1. ホーム
  2. SEO用語集
  3. 検索エンジンとは

検索エンジンとは

robot

検索エンジンとはWebに存在する情報を探せる(探しやすくする)ようにする仕組みのことです。
検索エンジンが存在しないと、ユーザーはWebサイトに訪問する際にURLを直接入力するなどをしなくてはならず、インターネット上で存在が欠かせないものとなっています。

 

「ディレクトリ型検索エンジン」「ロボット型検索エンジン」の違い

検索エンジンは大きく分類して「ディレクトリ型検索エンジン」「ロボット型検索エンジン」の2種類があります。

ディレクトリ型検索エンジンとは

ディレクトリ型検索エンジンとは人間の手によってサイト情報を編集したり、まとめたりしている検索エンジンです。インターネット黎明期にはこのディレクトリ型検索エンジンが主流でした。
現存している日本のディレクトリ型検索エンジンで代表的なものは「Yahoo!カテゴリ」です。

Yahoo!カテゴリ
http://dir.yahoo.co.jp/

Yahoo!カテゴリの場合、サイトの推薦・登録申請をすると審査を経てカテゴリ内にサイト登録されます。
登録後に「ショッピング」「地域情報」などの適切なカテゴリに分類され、ユーザーは欲しい情報のカテゴリに移動して情報を探します。

※Yahoo!カテゴリの「サイト推薦」は無料、「登録申請」は審査料金がかかります。

ロボット型検索エンジンとは

現在主流になっているのがロボット型検索エンジンです。
ディレクトリ型検索エンジンと異なり、人ではなくクローラー(ロボット/スパイダー)にサイトの情報を収集させ、データベースに登録(インデックス)後、計算式を使って評価し(アルゴリズムによるランキング決定)、検索結果に反映するという仕組みです。クローラーの仕組みや、評価の計算式などの根幹部分を人間が作成しています。

従来の人手によるディレクトリ型検索エンジンではインターネット上の膨大な情報量を処理できないという欠点がありました。ロボット型検索エンジンではクローラーが自動的に情報収集をするため、ディレクトリ型検索エンジンの欠点を補っています。
現在ほとんどの検索エンジンがこのロボット型検索エンジンです。

代表的なロボット型検索エンジンを使ったサイトはGoogle、Yahoo!、Bingです。

Google
https://www.google.co.jp/

Yahoo!
http://www.yahoo.co.jp/

Bing
http://www.bing.com/

この中でYahoo!はGoogleの検索エンジンを採用しており、検索結果のランキングは原則的に同じものとなっています。

 

ロボット型検索エンジンの進化

初期のロボット型検索エンジンは非常に単純なもので「リンクが多く付いている」「一致するテキストが含まれている」といったものが上位表示されるような仕組みで、自作自演でリンクを大量に作ったり、テキストを詰め込んだりすることで簡単に上位表示ができました。

単純な仕組みだったがゆえに、検索エンジンの裏をかくスパム行為が横行することも多く、本来は上がるべきではないサイトが上位に表示されてしまうようなこともありました。そうした「本来は上がるべきではない」サイトが上位表示されてしまうと、検索ユーザーの満足度を下げてしまうため、検索エンジン側では評価の計算式(アルゴリズム)に改良を重ねていきました。

その結果、検索エンジンの精度が高まり、単純なテキストだけではない細かい言葉のニュアンスを検知できるようになったり、バックリンクが自然なものか不自然なものか(自作自演や人工リンクなど)などを理解できるようになったりしています。

検索エンジンは今でも引き続きユーザーの満足度を高めるために日々アルゴリズムを改良しています。

みずから学習していくGoogleのRankBrain

クローラーがサイトの情報を収集してインデックスし、計算式(アルゴリズム)を用いて評価をすることは前述の通りで、評価をする計算式は人間の手で作られています。

この計算式を機械が作成し、適切な検索結果になるように機械がみずからフィードバック〜改良するという仕組みが出来上がっています。
これが2015年にGoogleが発表したRankBrainという仕組みです。

人による計算式の作成がなくなったわけではなく、一部の計算式で採用されている仕組みですが、将来的に計算式も機械がすべて作っていく時代が来るのかもしれません。

検索エンジンの進化によりSEOはよりシンプルなものになった

従来であれば自作自演リンクをお金を払って購入したり、HTMLの細かい調整などを実施しないと検索結果に上位表示させることが難しいような状況でした。
しかし今は検索エンジンの進化により取り組むべきことは非常にシンプルになっています。

大きく分けると以下の2点です。

  • ・ユーザーのために良質な分かりやすいコンテンツを作る
  • ・コンテンツの露出経路を増やし、ユーザーに支持してもらう(≒リンクを獲得する)

ユーザーにより良いコンテンツを提供し、支持されるようにサイトを作っていくこと。
GoogleのRankBrainなど新しい技術も生まれてきていますが、最終的に検索エンジンが目指すところとしては「ユーザーに満足してもらう検索結果を返す」というものなのでユーザーのことを考えていけばサイトを運営していく方針が変わることはほとんどないと言えるでしょう。

人気記事

人気の記事一覧を見る

pagetop