレンド件数については
5番目・6番目となっています。
フォロワー数とトレンド件数はあまり関係なく各チームのマスコット選手権の
浸透率などが重要になると考えられます。
トレンド数とフォロワー数

■頻出関連用語には「Bリーグマスコット」が一番多い結果に
感情を表す形容詞では・・・
頻出関連用語とは「#Bリーグマスコット#マスコット名」と同じ投稿で
多くつぶやかれたキーワードになります。
「Bリーグマスコット」が多い結果となったのはユーザーが
「Bリーグマスコット総選挙」というワードを入れて投稿していたりなどしていたためです。
形容詞では「かわいい」といった投稿が多くございました。
特に上位3マスコットは共通して「かわいい」が頻出関連用語トップ5に入っていました。

■かわいいマスコットが上位に行きやすい・・・?
「ジャンボくん」「ロウル」「サンディー」などに共通しているのがかわいいという
頻出関連用語が上位にあがっていることです。
かわいいと評判のマスコット程、実際の順位も上位に行きやすいと考えられますね。

■スポーツマーケティンググループについて
フルスピードスポーツマーケティンググループではデジタルマーケティングを駆使し
「ファンの定着化」を目的としたエンゲージメントサービスを提供しています。
特徴としてはSNS運用や口コミ解析を駆使しRPDCサイクルによるコンサルティングを行っております。

サービス概要:http://www.fullspeed.co.jp/press/3797/

株式会社フルスピードは「東京都スポーツ推進企業」の認定を受けています。

https://www.sports-tokyo.info/company/suishin_2017.html

■各種お問い合わせ

■会社概要
設立 2001年1月4日
資本金 898百万円 (2018年4月末日現在)
代表者 代表取締役社長 友松 功一
従業員数 連結 370名 単体 226名 (2018年4月末日現在)
事業内容 インターネットマーケティング事業
アドテクノロジー事業
その他
所在地 東京都渋谷区円山町3-6E・スペースタワー8階
URL https://www.fullspeed.co.jp/

人気特集記事

pagetop